2019/3/10

悔しいです  釣行記:Iその他

こんばんは。
あまりの悔しさに悶絶しまくっている管理人でございます。
何がそんなに悔しいかは後ほど。


◇◇◇◇◇◇◇


土曜日。
大原から青物ジギングの午前船に乗って出漁しました。
メンバーは、釣友のrickeyさんと私。
目標は、ボウズ菌の除菌(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


船はひたすら沖を目指します。
ポイントは、水深60〜70mの深場。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


200g前後の沈みの早いジグをセットして、船長の開始の合図を待ちます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


魚探の反応を捉えた船長の「始めてください」の声を合図に、全員一斉にジグを投下。
底から10m程のレンジでワラササイズが次々とヒットします。
中乗りさんも大忙し。


クリックすると元のサイズで表示します


船中ほぼ全員がマルチヒット。
十分楽しめました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


私は6ヒット4バラシの2本。
rickeyさんも2本キャッチ。
二人ともボウズ菌は除菌できましたが、私はバラシ菌に感染してしまいました(汗)。
次回の私の目標は、バラシ菌の完全除菌です。


クリックすると元のサイズで表示します


実は、バラした4本のうちの1本が、ワラサとは比較にならない重量感の大物でした。
フックアウトではなく、ラインブレイク。
そのときは、ドラグ調整を誤りリーダー結束部で切れたものとばかり思っていましたが(ラインシステムは結束部が一番弱い)、帰宅後スプールを確認したところ、結束部ではなく高切れでした。
釣行前日にリーダーを結んだときと比べて、明らかに表に出ているPEラインの色が違います。


クリックすると元のサイズで表示します


高切れの原因には心当たりがあります。
前回乗船したとき、早い潮流にジグが流されて、何度かラインが船底を擦りました。
その際にPEラインに傷が付いたのでしょう。
ドラグをもっと緩めに設定しておけばもしかして・・・という思いも正直ありますが、船中次々とヒットしている状況で魚に走られたらオマツリ必至。
やっぱりそれはありません。

気付いていたのに面倒臭がってライン交換を怠った私の致命的なミスです。
こんなことではワラサは獲れても本命は獲れませんね。
早速アマゾンで交換用のラインをポチりました。
前回使用したスプールのラインは全部交換します。
今さら悔やんでも悔やみ切れませんが、いい勉強になりました。


◇◇◇◇◇◇◇


さて、今週の亀山亭。
外房産のワラサ入荷しました♪


クリックすると元のサイズで表示します


太いです!
脂もノリノリ。最上級のワラサです!
絶対に美味いやつ!!!(^^)


クリックすると元のサイズで表示します


カブトは二つに割って、塩焼きにしましょう。


クリックすると元のサイズで表示します


開店です。
今夜のお客様は、浮かない顔の釣師さんとそのご家族(笑)。
刺身盛りで四品(左から時計回りに大トロ、中トロ、赤身、漬け)ご提供しました。


クリックすると元のサイズで表示します


ご家族には喜んで頂けたようです。
釣師さんも元気出して!
次はきっと上手くいきますよ!(^^)


クリックすると元のサイズで表示します


宴の続きはインスタグラムにて。


◇◇◇◇
「いいね」ボタンがありませんので、宜しければ代わりにこちらを ↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
過去記事の検索は、PC版画面に切り替えて頂くと便利です(スマートフォン版画面下部の「PCview」ボタンで切り替えられます)
◇◇◇◇◇
インスタグラムは(ほぼ)毎日更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇
タグ: 釣り


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ