2013/4/20

 

久しぶりに美味しいイカを食べたくなった。
前回の釣行で、いい感じの藻場をいくつか見つけたので、エギングで狙ってみることにした。

午前2時、外房某港に到着し、まずはナイトエギング。
泳がせの活餌がしばしばアオリにイタズラされる岩礁絡みの航路やテトラ回りを順次探ってみる。

しかし、1時間ほどやってみたが、何の反応もない。
集中力が続かず、私のテンションは急降下。
アタリがないから集中力が途切れるのか、集中していないからアタリを引き出せないのか、どちらが先かは分からないが(多分、後者だろう)、いずれにしても楽しくない。
深追いはやめて何か釣れる釣りをしようと、車に戻ってアジングタックルにチェンジした。
(諦め早過ぎっ!)

ポイントを移動し、フカセアジならテッパンの「テトラ際」をタイトに探ってみる。
すると、一投目から、体高のある良型がヒット。
23cm位。
よしよし、アジ居るじゃん♪
このパターンで釣れるってことは、そろそろ南房磯の大アジも開幕かな?

少し離れた常夜灯下にも数名のアジンガーの姿が見えるが、ロッドが曲がっている様子はない。
「アジ=常夜灯下」という刷り込みが一部のアジンガーの間にあるようだが、アジのポイントは基本的には「回遊路」であって、必ずしも灯りがあればよいというものでもない。

その後もぽつぽつとヒットが続き、22〜25cmを6匹キープ。

クリックすると元のサイズで表示します


どれも、この時期ならではの抱卵したグラマラスな固体。
これから梅雨入りの頃にかけて、外房のアジはどんどん型が良くなり、尺オーバーが出る確率も高くなる。
食味の方は、卵や白子に栄養が取られて保証の限りではないが、型を狙うならチャンスである。

東の空が明るくなり始めたところでアジの部を終了。
別の港に移動して、エギングを再開。

クリックすると元のサイズで表示します


結果は・・・・
秋の新子サイズのマイクロアオリがサイトで一匹(汗)。
(もちろんリリース)

クリックすると元のサイズで表示します


以前、キロオーバー連発の実績のある港のテトラのポイントも、北東風によるウネリでガチャガチャ。
こりゃダメだ(汗)。

さらに、時折冷たい小雨がぱらつき始め、気温の低下とともに、私のテンションも一気に最低レベルに。
今日のところはこの辺で引き揚げますか・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


・・・というわけで、今回は色んな意味でお寒い釣行だった(泣)。
今夜はアジの刺身で反省会。

 
タグ: 釣り

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ