2005/9/30

「岬町〜御宿」目次  釣場風景:A岬町〜御宿
 
※下記注意事項を必ずお読みください。

<目次>
 
(1)太東漁港

(2)太東崎下
  海浜植物群落

(3)夷隅川河口
  河口北側の汐入池

(4)和泉海岸

(5)日在海岸
  海岸風景

(6)大原漁港
  深夜の漁港風景
  サヨリ釣り風景

(7)八幡岬下

(8)丹ヶ浦
  
(9)半年洞

(10)七福天下

(11)南川の堤防

(12)岩船漁港
  サヨリ釣り風景
 
(13)ママ岬

(14)釣師海岸

(15)田尻海岸

(16)波月荘下

(17)岩和田漁港

(18)御宿漁港
  海岸風景1
  海岸風景2
  サヨリ釣り風景

(19)堂坂の磯


※釣行記「岬町〜御宿」はこちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※注意事項

各釣り場の状況は日々変化しています。
撮影日以降「立入禁止」や「釣り禁止」となっている可能性もありますので、予めご了承ください。
釣り場によっては、堤防やテトラからの落水や、落石・崩落などの危険を警告する看板、フェンス等が設置されていることがあります。
釣り場の選択はあくまでも自己責任ですが、自分自身の技量・経験や安全装備、現場の状況等をふまえて慎重に判断したうえで、適切な行動をとってください。

また、漁業関係者や地元住民との間でトラブルを起こさないよう、釣り場でのマナーには十分にお気をつけください。
特に、堤防=漁港施設は漁師さんたちの日々の仕事場ですので、次のことを守るよう心がけましょう。
@漁師さんの作業や漁船の通行の邪魔をしない。
A業務用車両の通行の邪魔になるような迷惑駐車をしない。
B堤防周りの漁網や係留ロープに仕掛けを絡ませない。
Cゴミや残ったコマセはぽい捨てせず、各自持ち帰って処分する。
D釣り座の周りにコマセが散らかっていたら、必ず洗い流してから帰る。

いつまでも気持ちよく釣りを楽しめるよう、皆さんのご協力をお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

2005/5/25

夜明けのサーファー達  釣場風景:A岬町〜御宿
クリックすると元のサイズで表示します

御宿海岸にて。

      

2005/4/29

「夷隅川河口」の真実  釣場風景:A岬町〜御宿
 
GWピンポイント穴場スペシャル!
 
先日、某釣り具屋の釣果速報ボードを見ていたところ、夷隅川河口で連日40センチ級のキビレがあがっているという情報があった。
店のお兄ちゃんにポイントを聞くと、河口の汐入池前のテトラ堤防だという。
「でもあそこって、車で入れないよね。」というと、
「それは下流側の堤防でしょ。上流の堤防は車横付けでいけますよ。」というではないか。
がーん!知らんかった。
以前、このBLOGでも「車では近くまで入れない」と書いてしまった。
このままでは管理人はうそつきになってしまう!
というわけで、名誉挽回のために現地調査に行ってきた(笑)。

国道128号を大原方面から北上し、夷隅川河口の橋を過ぎてすぐの細い道を右折。
農道を道なりに適当に走っていくと・・・
あらま、着いた!なーんだ、すぐじゃん。
といわけで、あえて順路は紹介しません(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
ここがうわさのキビレポイント。
夷隅川河口北側の汐入池入り口のテトラ堤防。
わくわく。


クリックすると元のサイズで表示します
汐入池の内側は波も穏やか。
周辺は浅く、中央部が若干深くなっている。


クリックすると元のサイズで表示します
上流方向を望む。
車横付けでぶっこみ竿を出している釣り人の姿も。


クリックすると元のサイズで表示します
下流の河口方向を望む。
足場も悪くない。
好きな所を攻めよう。
干満の流れが速いときは、ぶっこみ釣りの方が良さそうだ。


クリックすると元のサイズで表示します
河口と汐入池をつなぐ水路。
この辺りも面白そう。


クリックすると元のサイズで表示します
対岸の「国民年金保養センターそとぼう」を望む。
ここに泊まったら、ずばり釣りをすべきでしょう!(笑)



あいにくこの日は守谷で竿を折ってしまい、実釣調査不能。
据え膳食わずに引き揚げた管理人であった。
今度来たときは、あんなことして、こんなことして、そんなこともして・・・。
 
 
 

2005/4/26

御宿・堂坂の磯  釣場風景:A岬町〜御宿

もうすぐGWである。
外房各地の釣り場は、どこもかしこも大混雑だ。
それでもどうしても釣りをしたい、という人のために、いつでも空いている穴場の地磯をひとつご紹介する。
それは、御宿の「堂坂の磯」。

クリックすると元のサイズで表示します
堂坂の磯の入り口は、国道128号線を御宿漁港から勝浦方面へ南下し、一つ目のトンネルを出たところ。
車は、更に次のトンネルを出たところにあるドライブイン跡の駐車場に停められる。


クリックすると元のサイズで表示します
この看板が目印。
急な崖だが、誰かが取り付けたロープがあるので、両手を空けていればなんとか降りられる。
荷物を一つにまとめられる背負子があると便利だ。

※ご注意
ロープの強度は保証できません。
各自の判断、自己責任でお願いします。



クリックすると元のサイズで表示します
崖を降りて上を見上げるとこんな感じ。


クリックすると元のサイズで表示します
崖の下には、狭いながらも美しい砂浜が。
まさにプライベートビーチ。


クリックすると元のサイズで表示します
砂浜を右側に進んでいくと、突き当りには波の侵食で出来た洞窟が幾つも口をあけている。
絶景奇景なり。
でも、こちら側は釣りのポイントではない。


クリックすると元のサイズで表示します
釣り座はこちら。
砂浜の左側奥に続く、通称「堂坂の磯」。


クリックすると元のサイズで表示します
磯の上は平らで、足場も良い。
磯釣り初心者でも、比較的安全に釣りができる。
しかし、あなどってはいけない。
知る人ぞ知るクロダイ、メジナの好ポイントだ。


クリックすると元のサイズで表示します
岬の向こうに見えているのは御宿海岸。
意外と近いね。


このポイントへ入るにあたっての最大の難関は、崖の上り下りではなく、徒歩でのトンネル内の通行である。(部原海岸寄りのドライブイン跡に車を停めた場合。)
くれぐれも気をつけてください。
黒っぽい服は避けてね。


<おまけ>
クリックすると元のサイズで表示します
ドライブイン跡の駐車場から下の海を見る。
春の大潮の干潮時には浅い根が干上がって、磯遊びができる。


クリックすると元のサイズで表示します
階段を降りて、下から見上げるとこんな感じ。
面白い形の階段だ。



 
   

2005/1/30

岩和田・波月荘下  釣場風景:A岬町〜御宿
 
以前、雑誌で紹介されていたポイント。
大原・岩船から少し北に行った辺り、御宿町・岩和田にある某大企業保養所「波月荘」下のポイント。
高い崖の上から、すぐ下の根回りを狙うらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

良型のクロダイが釣れるポイントとしてひそかに人気があるらしいが、管理人はここで釣りをする気にはなれない。
理由は、「危ないから」。

<追記>
ここは大変危ないとびっちゃさんからもご指摘がありました。
管理人もそう思います。
従って、お勧めはいたしません。
釣り雑誌や釣り場ガイドなどで時々紹介されていますが、鵜呑みにせず、自分自身で十分にリスク管理を行いましょう。
 
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ