2017/12/18



先日の釣行で魚のズリ上げに失敗し、折損してしまったモンスターバトルがメーカー修理から帰ってきた。
エントリーモデルのロッドが一本買える位の費用がかかったが仕方ない。
これも授業料。
モンスターバトルの曲げ角度と瞬間荷重の限界を検証した数少ない一般ユーザーの一人ということで、大いに笑ってやってくださいませ(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


修理のおまけとして、クローム塗装のぶっ飛び君をひとつ頂戴した。
ありがとうございます♪
さっそく使わせていただきます(^^)。


それにしても、あの魚は惜しかったなあ・・・
すべては私の未熟さが原因。
今度掛けたときには、絶対に獲るぞ!


◇◇◇◇◇
「いいね」ボタンがありませんので、宜しければ代わりにこちらを ↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

2017/11/9

やっちまった  道具箱:リール・ロッド


先日の釣行時。


クリックすると元のサイズで表示します


愛用のモンスターバトルをポキリとやってしまった。
うわあああ。
・゜・(ノД`)・゜・。


クリックすると元のサイズで表示します


今週は忙しくて修理依頼できなかったが、いくら位かかるのだろう。
あまり高いようだと諦めます(泣)。


◇◇◇◇◇
「いいね」ボタンがありませんので、宜しければ代わりにこちらを ↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

2017/6/17

そろそろ本気出す  道具箱:リール・ロッド


出漁準備中。
PEラインの傷をチェックして、新しいリーダーを結んだ。


クリックすると元のサイズで表示します


6000番のリールには、PE2.5号にフロロリーダー10号。
4000番には、同じく1.5号にリーダー8号。
それぞれの替スプールにも同じようにリーダー結束。
私は旧い人間なので、ポンドテストで言われても太さが全く分からない。

ロッドは愛用のロッキーショア・パーガトリーと、昨年から使い始めたオールウェイク・モンスターバトルの二本でいこう。
ルアーも各種用意して、臨機応変に対応できるように。

でも、ライトタックルはまだ使わない。
せめて一本、まともなサイズの魚を捕ってから。
ほとんど意地になってる(笑)。

行きつけの酒屋で、祝杯用のビールも仕入れてきた。
箕面ビールの「こざるIPA」。


クリックすると元のサイズで表示します


早く開けたい♪

2017/4/9

 

今日も朝から雨。
花見もできずヒマなので、釣り再開に向けて、今シーズンの一軍タックルの棚卸しとメンテナンスを行った。


まずはロッドから。
ショアジギングは、今年もこの3本体制でいく。
タイドマーク・ロッキーショア・パーガトリー100/12、100/13、96/13JS。


クリックすると元のサイズで表示します


シーバスロッドは5本。
上から、オールウエイク108モンスターバトル、タイドマーク・アルテサーノ・エボルティア107/09TZ、107/09、100/10、96/08。


クリックすると元のサイズで表示します


カゴ釣り&泳がせ用の遠投竿。
がま磯ヒラマサ天剛MH-50、RZR/4-53、カゴスぺU3-53、ファインフォースMH-53、同M-53。


クリックすると元のサイズで表示します


フカセ竿は3本。
がま磯アテンダーU25-50、マスターモデル口太T-53、F-53。


クリックすると元のサイズで表示します


アジングロッドは、ヌーボコルト・プロトタイプ 542UL-HS。


クリックすると元のサイズで表示します


ざっと見た限り、どれもガイドの傷やさびなどの異常は無かった。
同じようなロッドが何本もあるのは、万が一破損した場合の予備のため。
今のところ特に欲しいロッドもないので、今シーズンもこのラインナップでいく予定。


続いてリール。
昨シーズン最も使用頻度が高かったのは、ショアジギング用に使っているSW6000HG。
オフシーズンの間にオーバーホールに出すつもりだったが忘れてしまった(汗)。


クリックすると元のサイズで表示します


SW4000XGもお気に入り。


クリックすると元のサイズで表示します


ノーマルの4000XG。


クリックすると元のサイズで表示します


SW8000HGは当初ショアジギング用にと思って購入したものだが、あまりにも重いため、今では置き竿泳がせ釣り用(^^;)。


クリックすると元のサイズで表示します


レバーブレーキリールは、BBXレマーレP5000DHGと、BBXテクニウムMgC3000DXG。


クリックすると元のサイズで表示します


アジング用の1000SS。


クリックすると元のサイズで表示します


昨シーズンとの違いは、SW4000XGが1台増えたことくらいか。
もう何年もずっとこのラインナップだが、壊れないので仕方がない(笑)。
SW6000HGのスプールエッジに傷が見つかったので、コンパウンドできれいに磨き上げて補修しておいた。
ついでに、6000番スプール3個すべてのラインを交換。


クリックすると元のサイズで表示します


さて、出撃はいつ?

   

2017/3/22

 

最近、久しぶりに磯竿を振ってみて思ったこと。
この竿(2.5号)、多分めっちゃ強い。
ワラサクラスの青物でも十分獲れるんじゃないかな。


クリックすると元のサイズで表示します


でも、ナイロン4〜5号のラインじゃ強度も操作性も心許ないよね。
そう考えるといても立ってもいられなくなって、気がついたらレバーブレーキリールにPE2号を巻いていた(笑)。
ついでにハンドルノブもひと回り大きなものに交換してパワーアップ。


クリックすると元のサイズで表示します


結局私は、ただの阿呆な青物中毒者ってことですな。
あははは(笑)。

    


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ