2019/7/10

最近の色々と格安PEラインについて  ひとやすみ
最近釣果に恵まれないワタクシ。
とうとう魚屋さんでアジ(千倉産)を買ってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します


釣師のプライドなんてありません。
そんなものはとうの昔に餌取りのフグに喰われてどこかに行ってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します


いっそこのまま堕ちるところまで堕ちてみましょうか。
次はどんな魚を買おうかな。
美味しい魚を食べたいな(笑)。
(((o(*゚▽゚*)o)))


クリックすると元のサイズで表示します


別の日。
カープが勝てないのでホークスの応援に行きました。
カープファンとしてのプライドなんてありません。
以下省略。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


◇◇◇◇◇


そんなこんなで、ようやく釣りのお話です。

先日、オフショアキャスティング用にSW14000XGを調達しました。


クリックすると元のサイズで表示します


当初、どうしてこの番手が必要なのか分かっていませんでしたが、実際に自分で何度かトライしているうちに、巻き取り速度の早いリールを使う意味を理解できました。
ふむふむ、なるほど。
次回、態勢を立て直してリベンジです。


クリックすると元のサイズで表示します


新しいリールに巻くための5号ラインを、いつものネットショップで物色しました。
ところが、普段愛用しているシリーズは4号までしかありません。




ん〜、困ったな。
別の商品を探してみると・・・

こんなのがありました。


クリックすると元のサイズで表示します


8本編みでこのお値段。安いですね!
某量販店では1000円高い値段で売っていました。





クレハ製ですから、基本的な品質面での問題はないでしょう。
安い商品は品質が劣るという考え方は乱暴です。
ツインパワーやバイオマスターは使い物にならないリールでしょうか?
そんなことはありませんよね。

ちなみに今まで使っていたよつあみ製のラインも激安ですが、何も問題ありませんでした。
ショアジギングでは2.5号を使って、ヒラマサ90cmクラスまでは獲っています。
オフショアでは一度大物を高切れでバラしていますが、これは前回の釣行でラインが船底を擦ったことに気づいていながらライン交換を怠ったため。
私の凡ミスです。
ラインの品質のせいではありません。


ノット締め込み用のグリップも新調しました。
今まで使用していたものは、余計なストラップを付けてしまったためにPEラインが絡まりやすく、あまり使い勝手が良くありませんでした。
今回はシンプルな形状にしたので、揺れる船の上での作業も大丈夫だと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


さて、次はいつ出撃できるかな。
楽しみです♪


◇◇◇◇◇
「いいね」ボタンがありませんので、宜しければ代わりにこちらを ↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
過去記事の検索は、PC版画面に切り替えて頂くと便利です(スマートフォン版画面下部の「PCview」ボタンで切り替えられます)
◇◇◇◇◇
インスタグラムは(ほぼ)毎日更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ