2005/4/26

守谷・「つるし鼻」への道  釣場風景:C守谷〜興津
 
GWスペシャル第二弾!(笑)
守谷の地磯、「つるし鼻」への突入経路をご紹介する。
ここは釣り雑誌の記事などでよく紹介される有名ポイントであるにもかかわらず、その入磯ルートは案外知られていない。

クリックすると元のサイズで表示します
スタート地点。
守谷海岸(犬ケ岬側)へ降りる道の途中にある、民宿「栄屋」の黄色い看板。
この路地を左に入る。
(車は海岸の無料駐車場に停められる。)


クリックすると元のサイズで表示します
すぐに見えてくるのがこのトンネル。
このトンネルの手前、写真左側に写っている鳥居が、つるし鼻への入り口だ。


クリックすると元のサイズで表示します
鳥居の左側へ続く細い道を、道なりに登る。


クリックすると元のサイズで表示します
はっきりとした道が続くので、迷うことはない。
このままずんずん進もう。


クリックすると元のサイズで表示します
やがて、火薬工場跡地の広い空き地に出る。
この空き地に降りたら、もう右側はすぐに海だ。

注:2006年現在、この場所には建物が建設されています。


クリックすると元のサイズで表示します
左に見える岬の先端が、「つるし鼻」の磯だ。


クリックすると元のサイズで表示します
整備された階段を降りて、ワンドに出る。


クリックすると元のサイズで表示します
ワンドの右側は、手前はごろた磯、沖は砂地のブッコミ釣りポイント。
水深は浅いが、外海が荒れた日にはクロダイが狙える。
背後の崖が北西の強風を防いでくれるので、冬でもポカポカ。


クリックすると元のサイズで表示します
ワンドに沿って左に進む。
砂浜の突き当たりが、目指す磯への入り口だ。


クリックすると元のサイズで表示します
途中までは、歩きやすい道が続く。
らくちん、らくちんと思っていると・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
最後の難関の岬。
撮影時はちょうど満潮だったのでこれ以上は進めなかったが、潮位が下がった頃合を見計らって、この岬にへばりつくようにして進むと、目指す「つるし鼻」の磯に出ることができる。
春の大潮の干潮時には比較的楽に入磯できるはずだ。



それでは皆さん、GOOD LUCK!
 
  

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ