2014/2/21

気になるニュース  コラム
 

グルメサイト「食べログ」に掲載された店が、情報の削除を求めて運営会社を訴えたという。
  ↓
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140220/dms1402201212013-n1.htm

言論の自由、表現の自由は尊重されなければならない。
しかし、その一方で、情報当事者が自らに関する情報をコントロールする権利も、同様に尊重されてしかるべきである。

言うまでもないことだが、言論・表現の自由は無制限に容認されるものではない。
情報当事者の利益と相反し、かつ情報当事者にとって受忍し難い不利益がある場合には、公益の観点から言論・表現の自由を保護することが相当と認められる特段の事情のない限り、情報当事者の利益の保護が優先されるべきである。
ヨーロッパでは、「忘れられる権利」の議論もなされているらしい。

この手の紛争が生じたときにしばしばメディア側が持ち出す「言論・表現の自由」というお題目は、ときに空虚で見苦しい。
商業主義で興味本位の情報発信に、情報当事者の利益を害してまで保護するに値する公益があると果たして言えるのだろうか。
単に自己の利益を守ろうとしているだけではないのか。
ブログを通じてささやかながら情報を発信している者として、しっかり襟を正さなければならないと思った次第である。

  

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ