2020/11/26

巨星墜つ  コラム
  
漫画家・矢口高雄氏の訃報に接し、心よりお悔みを申し上げます。


クリックすると元のサイズで表示します


矢口氏の代表作である「釣りキチ三平」は私の釣りの教科書で、まだ小学生だった私は少年マガジンの連載を毎週夢中になって暗記するほど読みました。
私がルアーフィッシングを始めたのも「O池の滝太郎」編の影響です。
お年玉を貯めて三平と同じタックル(ダイワのジェットベイトとミリオネア)を買い、近所の川や野池でナマズやライギョを釣っていました。
「大人になったら何になりたい?」と聞かれて大真面目に「魚紳さん!」と答えていたことは今でも私の誇りです(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


画像の冊子は数年前、日本橋の丸善で矢口氏のサイン会があったときに買い求めた画集です。
とても美しく心躍る絵の数々に癒されます。
私にとってかけがえのない宝物になりました。


クリックすると元のサイズで表示します


合掌。


◇◇◇◇◇
↓いいねボタンがありませんので、よろしければ代わりにこちらを
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
過去記事の検索は、PC版画面に切り替えて頂くと便利です(スマートフォン版画面下部の「PCview」ボタンで切り替えられます)
◇◇◇◇◇
インスタグラムは(ほぼ)毎日更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇

2020/11/25

ヒラマサ・ラプソディ  釣行記:Iその他
  
久しぶりに愛用のジグをメンテナンスしました。
ウレタンコーティングで塗膜補強です。
使い込んで小傷だらけの歴戦のジグも、新品同様に復活します。

必要なものは、市販のウレタンコーティング液と、2Lのペットボトル飲料の空箱、割り箸、ゼムクリップ。


クリックすると元のサイズで表示します


ウレタンコーティング液は一度開栓すると硬化が始まってしまうので、やるときはまとめて一気にやりましょう。
「どぶ漬け」のやり方は付属の説明書に書いてあります。


クリックすると元のサイズで表示します


ゼムクリップで吊るして、十分に硬化させます。
部屋の換気に気をつけて。
要らなくなったどぶ漬け台は、使用後そのまま捨てられます。


クリックすると元のサイズで表示します




◇◇◇◇◇

さて、そんなこんなで釣りのお話です。
11月14日、ヒラマサを狙って出撃しました。


クリックすると元のサイズで表示します


いつもお世話になっている大原の松鶴丸さん。
ミヨシとトモは席取り競争が熾烈なので、最近の私の定位置は胴の間です。


クリックすると元のサイズで表示します


今月に入り、外房エリアでは連日大マサが上がったというニュースが聞こえてきます。
私も自己記録を更新したい!
気合いが入ります。


クリックすると元のサイズで表示します


ジギングタックル2組にキャスティングタックル2組。
状況に応じてタイプの違うルアーを使い分けられるように試行錯誤して落ち着いたセッティングです。
まだまだ勉強途中ではありますが。


クリックすると元のサイズで表示します


結果は・・・惨敗でした。
終盤、イナダがバタバタと釣れましたが全てリリース。
持ち帰りは美味しいスマガツオを一本。


クリックすると元のサイズで表示します


午後船で出撃するチャレンジャー達を見送って撤収しました。


クリックすると元のサイズで表示します


◇◇◇◇◇

続いて11月23日。
同じく松鶴丸さんです。
土日は予約で一杯で、連休最終日に空きがあったのでもぐり込みました。
今回も胴の間に陣取ります。


クリックすると元のサイズで表示します


港を出るまでは穏やかでしたが、この日の沖合いは爆風が吹き荒れていました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


追い風の流しのときは、トップウォータープラグをキャスト。
強風に乗って気持ち良く飛んでいきます。
キャスティングが上達したかのような錯覚にとらわれます(笑)。

向かい風(払い潮)のときは、足下に落としたジグがみるみるうちに遠くへ流されていきます。
(実際に流れているのはジグではなく船ですが)
ドテラ流しのジギングは、この「斜め引き」でボトムを取る感覚を掴むことから始まります。
最初のうちは根掛かりとの戦いですが、慣れてくればジグのロストも減ります。


クリックすると元のサイズで表示します


時間一杯集中して頑張りましたが、この日も本命には出会えませんでした。
連敗記録絶賛更新中です。(T-T)


クリックすると元のサイズで表示します


それでも、やっぱりヒラマサを追いかけたい気持ちは変わりません。
帰宅する車の中で考えていたのは、早くも次の釣行のこと。
簡単に釣れる魚だったら、こんなに熱中することはなかったと思います。
今回、少しセッティングを見直したい所もあったので、体勢を整えてまた次回頑張ります。


◇◇◇◇◇
↓いいねボタンがありませんので、よろしければ代わりにこちらを
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
過去記事の検索は、PC版画面に切り替えて頂くと便利です(スマートフォン版画面下部の「PCview」ボタンで切り替えられます)
◇◇◇◇◇
インスタグラムは(ほぼ)毎日更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇
タグ: 釣り

2020/11/21

マキタのバッテリーを電動リールで使ってみました  道具箱:その他
  
先日のアカムツ釣行。
深場の釣りなので、当然ながら電動リールを使用します。
その際、私が使っていたバッテリーがこちらです。


クリックすると元のサイズで表示します


マキタの電動工具用バッテリーを電動リールに使用するための防水アダプターケースを自作してみました。
既にマキタの電動工具をお持ちの方なら、実質1000円以下のコストで電動リールが使えます。
ちなみにマキタのバッテリーの電圧は18V、14.4V、10.8Vと各種ありますが、電動リールの仕様が12Vなので、それに近い14.4Vのものを使っています。


クリックすると元のサイズで表示します


材料の紹介です。
今回使用したパーツの中で一番高かったのがこちら。
バッテリーと電線を接続するためのアダプターです。
200円もします(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


一般のホームセンターでは売っていませんが、「モノタロウ」の通販サイトで「マキタ バッテリーホルダー」で検索すると見つかります。


クリックすると元のサイズで表示します


その他の材料は100円ショップやホームセンターで調達できます。
電線、ハンダ、絶縁テープなども適宜用意します。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


それでは作ってみましょう。
まずはケースの上蓋に穴を開け、ワニ口クリップの接続部を仮組みします。
黒いパーツは、緩み防止と防水のためのゴムワッシャーです。


クリックすると元のサイズで表示します


蓋の裏側はこうなります。
2つのナットで電線をしっかりと締め込んで固定します。


クリックすると元のサイズで表示します


続いてハンダ付けです。
蓋の外側のナットとワッシャーは一番上まで上げておきます。
上蓋を溶かさないように気をつけて。
バッテリー接続アダプターも同様にハンダ付けしますが、このとき電線を寝かせるようにして留めるのがポイントです。


クリックすると元のサイズで表示します


電線接続部に絶縁テープを巻きます。
ビニールテープでもいいのですが、糊でベタつかない自己融着性のゴムテープがオススメです。


クリックすると元のサイズで表示します




外側のナットをしっかりと締め込んで固定したら、組み立ては終了です。


クリックすると元のサイズで表示します


最後の仕上げです。
電極のプラスマイナスが判るようにするため、ボルトの頭とナットに黒と赤のマニキュアを塗ります。
たっぷり厚塗りすれば、防水、防錆効果も期待できます。


クリックすると元のサイズで表示します


裏側にもたっぷりと厚塗りして、うっかりショートを防止しましょう。
絶縁テープを巻いてもいいです。


クリックすると元のサイズで表示します


ケースの底にバッテリー本体のガタつき防止のための「隙間テープ」を貼ったら完成です。


クリックすると元のサイズで表示します


こんな感じでバッテリーがぴったり収まります。
まさにシンデレラ・フィット(笑)。
使用中に黄色の接続パーツが外れることはまずないと思われますが、念のためロッドベルトを巻いて固定すれば万全です。


クリックすると元のサイズで表示します


バッテリー容量についてですが、水深130mのカンネコ根で半日釣りをする分には十分余裕がありました。
ただ、それ以上深いポイントや、丸一日釣りをした場合でも足りるかどうかはまだテストしていないので分かりません。
予備のバッテリーがあると安心です。
マキタの純正品は結構なお値段になりますが、マキタ互換の他社製品なら一個3000円台、安い物なら2個5000円くらいからあります。





留意事項ですが、純正品以外のバッテリーを使用したことによって生じたリールの不具合や事故等については、リールメーカーは補償してくれません。
もちろん私も責任を負えません。
自作品の使用はあくまでも自己責任になりますのでご注意ください。


クリックすると元のサイズで表示します


次回の深場の釣りは年明けの犬吠沖を予定しています。
カンネコ根の倍くらいラインが出るそうなので、バッテリー容量アップのためのアイデアをひとつ温めています。
使えるようであれば、またご報告させて頂きます。(^^)


クリックすると元のサイズで表示します


◇◇◇◇◇
↓いいねボタンがありませんので、よろしければ代わりにこちらを
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
過去記事の検索は、PC版画面に切り替えて頂くと便利です(スマートフォン版画面下部の「PCview」ボタンで切り替えられます)
◇◇◇◇◇
インスタグラムは(ほぼ)毎日更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇

2020/11/19

やっと釣れました♪  釣行記:Iその他
   
今期2回チャレンジしていずれも玉砕したカンネコ根のアカムツ(ノドグロ)。
リベンジに燃えて、再び出撃してきました。


クリックすると元のサイズで表示します


カンネコ根の本来のシーズンは乗っ込み時期の夏場で、例年なら既にオフシーズン。
一か八かの今年最後のチャレンジです。


クリックすると元のサイズで表示します


前回来たときは周りにアカムツ狙いの船が沢山集結していましたが、今回は見渡す限り私達の船だけです。
一抹の不安を覚えつつ、水深130mの海底に仕掛けを落とします。
アカムツ、まだ居てくれるかな・・・


クリックすると元のサイズで表示します


結果は、なんとか2匹キャッチすることができました。
船中もポツリポツリで、トップは5匹。
最盛期にはとても及びませんが、この時期にしては良い釣果だったようです。


クリックすると元のサイズで表示します


キロ1万円もするという高級魚のアカムツ(ノドグロ)。
マダイやヒラメの5倍ですね。
緊張感を持って料理させて頂きました(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


大根との炊き合わせ。
上品な出汁の染みた大根が素晴らしく美味しいです。


クリックすると元のサイズで表示します


大定番の炙り刺し。
ジュワッと滲み出る脂と香ばしい皮の焼き目が絶品です。


クリックすると元のサイズで表示します


大変美味しゅうございました♪
次回のチャレンジは、年明けの犬吠沖の予定です。(^^)


クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに炙り用のクッキングバーナーですが、私はすぐに使いたかったので近所のホームセンターでイワタニ製のこちらを購入しましたが・・・
ちょっと高かったですね。(^^;;





通販サイトでは1000円台から沢山の商品が販売されているようです。





事前に調べて準備しておけばよかったと反省しました。


◇◇◇◇◇
↓いいねボタンがありませんので、よろしければ代わりにこちらを
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
過去記事の検索は、PC版画面に切り替えて頂くと便利です(スマートフォン版画面下部の「PCview」ボタンで切り替えられます)
◇◇◇◇◇
インスタグラムは(ほぼ)毎日更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇
タグ: 釣り

2020/11/10

裏本命ゲットです♪  釣行記:Iその他
 
金曜日。
仕事帰りにいつもの酒屋さんに立ち寄って、予約していたお酒を受け取りました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


飯沼本家さんの「酒々井の夜明け」。
この日の朝に搾られたばかりの新酒です。
今年も美味しいですね♪
さあ、このお酒に合う肴(魚)を釣りに行かねば!


クリックすると元のサイズで表示します


というわけで、やってきたのはお久しぶりですの松鶴丸さん。
先週末は予約満席で乗船できず。
今週末も土曜日は満席で、なんとか日曜日にもぐり込みました。
一時期、外出自粛で激減していた遊漁船の客足は順調に戻りつつあるようですね。
マスク、フェイスガードの着用を励行して、ウイズコロナの釣りを安全に楽しみましょう。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


凪の海へ出発。
ライバル船(笑)の姿も見えます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


狙いはもちろんヒラマサですが、今回の裏本命は、最近外房でよく釣れているスマガツオ。
カツオ類の中でもトップクラスの美味と言われています。
何とか一本、釣って帰りたいです。
イナワラは先週釣ったので(食べたので)要りません。(^^;;

・・・と言ってるうちに、あっさり一本釣れました。
水深50mの深ダナ。
カツオ類は表層というわけではないようです。
ジグのカラーはシルバーグローでした。


クリックすると元のサイズで表示します


お土産を確保できたので、あとは心置きなくヒラマサを狙います。
あの手この手を試してみますが・・・

はい。
今回も毎度安定の本命坊主でした。
悔しいですが、それもまた釣りの面白さ。
次回試してみたいメソッドが早くも頭の中に浮かんできて、ワクワク気分です。
坊主上等!
最近、メンタルが強くなってきた気がします(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


◇◇◇◇◇


さて、今週の亀山亭。
絶品スマガツオの入荷です!
ちなみに外房では、腹部の斑点が渡辺氏の家紋の三つ星に似ているところから「ワタナベ」とも呼ばれます。


クリックすると元のサイズで表示します


刺身、漬け、竜田揚げでどうぞ。
(画像は刺身だけです。すみません。)


クリックすると元のサイズで表示します


外房名産のながらみもありますよ。


クリックすると元のサイズで表示します


大変美味しゅうございました♪(^^)


クリックすると元のサイズで表示します


◇◇◇◇◇
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
過去記事の検索は、PC版画面に切り替えて頂くと便利です(スマートフォン版画面下部の「PCview」ボタンで切り替えられます)
◇◇◇◇◇
インスタグラムは(ほぼ)毎日更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇
タグ: 釣り


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ