2006/7/20

それゆけUMAハンターズ!  UMAハンターズ
  
<発起人挨拶>

・・・こほん!
えーっ、皆さんこんばんわ。
ただいまご紹介いただきました、潮待小屋管理人こと、かめやまこと申します。
本日は、ご多忙中にもかかわらず、私共「外房UMAハンターズ」の発足記念パーティーにお集まり下さいまして、心より御礼申し上げます。
メンバーを代表して一言ご挨拶を・・・と申し上げたいところではございますが、あいにくメンバーは今のところわたくしだけなのであります。
あはは。

それではまず、本会の設立趣旨および活動内容につきまして、簡単にご説明申し上げたいと思います。
昨晩、わたくしがチューハイ片手に考えた「会則」がございますので、こちらに基づいてご説明させていただきます。

「外房UMAハンターズ」会則

えーっと、まずいきなりこの会の名称が記載してあります。
なんだかベタな名前ですね。
「UMA(ユーマ)」というのは、Unidentified Mysterious Animal (謎の未確認動物) の略でありまして、これはどうしてもはずせないのですが、その前後の「外房」と「ハンターズ」はいかがなものでしょうか。
実はわたくしもそう思いまして、他にいくつか候補を考えてみました。

「UMA捕獲党」
→そのまんまの意味です。割と語感もよかったのですが、類似商号を使っている某社から訴えられるかもしれないという顧問弁護士の指摘によりボツ。

「UMAヅラ禿」
→語感だけであまりにも意味がないのでボツ。

といわけで、他に適当な名称が思いつかなかったものですから、とりあえず本会は「外房UMAハンターズ」ということでスタートしたいと思います。

話が脱線してしまいましたが、会則に戻ります。

第1条
本会は、釣りの最中に出くわす謎の巨大魚、不気味な怪魚、その他へんてこな生き物を見事捕獲し、もって酒飲み話、顧客との商談またはHP/ブログを盛り上げることを目的とする。


本会の理念はいたって自分本位なものでありますが、これをなんとかして「世のため人のため社会的意義ありまくり」っぽくでっちあげることができれば、もしかするとどこかから助成金などガッポリ頂けるかもしれません。

第2条
本会は、UMAの学術的探索および捕獲を目的とした真摯な活動は行わないものとする。ただし、それっぽく振る舞うことを妨げない。


わたくし達はあくまでも釣り人ですので、分をわきまえた行動をしなければなりません。
「本命のアジを狙ってたら、なんと!こんなのが釣れちゃったよーん♪」というお気楽振りとハプニング性こそが肝要なのであります。
ネタ優先で探検隊風衣装を着てUMAを狙ってみるのはもちろん結構ですが、わたくしは恥ずかしいのでぜったいに嫌です。

第3条
本会の会員は、UMAを捕獲したときは、恥ずかしがらずに自らこれを公表しなければならない。ただし、ネタ的に面白くないと認められる場合はこの限りでない。


獲物自体はベタなものであってもかまわないのです。
釣り上げるまでのプロセスが面白ければ、それは本会の趣旨に則った立派なUMA捕獲行為であります。
大いに恥ずかしがりながら、ぜひとも公開してください(笑)。
ちなみに、「ショゴを狙ってメタルジグを投げていたら、なんとヒラマサが釣れちゃった♪」というような羨ましいお話については、本会の趣旨に反する場合がありますのでご注意ください。

第4条以下は、庶務事項であります。

第4条
本会の事務局は、潮待小屋掲示板に置く。


UMA画像の投稿はこちらへどうぞ。
ちなみに事務局といっても何も事務はしません。

第5条
潮待小屋掲示板にUMA捕獲に係る内容の投稿を行った者は、特段反対の意思表示のない限り、本会会員とみなす。


釣果画像投稿しただけで会員になれちゃうんです。お得ですね。
あ、でも会員の特典は何もありません。

第6条
第1条乃至第5条に定めるほか、本会の運営に必要な事項は、別途気が向いたら定める。


ここは、オイオイ手を抜くなよ、と突っ込むところです。
ぷぷ。

えー、そんなわけで、本日めでたく発足いたしました「外房UMAハンターズ」。
まだまだ未熟者ではございますが、潮の向くまま気の向くまま、ぽつぽつとネタ拾いしてまいりたいと思います。
皆様方には、今後ともより一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

最後に、我らが愛すべきUMAに、わたくしの座右の銘ともいえる次の言葉を捧げまして、発起人ご挨拶とさせていただきたいと思います。

外道は美味しい!

グロい外道ほど美味しい!


ご静聴ありがとうございました。

(2006年7月 外房某所にて)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
BLUE OYSTER CULT "CULTOSAURUS ERECTUS" (1980 CBS/SONY)


<追記>
現在、掲示板は設置しておりません。
  

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ