部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
水泳を通じて  

お疲れ様です。
4年の前原聡太です。野田ちゃん、はやくもお帰りなさい!!スキーは必ず行きます。はやく計画立てましょう!!!

さて、ついに最後のブログです。関カレ最終日、シメコン、水友と、皆さんに自分の思いをお伝えする場面が多いのだ、正直書くことが思いつきません。なんだろう。難しいなぁ、、、毎年タイトルが「私が水泳を続けた理由」だったと思いますが、それはただ単に

"僕が水泳を好きだったから"

に限ると思うので、「水泳を通じて感じたこと」についてつらつら書いていきます。

まず、今の自分の人格は中学高校で形成されたと言っても過言ではありません。
その重要な成長期に、
「アンテナを高くして生活しろ」
「努力のものさしを長くしろ」
「今の自分にできることを考える」
「きつくなってからが勝負」
「水泳ができる環境、まずは親に感謝を」

などなど、自分にとって今や大切な価値観となっいるこれらのことを教えてくださった水泳部顧問の吉川先生、高橋先生には感謝しかありません。本当に恵まれた環境で水泳を全力でできていたと思います。

小学校のころはたらたら水泳を続けてただけだったので、しっかり水泳と向き合い始めたのは、中学からですね。

中高では、
副部長を担い、部長のことをどうやって支えようか割と悩みました。

(中略)

結果的に行いが良かったかどうかは評価できないけれど、引退の時に、中学部長、高校部長どちらにも感謝されて、すごい嬉しかったなぁ〜〜!!


大学水泳部をやって、

(中略)

最終的には、水泳の面白さをもっと知れたし、監督やコーチのいないスポーツ組織を動かすことの難しさを少しは学べたと思います。朝練大変だったなぁ〜笑

だらだら書いてしまいましたが、水泳について印象的なのはこんなところです。

きつかった記憶がたくさんあるし、そもそもめちゃくちゃ速くはならなかったし、おれの水泳人生対したことね〜って結構思うんですけど、自分はそれはそれでいいかなって思ってます。自分の過去を振り返ると、絶対に水泳がでてくるし、水泳を通じて関わった大切な人がたくさんでてくるし、、、、自分にとって水泳ってほんとに近い存在なんだなって思います。

それにひきかえ、色々学べたこともたくさんありました。中学高校大学、同じスポーツをしていたのに、それぞれで学んだこと感じたことは全然違います。ふしぎですね。

最後に、「前原的、僕が大学でよく言ってしまった残念言葉ランキング」を載せておきます。
5位 「卍」
後輩を失笑させてしまうほどの破壊力であったことを覚えています。

4位 「いいじゃん」
なぜか同期にたくさんモノマネされたの覚えてます。

3位 「説ある」
これは途中からみんなの標準語になってったと思います。便利ですよね。これ。

2位 「一口ちょうだい」
高校からのクセです、、、たくさんの一口ありがとうございました!!途中から軽くあだ名が乞食になってたのやばかったですね笑

1位 「神!!!」
堂々の一位です。毎日乱用してますが、ゼミの友達に「神って何?」って聞かれて泣きそうになったことがあります。みんなこんな語彙力ない人間と仲良くしてくれてありがとう。

くだらないランキング加え、最後に、水泳人生を通して、僕の腹筋が完全に割れることはありませんでした。あれ、?浮いてる、、? Is this Hukkin?くらいでした。本当にすいません。期待させてすいませんでした。

そして、この一橋水泳部での活動を通して多大なるご支援をしてくださったOB・OGの先輩方、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございます。僕もOBとしてこの部活を応援していきたいと思います。

次は間明田に回します。まみょ卍。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ