2014/3/12

3.11の記憶  コラム
 

自分自身のために、
あの日起きたことを思い出し、忘れないために、
これを記す。



<2011年3月11日>

その時、私は都内のビルの20階の会議室にいた。

ドスンという大きな揺れを感じて、会議の参加者は全員、テーブルの下に潜り込んだ。
揺れは次第に大きくなり、長い周期で建物が大きく振れた。
私はテーブルの脚を掴んで必死に踏ん張りながら、このまま建物が折れてしまうのではないかと本気で恐怖した。

どのくらいの時間が経っただろうか。
ようやく揺れが収まり、私は自分の職場に戻った。
職場では全員、備品のヘルメットを被り、テレビのニュースに見入っていた。
天井板が一部落下していたが怪我人はおらず、幸い外出中の者もいなかった。
大きな余震がきたときには、全員また机の下に潜った。

家族への連絡はなかなかとれなかった。
携帯がつながらず、私は気が気ではなかった。

そして、テレビに津波のニュースが流れた。
それが現実の事とはにわかに信じられなかった。
皆、言葉もなく、ただ茫然とテレビの画面に見入っていた。

ようやく自宅にいる家族と連絡が取れたのは、夕方になってからだった。
家族にけがはなく、家財の物理的な被害もなかった。
私は取り敢えず一安心した。
後で聞いた話だが、子供は西の空に大きな火柱が上がるのを見たという。
丁度その頃、市原のコンビナートで爆発事故が発生していた。

電車も地下鉄も動いていなかったが、建物の外の通りには、長い長い車の列ができていた。
渋滞して、ほとんど流れていない。
そして歩道には、歩いて帰宅する大勢の人達があふれていた。

わが職場でも、家の近い者は順次歩いて帰宅を始めた。
私を含む長距離通勤者は居残った。
総武線も京葉線も外房線も完全に止まっていて、動き始める様子は全くなかった。
これだけの地震である。当然だろう。

私は泊まり込む覚悟を決めて、外のコンビニで飲み物や食料、雑誌などを買い込み、事務所に残っていた部下に配った。
携帯のバッテリーが心許なかったので、乾電池式の充電器も買った。
これは後々かなり役にたった。

その夜は、とても長く感じた。
テレビのニュースが伝える被災地の惨状。
次々と画面に映し出される信じられない映像。

しかし、これは現実だ。
実際に、今起きていることなのだ。

建物の管理会社は、帰宅困難者の受け入れを始めた。
館内の食堂が深夜の炊き出しを行い、館内に残っている者へ無料で配布してくれた。
私も、まだ暖かいおにぎりを二個貰った。
美味しくて、とても嬉しかった。


<2011年3月12日>

やがて朝になり、鉄道が順次運転を再開した。
私も、総武線が運転を再開するという情報を知って、東京駅へ向かった。
都内で一夜を明かした大勢の帰宅困難者で溢れる電車に乗り、ようやく千葉駅に着いた頃には、既に昼近くなっていた。

しかし、外房線は依然動く気配がない。
奥さんにメールすると、車で迎えに行くから京成線でちはら台まで出ろという。
私は奥さんの言う通りにした。

駅に着いてしばらく待っていると、奥さんの運転する車がやってきた。
奥さんいわく、千葉駅周辺の道路は、帰宅者を迎えに行く車で大渋滞しているらしい。
なるほど。
私は奥さんの機転に感心した。

車の中には、ここに来るまでに買ってきたというミネラルウォーターが何本も積んであった。
営業しているパン屋さんがあったので、いつもより多めに買い込んで、わが家に帰った。

親族の安否は既に確認されていた。
ご近所にも、特に被害はなかった。

テレビでは、どのチャンネルも震災のニュースを流し続けていた。
津波の映像が、繰り返し繰り返し画面に映し出された。

そして、福島第一原発一号機の水素爆発が起こった。
騒然とするニュース番組のスタジオ。
何が起きたのか、すぐにはわからなかった。
私は、テレビの画面を通じて、ただじっと事の成り行きを見守るしかなかった。

私には、差し当たり悩ましい問題が一つあった。
月曜日、大阪で大事な仕事があり、日曜日に移動する予定でいたのである。

インターネットでJRのホームページを確認したところ、新幹線の運転を見合わせるという情報はなかった。
外房線も、本数は少ないながらも、運転を再開していた。
家の事は大丈夫だと奥さんが言ってくれたので、私は出張の準備をして、床に就いた。


〜続きを読む〜

  

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ