2013/3/16

リハビリ釣行  釣行記:B勝浦〜鵜原
 

早春恒例の稚鮎調査に行ってきた。

いつもよりゆっくりと出発し、夜明け前に外房某港に到着。
岸壁に釣り座を構え、アミコマセを少しずつ撒きながら日の出を待つ。

周囲には、多数のカゴ釣り師。
泳がせ釣りの活き餌に丁度いいサイズのアジが、コンスタントに釣れている。

周囲がすっかり明るくなったところで、釣り開始。
用意したのは、ガチンコ本気タックルに・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ハイパーマッチョ仕掛け(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

既に海面には、小さな小魚の群れが集まっている。
よっしゃ!いただき♪

スーパーガチンコハイパーウルトラマッチョ仕掛けを投入して小刻みに誘いを入れてやると、すぐにプルプルというアタリ。
姿を見せた可愛い小魚は・・・・・・

残念。小さなトウゴロウイワシだった。

その後もしばらく粘ってみたが、回ってくるのはトウゴロウとイナッコの群ればかり(泣)。
1時間ほどで見切りをつけ、近くで釣りをしていたファミリーに亀山亭謹製スペシャルプレミアムコマセを進呈して、岸壁を後にした。

帰宅予定時間までまだ余裕があったので、その後はルアーロッド片手に周辺パトロール。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒラメの実績ポイントを中心に移動しながら順次撃ってみたが、無反応。
途中で出会ったアングラーとも色々情報交換してみたが、今朝はどこも渋かった様子。
昨日吹いた南西風の影響で、水温が急低下してしまったのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

以前は誰とも会うことのなかったマイナーポイントでも、最近では必ずルアーアングラーの姿があり、ソルトルアー人気の高さがうかがえる。
これもひとえに業界の皆さんの経営努力の賜物であろう。
謹んで敬意を払いたい。

時間一杯となったところで、晩酌用のお酒を調達して、帰路に着いた。

クリックすると元のサイズで表示します
大原の地酒「木戸泉」の発泡濁り酒

そんなわけで、残念ながら稚鮎は完敗。
まさかの三連続ムーミン(笑)。
次回は何を狙うべきか。
う〜ん・・・・・・・悩むなあ。

    

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ