2014/10/11

 

今回の釣行は、完全に判断ミスだった。

台風の影響によるウネリで釣りは厳しいだろうと勝手に思いこみ、餌代をケチって、ルアータックルだけを車に積んで出発。
この時点で、やる気は20%くらい。

いくつかのポイントを見て回ったが、波も風も、思ったほどではない。
あれれ?
場所によっては、全然大丈夫である。
しまった。しくじった。
これなら、カゴも泳がせも出来たよね(汗)。


夜明け間際に訪れた堤防では、B.サーフさんに遭遇。
堤防外向きで、いい調子でアジを釣っておられる。

そこで私も、アジングタックルで参戦。
内側を探ってみたものの、全く気配はない。
同じく内側に仕掛けを投入していたカゴ師のウキにも反応なし。
むむむむ。


ここでようやく、「やる気スイッチ」が入ったワタクシ(遅い!)。
朝マズメには、まだ間に合う。
急いで車に引き返し、かつて私がHGにしていた近くの港へ移動。
ケーソンが満員でも、内側の船道なら竿を出せると思っていたのだが・・・

その考えは甘かった。
まさかの「駐車場が満車」。
この釣り場・・・やっぱり終わっている。
朝まで堤防独占して釣りができた頃が懐かしい。


結局、アジングは諦めて、最後の悪あがき。
最初にチェックした地磯に引き返し、ショアジギタックル一式準備して突入した。
昨年秋の「長細い魚」よ、もう一度♪


クリックすると元のサイズで表示します


先客は、上物狙いのフカセ師が2名。
風裏の釣り座で、サラシの払い出しを探っている。
しばらく後方からウキの流れる様子を見て、コマセ筋に被らないキャスト&リトリーブコースを確認。
風表の岬の先端に釣り座を定める。

後から入る者は、先客の邪魔をしてはいけない。
これはどんな釣りでも同じ。
釣り場で先客に挨拶するのは、割り込ませてもらうためではなく、お互いの存在を知らせて、万が一の時に助け合うため。
山での挨拶と同じだ。
最近、挨拶の意味を勘違いした釣り人が増えているような気がして、少し心配である。


完全に日が昇るまでキャストを続けたが、青物の反応なし。
菜っ葉色に濁った潮がよくないのか、フカセ師の針にもフグフグフグ。
ベイトの気配は感じられない。

ん〜、なんか駄目だなこりゃ・・・とテンション急降下しているところへ、底物師が登場。
私の後ろに立ち、どこに投げようか思案している様子だったので、私はもう引き揚げますよと一言伝えて納竿。
はい。完膚なきまでの惨敗でございました(泣)。


クリックすると元のサイズで表示します

<本日の筋トレ修行タックル>
ロッド:ロッキーショア100/13
リール:SW6000HG
ライン:PE2.5号+フロロ10号



このままでは晩酌の肴がないので、例によって朝市散策。
家族の好物のサバの干物、イカの一夜干し、イカの塩辛を仕入れる。
最近、このパターンが増えているような・・・?
いやいや、気のせい気のせい(笑)。


その後は、本日のメインイベント、外房釣師会の秋のオフ会会場へ。
久しぶりに皆さんとお会いして、とても楽しい時間を過ごすことができた。

ちなみに今回一番のヒット企画は、門番さんの「回転寿司」。


クリックすると元のサイズで表示します


門番さんと奥さま御手製の煮卵や鯖寿司のほか、B.サーフさん御手製のローストビーフや、朝釣れたばかりの新鮮なウルメイワシなど、豪華なネタがぐるぐる♪
前回の「流しそうめん」に続くサプライズ企画に、参加者全員大喜び。
次回は何を「回して」頂けるのか、とても楽しみだ(笑)。


参加された皆様、美味しい料理の数々、有難うございました。
門番さん、ケン坊さん、素敵なお土産有難うございました。
空っぽだったクーラーボックスが、ずしりと重くなりました。
今回残念ながら参加できなかった皆様、次回お会いできることを楽しみにしております。

お疲れ様でした♪


    
タグ: 釣り

2013/4/20

 

久しぶりに美味しいイカを食べたくなった。
前回の釣行で、いい感じの藻場をいくつか見つけたので、エギングで狙ってみることにした。

午前2時、外房某港に到着し、まずはナイトエギング。
泳がせの活餌がしばしばアオリにイタズラされる岩礁絡みの航路やテトラ回りを順次探ってみる。

しかし、1時間ほどやってみたが、何の反応もない。
集中力が続かず、私のテンションは急降下。
アタリがないから集中力が途切れるのか、集中していないからアタリを引き出せないのか、どちらが先かは分からないが(多分、後者だろう)、いずれにしても楽しくない。
深追いはやめて何か釣れる釣りをしようと、車に戻ってアジングタックルにチェンジした。
(諦め早過ぎっ!)

ポイントを移動し、フカセアジならテッパンの「テトラ際」をタイトに探ってみる。
すると、一投目から、体高のある良型がヒット。
23cm位。
よしよし、アジ居るじゃん♪
このパターンで釣れるってことは、そろそろ南房磯の大アジも開幕かな?

少し離れた常夜灯下にも数名のアジンガーの姿が見えるが、ロッドが曲がっている様子はない。
「アジ=常夜灯下」という刷り込みが一部のアジンガーの間にあるようだが、アジのポイントは基本的には「回遊路」であって、必ずしも灯りがあればよいというものでもない。

その後もぽつぽつとヒットが続き、22〜25cmを6匹キープ。

クリックすると元のサイズで表示します


どれも、この時期ならではの抱卵したグラマラスな固体。
これから梅雨入りの頃にかけて、外房のアジはどんどん型が良くなり、尺オーバーが出る確率も高くなる。
食味の方は、卵や白子に栄養が取られて保証の限りではないが、型を狙うならチャンスである。

東の空が明るくなり始めたところでアジの部を終了。
別の港に移動して、エギングを再開。

クリックすると元のサイズで表示します


結果は・・・・
秋の新子サイズのマイクロアオリがサイトで一匹(汗)。
(もちろんリリース)

クリックすると元のサイズで表示します


以前、キロオーバー連発の実績のある港のテトラのポイントも、北東風によるウネリでガチャガチャ。
こりゃダメだ(汗)。

さらに、時折冷たい小雨がぱらつき始め、気温の低下とともに、私のテンションも一気に最低レベルに。
今日のところはこの辺で引き揚げますか・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


・・・というわけで、今回は色んな意味でお寒い釣行だった(泣)。
今夜はアジの刺身で反省会。

 
タグ: 釣り

2011/9/10

ショアブラウン爆  釣行記:C守谷〜興津
 

さて、2週間ぶりの釣行である。
どこで何を狙おうかいろいろと迷ったが、いい具合に海が凪いでいるようなので、前回に引き続き南房でイサキを狙ってみることにした。

いつもの釣り餌屋さんでコマセと付けエサを仕入れ、前回イサキが釣れた地磯へ向かう。
ポイントを一望できる道路脇に車を停めて、まずは先客の有無をチェック。
誰か居たらそのまま通り過ぎようと思っていたのだが、幸いなことに全く人影は無い。
よっしゃ!いただき♪
駐車スペースで荷物を降ろし、ウエーダーに履き替え、背負子を担いでテクテク、ジャブジャブとポイントまで歩く。

時刻は午前2時半。
ちょうど満潮の時刻だが、潮はどんどん流れている。
なかなかいい感じだ。
月明かりに照らされた目の前の潮目を狙って、いつものカゴフカセ仕掛けを投入する。

釣り始めて最初のアタリは、ハタンポ。
キープ対象外の外道だが、これはいい外道である。
ハタンポが釣れる潮はいい潮だ。今日は釣れそうな気がする。

そして、予感は的中!
本日2回目のアタリで、いきなり30cm級の本命イサキをゲット♪
まだうっすらと縦縞の残るチビスケだが、貴重な本命。
すぐに活き締め処理をして、クーラーボックスへ大切に格納した。

二匹目を狙って同じ潮目に集中的に仕掛けを打ち返していると、すぐに次のアタリ。
ゴン、ゴゴゴンッという明らかにそれと分かる引きの主は、予想通り、陸っぱりレギュラーサイズの35cm級。
きれいに縦縞の消えた成魚イサキ。
これもすぐに活き締めをしてクーラーボックスに格納。

今夜は魚の活性が高いと判断し、仕掛けのタナを思い切って1ヒロ程度(ウキから針まで)に上げて流してみると、すぐに3匹目。
今度は40cm級の良型だ!

クリックすると元のサイズで表示します


予想外のあっけない展開に、嬉しさ半分、困惑半分の私。
釣り始めてまだ1時間くらいだ。
夜明けまでまだまだ時間はあるし、このまま釣り続けたらいったいどうなってしまうのだろう?

・・・しかし、その心配は杞憂だった。
その後、イサキのアタリは途絶え、かわって南房レギュラーサイズのメジナが連発。

クリックすると元のサイズで表示します
35cmくらい

コマセに寄った体の大きなメジナの群れが、イサキを圧倒しているのだろう。
う〜ん、参ったな。
現在、わが家ではお持ち帰りNGだしな(美味しい魚なんだけど)・・・・・

二匹ほどリリースしたところで、ふと思いついて外房某所に出撃しているはずのBサーフさんにメール。
「メジナ要りませんか♪」
要る!とのお返事だったので、最後に釣れた一匹をキープして、小休止。

コマセに寄ってきた魚なら、コマセの投入をやめればじきに散っていくはずだ。
乾いた磯に腰をおろし、持参した菓子パンと飲み物で小腹を満たしながらポイントを休ませる。
このような「調整」ができるのもマイナーな無人磯のいいところだ。
周囲に他の釣り人が居る人気ポイントでは、私一人だけの判断でポイントを休ませるということはできない。
餌取りが寄ろうがお構いなしにコマセの投入は続き、しまいには辺り一帯フグだらけになってしまう。
いわゆる「フグ風呂」は、自然現象ではなく人災である。

綺麗に晴れた夜空には、まるでプラネタリウムのような満天の星。
一瞬、流れ星も見えて、なんだか得した気分になった。


30分ほど休憩したところで釣りを再開。
夜明けまで残り時間は僅か。気合いを入れてラストスパートだ。

捨てコマセを3発、ポイントの下流にまとめて打ち込んで潮下の外道を遠ざけた後、少なめのコマセを詰めた仕掛けをポイントの潮上にソフトに投入。
竿先で軽くカゴを揺らしてコマセを振り出し、そのまま潮に乗せてポイントに流し入れてやる。
すると、思った通りメジナの姿は消えていて、すぐに本命イサキを2匹追加。
よし!正解♪


夜明けとともにアタリも途絶え、本日の釣りは終了。
思いがけない好釣果で素直に嬉しい反面、今シーズンの釣り運を使い果たしてしまったような気がしてなんだか複雑な気分である(汗)。
満タンの小型クーラーボックスで重くなった背負子をどっこらしょと担いで釣り場を後にした。

ちなみに、朝まで釣りをして出会った釣り人は、磯シーバス狙いのルアーマンただ一人。
やっぱり、狙うならみんなが避ける不人気ポイントだ(爆)。


クリックすると元のサイズで表示します
本日のキープ分 イサキ×5 メジナ×1

クリックすると元のサイズで表示します
また来るぜっ!


その後は、道の駅のパーキングで少し休憩。

クリックすると元のサイズで表示します


20分ほど仮眠をとった後、門番さん、キャロルさんが「部活」中の外房某港へ移動。
駐車場に着いたところで、ちょうどBサーフさんも到着。
今朝の釣果を皆さんにお裾分けして、門番さん、キャロルさんからアジの状況を伺う。
ふむふむ、メモメモ。

ショゴは居ないかと少しルアーを投げてみたが、気配なし。
皆さんと別れて大きな港へ移動してみると、豆アジの泳がせでショゴを狙っている地元師が多数。
状況を聞いてみたが、今朝はあまり良くなかったらしい。

そういえば、今年はまだ一匹もショゴを釣っていない。
まじめに狙っていなかったんだから当然と言えば当然だが、ちょっと悔しい。

次回以降の作戦をぼんやりと考えながら、大多喜の道の駅で名物のソフトクリームを食べた。

クリックすると元のサイズで表示します

うん。美味しい♪


 
タグ: 釣り

2010/12/18

わくわくクッキング♪  釣行記:C守谷〜興津
 
金曜日の午後のこと。
気乗りしない仕事を控え、気分がブルーになっている管理人のもとに、一通の迷惑メールが届いた。

「○○で尺アジ釣れました♪ mobara」

げげ、もう釣りしてる。
管理人もすぐに駆けつけたいところだけれど、あいにく今日の仕事はどうしても外せない。
悶々としているところへ、すぐに第二報が。

「尺アジ2匹目♪」

mobaraさん、実況中継するつもりらしい(笑)。

仕事の方はといえば、案の定いや〜な展開。
がっくりうなだれて帰宅したところへ、mobaraさんからの総括メール。
Bサーフさんも加わって、夕まずめは尺アジ乱獲祭りだったとか。

「ちくしょう、俺も行く〜っ!」

さっそくタックルの準備をして車に積み込み、外房へGO!


やってきたのは、mobaraさん達が居るポイントから少し離れた別の港。
理由は・・・・「すいてるから」。
mobaraさん達のポイントは地元師、常連師入り乱れてかなり賑わっているらしく、そんなところに管理人がのこのこ出かけていったらますます混雑に拍車をかけてしまう。
ひとり無人の堤防に入り、船道のベストポイントをキープして釣り開始。
この釣場ぜーんぶ独り占めだ(笑)。

すると、一投目からアジがダブルでヒット!
うわ、ここもアジ祭りだ!
でも・・・サイズが小さい。
釣れるのは18〜20cmの小アジサイズ。
どうやらエリアによって異なるサイズの群れが着いているらしく、このポイントには残念ながら尺アジの気配はない(泣)。

そうと判ればさっさと方針転換。
中途半端に大きいアジは都度リリースし、ポンプを投入したバッカンの中に18cm前後の「型揃い(笑)」のアジをキープしていく。
20匹ほどキープしたところで、「泳がせ釣り」を開始。
デンケミ付きの大型浮きを背負ったアジ君を、堤防周りで泳がせる。

暗いうちは特にアタリはなかったが、東の空が明るくなり始めた頃になって、本日最初のアタリ。
ズボッと沈んだデンケミの明かりが、海中を右へ左へと走り回る。
これはヒラヒラでもサメでもない。スズキか?
ゆっくりとアワセをいれて、竿の弾力を使って一気に水面まで浮かせる。
姿を現したのは、予想通り、目測60cm程度のスズキ(東京湾奥方面ではシーバスともいうw)。
よっしゃ、お土産GET♪
 
クリックすると元のサイズで表示します


そしてその直後、すぐに二匹目のスズキがヒット!
先程の魚よりも遥かに重い引きで、海面に見せたその姿は目測70cmオーバーのナイスサイズ。
おお、いいんじゃないの♪
背後に置いていたタモの柄を取ろうと左手をリールのハンドルから離し、後ろを振り向いたそのとき・・・・・
まるでこちらの動きを見透かしていたかのような突然の突進。
片手だけでは受け止めきれず、足元のテトラにラインを巻かれてジ・エンド。
あららら〜、やっちまった。

その後、日が昇ってからは全くアタリなし。
残念ながら本命の気配もなかった。
釣り座を洗い流し、生き残ったアジ君達をリリースして堤防を後にした。

クリックすると元のサイズで表示します


その後、場所移動して外房釣師会のプチオフ忘年会に参加。
尺混じりの良型アジで満杯のクーラーボックスを見せつけるBサーフさんやmobaraさんに、管理人はヒレピンのきれいなスズキを見せびらかして対抗。(子供か!(笑))
お久しぶりのすぎさんにもお目にかかれて、楽しい時間をすごすことができた。

そして、レイコママさん(渡り鳥さんの美しすぎる奥様)から教えていただいたとっておきのスズキ料理レシピ♪
さっそく管理人も挑戦してみた。


<手順>
1.スズキを3枚におろし、適当な大きさに切り分ける。焼いたときに身が反らないよう、皮に切り目を入れておくのを忘れずに。

2.スズキの身に軽く塩を振り、小麦粉をまぶす。

3.フライパンにたっぷりのオリーブオイルをひき、スズキの身を、皮を下にして、こんがり香ばしく焼き目が付くように焼く。

4.適当なところでひっくり返したら火力を弱め、上蓋をして、身が固くなりすぎないよう今度はじっくり蒸し上げるように火を通す。

5.焼き上がる直前にドライハーブを加えて、さらにひと蒸し。あまり早いタイミングで加えても香りが全部飛んでしまう。

6.焼きあがったら皿に盛り、ざく切りトマトと市販のイタリアンドレッシングを和えたものをたっぷりとトッピング。

7.最後に、わが家の庭に自生している(笑)イタリアンパセリの葉を添えて。



じゃじゃーん、出来ました♪
スズキのイタリアン・ソテー。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、お味のほうは・・・

う、美味いっ!

ワタクシ、やればできる子です(笑)。
お好みにより、ガーリックを少々加えてもいいかも。

スズキの身に臭みが全くないのは、釣り上げた直後に活き締めして、しっかりと血抜きをしておいたから。
釣ったスズキをキープするときはぜひ励行しませう。

※レイコママさん、有難うございました。


晩酌は、皆さんおススメの焼酎で。

クリックすると元のサイズで表示します

ついつい調子に乗って、家飲みで二日酔い(笑)。  

  
タグ: 釣り

2010/6/13

無かったことにしました  釣行記:C守谷〜興津
 
土曜出勤明けの日曜日。
体は疲れているはずなのに、どういうわけか朝早く目が覚めてしまう。
う〜ん、どうしようかな。明日からすぐに仕事だしな。
でも、今度いつ釣りに行けるか判らないしな・・・。
新しいエギのテストもしたいしな・・・。

ええい、行っちゃえ!


というわけで、やってきました外房某港。
時刻はすでに午前7時。
夜釣りのアジ釣り師さん達が引き上げた後で、堤防にはだ〜れも居ない。
労せずして先端のベストポジションをキープ。
 
クリックすると元のサイズで表示します


しばらくの間、エギを投げ続けるも、全く反応なし。
あれえ〜、おかしいな。
昨シーズンはあんなに釣れていたのに。
大潮の下げで、いい感じに潮も効いているのに・・・。

ちくしょうっ!
釣れない釣りなんて、釣りじゃないやいっ!



あいにく私はそんなに暇じゃない。
トホホなエギを諦め、カマスでも釣れないかとスキンサビキにナスオモリをセットして投げてみたら、時合いはずれの小アジが釣れた。

クリックすると元のサイズで表示します


リリースしながらしばらく遊んでもらったが、サイズが小さくてすぐに飽きてしまい、今日のところはこれ以上の深追いはせず引き上げることに。

駐車場に戻る途中、港の奥の船溜まりに迷い込んだ背黒イワシの大群を発見し、サビキを落としてみたら鈴なりの入れ食い。
丸干し用に適量キープした。(画像はありません。)

今回は、なんだかとっても中途半端な釣行で、正直あまり気分がよくない。
やっぱり、きちんと計画を立てて、作戦を練って、気合を入れて臨まなくっちゃね。

反省・・・。

  
<今回テストしたエギ>
クリックすると元のサイズで表示します
ハリミツの「墨族」。
軽快なダートがいい感じでした♪

 
タグ: 釣り


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ