2011/9/10

ショアブラウン爆  釣行記:C守谷〜興津
 

さて、2週間ぶりの釣行である。
どこで何を狙おうかいろいろと迷ったが、いい具合に海が凪いでいるようなので、前回に引き続き南房でイサキを狙ってみることにした。

いつもの釣り餌屋さんでコマセと付けエサを仕入れ、前回イサキが釣れた地磯へ向かう。
ポイントを一望できる道路脇に車を停めて、まずは先客の有無をチェック。
誰か居たらそのまま通り過ぎようと思っていたのだが、幸いなことに全く人影は無い。
よっしゃ!いただき♪
駐車スペースで荷物を降ろし、ウエーダーに履き替え、背負子を担いでテクテク、ジャブジャブとポイントまで歩く。

時刻は午前2時半。
ちょうど満潮の時刻だが、潮はどんどん流れている。
なかなかいい感じだ。
月明かりに照らされた目の前の潮目を狙って、いつものカゴフカセ仕掛けを投入する。

釣り始めて最初のアタリは、ハタンポ。
キープ対象外の外道だが、これはいい外道である。
ハタンポが釣れる潮はいい潮だ。今日は釣れそうな気がする。

そして、予感は的中!
本日2回目のアタリで、いきなり30cm級の本命イサキをゲット♪
まだうっすらと縦縞の残るチビスケだが、貴重な本命。
すぐに活き締め処理をして、クーラーボックスへ大切に格納した。

二匹目を狙って同じ潮目に集中的に仕掛けを打ち返していると、すぐに次のアタリ。
ゴン、ゴゴゴンッという明らかにそれと分かる引きの主は、予想通り、陸っぱりレギュラーサイズの35cm級。
きれいに縦縞の消えた成魚イサキ。
これもすぐに活き締めをしてクーラーボックスに格納。

今夜は魚の活性が高いと判断し、仕掛けのタナを思い切って1ヒロ程度(ウキから針まで)に上げて流してみると、すぐに3匹目。
今度は40cm級の良型だ!

クリックすると元のサイズで表示します


予想外のあっけない展開に、嬉しさ半分、困惑半分の私。
釣り始めてまだ1時間くらいだ。
夜明けまでまだまだ時間はあるし、このまま釣り続けたらいったいどうなってしまうのだろう?

・・・しかし、その心配は杞憂だった。
その後、イサキのアタリは途絶え、かわって南房レギュラーサイズのメジナが連発。

クリックすると元のサイズで表示します
35cmくらい

コマセに寄った体の大きなメジナの群れが、イサキを圧倒しているのだろう。
う〜ん、参ったな。
現在、わが家ではお持ち帰りNGだしな(美味しい魚なんだけど)・・・・・

二匹ほどリリースしたところで、ふと思いついて外房某所に出撃しているはずのBサーフさんにメール。
「メジナ要りませんか♪」
要る!とのお返事だったので、最後に釣れた一匹をキープして、小休止。

コマセに寄ってきた魚なら、コマセの投入をやめればじきに散っていくはずだ。
乾いた磯に腰をおろし、持参した菓子パンと飲み物で小腹を満たしながらポイントを休ませる。
このような「調整」ができるのもマイナーな無人磯のいいところだ。
周囲に他の釣り人が居る人気ポイントでは、私一人だけの判断でポイントを休ませるということはできない。
餌取りが寄ろうがお構いなしにコマセの投入は続き、しまいには辺り一帯フグだらけになってしまう。
いわゆる「フグ風呂」は、自然現象ではなく人災である。

綺麗に晴れた夜空には、まるでプラネタリウムのような満天の星。
一瞬、流れ星も見えて、なんだか得した気分になった。


30分ほど休憩したところで釣りを再開。
夜明けまで残り時間は僅か。気合いを入れてラストスパートだ。

捨てコマセを3発、ポイントの下流にまとめて打ち込んで潮下の外道を遠ざけた後、少なめのコマセを詰めた仕掛けをポイントの潮上にソフトに投入。
竿先で軽くカゴを揺らしてコマセを振り出し、そのまま潮に乗せてポイントに流し入れてやる。
すると、思った通りメジナの姿は消えていて、すぐに本命イサキを2匹追加。
よし!正解♪


夜明けとともにアタリも途絶え、本日の釣りは終了。
思いがけない好釣果で素直に嬉しい反面、今シーズンの釣り運を使い果たしてしまったような気がしてなんだか複雑な気分である(汗)。
満タンの小型クーラーボックスで重くなった背負子をどっこらしょと担いで釣り場を後にした。

ちなみに、朝まで釣りをして出会った釣り人は、磯シーバス狙いのルアーマンただ一人。
やっぱり、狙うならみんなが避ける不人気ポイントだ(爆)。


クリックすると元のサイズで表示します
本日のキープ分 イサキ×5 メジナ×1

クリックすると元のサイズで表示します
また来るぜっ!


その後は、道の駅のパーキングで少し休憩。

クリックすると元のサイズで表示します


20分ほど仮眠をとった後、門番さん、キャロルさんが「部活」中の外房某港へ移動。
駐車場に着いたところで、ちょうどBサーフさんも到着。
今朝の釣果を皆さんにお裾分けして、門番さん、キャロルさんからアジの状況を伺う。
ふむふむ、メモメモ。

ショゴは居ないかと少しルアーを投げてみたが、気配なし。
皆さんと別れて大きな港へ移動してみると、豆アジの泳がせでショゴを狙っている地元師が多数。
状況を聞いてみたが、今朝はあまり良くなかったらしい。

そういえば、今年はまだ一匹もショゴを釣っていない。
まじめに狙っていなかったんだから当然と言えば当然だが、ちょっと悔しい。

次回以降の作戦をぼんやりと考えながら、大多喜の道の駅で名物のソフトクリームを食べた。

クリックすると元のサイズで表示します

うん。美味しい♪


 
タグ: 釣り

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ