2006/5/3

美しい展開♪  釣行記:C守谷〜興津
 
今日は世間的には連休初日。
でも、管理人のフル休日は今日だけ(泣)。
どこの釣り場も混雑は必至だが、それでも比較的すいていると思われるポイントを選んで出漁した。

まず最初にやってきたのは浜行川漁港。
ここは周辺の他の堤防が混雑している時でも意外とすいている穴場だ。
時刻は朝4時。満潮2時間前のゴールデンタイム。
案の定、堤防には先客は二人しかいない。
しかも二人とも堤防外向きに竿を出しているので、管理人の「定位置」、堤防先端正面の船道のポイントが空いている。
ラッキー♪

早速釣り座を構え、タックルをセットする。
ターゲットは、セグロイワシ(カタクチイワシ)。
雑魚扱いされることが多いが、釣りたてのセグロはとても美味なのである。
先日来、勝浦周辺にはセグロの大群が接岸しており、あちこちの堤防で爆釣しているという。
ここ浜行川にも居るに違いない。

用意した仕掛けは、磯竿1号に、1号負荷のウキ、ロケットカゴSサイズ、魚皮サビキ4号に下オモリ1号のライトなカゴサビキ。
これで大真面目にセグロを狙うのだ(笑)。

まずはウキ下1ヒロ半で釣り開始。
仕掛けを投入し、ヒシャクで追いコマセを入れる。
するとさっそく、ウキがつつっと斜めに走るアタリ。
竿を立てると、ぐぐっと重い手応えで、いきなり良型セグロが5匹鈴なり!
おお、これはいけるぞ!

その後も、仕掛けを投入するたび、サビキ仕掛けに5匹、6匹と鈴なりにヒットしてくる。
めっちゃ楽しい〜♪
日が昇り、海面を朝日が照らすようになって一時アタリが遠のいたが、ウキ下を2ヒロ半に下げてやると再びの入れ食いモード。
どうやら堤防の周りは一面セグロだらけらしい。
管理人のバケツもセグロで一杯。



このままいつまででも釣れ続きそうな雰囲気だったが、これ以上釣っても食べきれないので、今日のところは取りあえずおしまいにすることにした。

おお!なんて美しい響きなんだろう♪
もう一回言ってみよう!
これ以上釣っても食べきれないので、今日はこれでおしまい!
わははは!

さあ、皆さんもご一緒に。
これ以上釣っても食べきれないので・・・

(#゚Д゚)≡⊃☆))Д´)ノ ボカ !!

・・・・・・・・・・・・・・
さて、とは言うものの時刻はまだ7時前だ。
せっかくだからもう少し釣りをしたいぞ、というわけでやってきたのは守谷海岸。



管理人のお目当ては、犬ヶ岬の磯(鵜原側)からのメジナ釣り。
既に食材は十分に確保したので、「漁」のモードから一転、「遊ぶ釣り」モードだ♪
ここは勝浦周辺の地磯の中でもどちらかと言えば地味な存在で、今日もおそらくすいているはずである。
間違いない!

無料の駐車スペースに車を停めて、さっそく入磯準備。
潮は下げ始めてはいるが、まだ潮位が高いため、ウエーダーを着用する。
そして、管理人のお手製「なんちゃってインスタント背負子」がじゃじゃーんと登場。



必要な荷物を詰め込み、ロッドと玉網を縛り付けて、さらに荷物が落ちないよう上から自転車の前カゴ用ゴムネットを被せる。
そして、こいつをよいしょと背負い、チャランボを杖代わりに、目指す磯へと向かう。

岬の先端周りの釣り座には既に4名の釣り師の姿。
が、これは仕方が無い。最初から織り込み済みである。

管理人が選んだ釣り座は、ワンド中央付近の小さな岬状の磯。
潮位が高く先端付近に入れないような時にむしろ実績のあるポイント。
しかも磯自体が小さく、一人しか入ることが出来ないので、先に入ってしまえばこっちのもの。
一人で悠然と竿を振ることができるのである(笑)。



磯竿1号に、軽めのウキフカセ仕掛けをセットして、釣り開始。
コマセを打ち、沖への払い出しの流れに仕掛けを乗せて流してやると、小さな木っ端メジナが次から次へと食いついてくる。
さっきはセグロだったが、ここではコイツがうじゃらと群れているらしい(笑)。

それでも時々、20センチ超の中メジナサイズも混じり、小さくてもパワフルな走りを楽しませてくれる。
海藻に絡ませないようにやりとりするのは、なかなかスリリングだ。
楽しい〜♪



しばしメジナ君に遊んでもらい、針を飲み込んでしまった2匹をキープ。
朝10時を回り、潮位が下がってアタリもなくなってきたところで、本日の釣りは全て終了とした。

・・・・・・・・・・・・・・
そんなこんなで、今日の釣りは管理人の思惑が大当たり。
魚もそこそこ釣れたけれど、連休の混雑を避けて選んだ釣り場が予想通りすいていたことも嬉しい。
シナリオ通りのとても美しい展開になりました(笑)。

嗚呼、美しい♪


・・・・・
<本日のBGM>
CULTURE CLUB "LOVE IS LOVE" (1984)







  

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ