2015/11/29

 

これからの季節、活躍してくれそうな釣り小物をいくつか仕入れてきた。

まずは、ミノーでヒラメを狙うときに使っているエッグスナップを補充。
ウォブリングの動きを妨げず、ミノーがよく泳いでくれるような気がするのである。
あくまで「気がする」だけで比較検証したわけではないがw。
ちなみに青物には強度が心配なのでスナップは使っていない。


クリックすると元のサイズで表示します


次もヒラメ関係。
「ヒラメシャフト」、なんじゃそりゃ?


クリックすると元のサイズで表示します


こんな風に使うらしい。
ほうほう、なるほど。


クリックすると元のサイズで表示します


説明イラストによれば、トレブルフックをワームのお尻に引っ掛けるらしいのだが、そんなことをしたらワームのアクションを殺してしまう。


クリックすると元のサイズで表示します


そこで、ステンレスの針金を曲げてこんなパーツを用意。
これにシャフトを通して、ワームのお腹にぐいと押し込んでやれば・・・


クリックすると元のサイズで表示します


ほら完璧だ♪
テールの動きを妨げることもない。
ただし5インチワームでこのようなセッティングをするには、Sサイズは短すぎた。
トレブルフックの位置がもう少し後ろに来るように、Mサイズを買ってこよう。


クリックすると元のサイズで表示します


次は「目玉」シール。


クリックすると元のサイズで表示します


片目を失ったオシアペンシルが・・・


クリックすると元のサイズで表示します


かわいい「アイマ目」になって復活(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


最後にアジング用のジグヘッド。
左は、いつも使っているジャズの「尺ヘッド」。
右が、今回買ってきた「「鯵ヘッド電撃」。


クリックすると元のサイズで表示します


アジング初心者の私にはよく分からないが、向こう合わせでなく積極的に掛けにいくためのジグヘッドということなのか?
ゲイプの広い大きめのフックだが、もとより小アジを釣る気は無いのでノープロブレム。


クリックすると元のサイズで表示します


さて、今週末は何を狙いましょうかね♪

   

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ