2005/4/29

守谷・「荒熊の磯」への道  釣場風景:C守谷〜興津
 
GW直前スペシャル第3弾は、守谷の「荒熊の磯」。
外房で最もお気軽に入ることのできる地磯。
釣りをしているすぐ後ろに、磯遊びの親子連れがやってきたりする(笑)。
磯釣り初心者には最適。

クリックすると元のサイズで表示します
荒熊の磯への入り口は、守谷漁港奥の駐車場。
車から降りてすぐ右側の磯に設置された遊歩道を、「←守谷洞窟」の標識に従って歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
するとすぐに、この洞穴が見えてくる。
ここが、ファンタージェンへの入り口。


クリックすると元のサイズで表示します
穴を抜けると・・・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
そこはもう、広大な「荒熊の磯」。


クリックすると元のサイズで表示します
後ろを振り返ると、今出てきた穴がぽっかりとあいている(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します
磯の左側のポイント。
一段高くなっているので、波の高い日にはここに陣取ると良い。
夜釣りのアジのポイントでもある。


クリックすると元のサイズで表示します
磯の左側のポイントから、正面の島を望む。


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは磯の右側の岬の先端。
荒熊の磯の一番人気のポイント。
すぐ足元がポイントなので、不用意に覗き込まないこと。
払い出しの流れに仕掛けを乗せて、手前から沖に向かって広く探ってやると良い。


クリックすると元のサイズで表示します
右側のワンド内もいいポイント。
カジメが茂っているので、軽い仕掛けで。
すぐ隣(写真右奥)は、センヅツの磯だ。



荒熊の磯は誰でも気軽に入ることのできる磯であるが、海が荒れた日には磯の上まで波に洗われる。
決して甘く見ずに、ライフジャケットとスパイク(orフェルトソール)ブーツを必ず着用のこと。

 
 

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ