部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
2007/7/4  (無題)  

どうもこんにちは。
4年になって無事に帰れる飲み会を経験していないやなぎさわです3年まではいつも世話役だったはずなのに…何だか部がかわってきてて怖いです
夏季のコンパはといいますと・・・

かなりの疲労序盤からの松田の攻撃ハットトリック誰と飲んだかわかんないウイスキー一気死にかけてる時のじゅんじゅん(ていうかあつし)の攻撃etc.により、相当早いうちに潰れてたと思います。
お世話になりました。
潰れると面倒なんで飲まさないでください。

リアルに締めコン、卒コンが怖いです。
リアルに内定取り消されちゃいます
お酒は怖いものです。

そう、あたしはお酒がほしかったんじゃなくってから揚げが食べたかったんですっ!!大会の時は炭水化物ばかり食べてたから、無性にそういうものが食べたかったんです。
その結果が、ひたすら「から揚げがたーべーたーいー!!」って叫ぶ行動につながったかと・・・
痛すぎです。
特別おいしいわけじゃない普通のから揚げなのに・・・。
しかもせっかく3つくらい食べた覚えはあるのに消化はされず・・・
もう、後悔しどおしです。


あ、肝心の大会ですね。
わたしは中学のときの生涯ベストを200で3秒、400で2秒更新しました。大学のベストでいったらかなりです。カンカレ、全国公まで現役続行です。
それはいろいろ苦しみました。体重も減量しましたよ。あ、気づいてない?これでも減ったんですおかげで5,6月はゼミ以外たぶん学校ほっとんど行ってないし

何してたかもし興味がある人は個別に聞いてください。
みんなわたしなんかより速い人ばかりなので、自分から何か教えるなんてできません。
あとはおとなしく練習します。4年ですしね、女子ですしね。

といいつつ、昨日の朝練ではついつい時間について厳しく言ってしまいました。
が、時間とか挨拶とか、どんだけ楽しくてもいいけどそういうのは必ずしっかりしなければならないことです。最近こういうグダグダが多いのでは?

あ、また言ってしまいましたね
ま、これから部を作るのは下級生たちなので、どういう部にするのかは任せます。卒業して何年たっても関わっていたい、応援していたい、と思える部にしてください。頑張って


じゃあ次は、売れ残り4年女シリーズ(っていっても2人だけだけど、笑)美和にお願いしまーす
0

2007/7/2  夏季公認  

夏季公認前には、神野のブログは見れませんでした(笑)

今回の大会は、てっぺい、俊介、柳澤、今井、泰平、筒井などなど(いっぱいいすぎて書き忘れてる人がいたらすみません)目標とするタイムを切った人が多くいました

自分も体調は絶好調で、3レースともに大幅にベストを更新はしたものの...最後のターンをミスってしまい関カレ標準には残念ながら届きませんでした

結果にこだわって、この2ヶ月間、福本コーチのもと昨日のレースのために必死にやってきたので正直かなり悔しいです。ラップを見ても出せないタイムじゃなかったし

でも切れなかったことで学んだことも多くありました

でもそれはここでは内緒です(笑)
締めコンや納会の時にでもお話します

2コメを終えた瞬間に、プールに礼をして、もう泳ぐの辞めようかとも思いましたが

もう少し続けようと思います

このままじゃ悔しいです

関カレには出れませんが、どこかで関カレ標準は切りたいです

で、思ったんですけど、いいリベンジの機会がありました

2008年3月冬季公認記録会@相模原

バカじゃないのと思われるかもしれませんが

2ヶ月足らずで10秒以上伸びるのならば、まだまだ続ける価値はあるはず

最後まで初心者の強みを生かして、今回学んだことをバネにして、泳ぎ続けたいと思います

引退が早まるどころか伸びちゃいました

卒業単位の取得も冬までかかりそうなので、その意味でもちょうどいいですね(笑)

では次は、昨日全国公&関カレ標準を切り、打ち上げで「から揚げ!!」と騒ぎながら潰れていったやーさんお願いします!



0

2007/7/1  目標  

夏季公認当日深夜にこのブログがふられていることに気づきました。現在深夜4時です(笑)しかも、内容が応援メッセージって言う…。

果たして、試合前にどのくらいの人がこのブログを見れることやら。

その前に、夏季公認に出られないことのお詫びを。なぜか、さかのぼること10日ほど前に、急な都合の変更で試合に出られなくなりました。直前で本当に申し訳ないです。

そして代わりに、英語でスピーチをしなければならなくなったっていう…。しかも内容暗記で。今日は徹夜で望みます。

とまあ、個人的な話はおいといて、夏季公認の話ですよね。ここまできたら、自分を信じるだけです。ありきたりですが。

あと、目標を達成できるかどうかは、「自分がどれだけその目標を達成したいか」という気持ちに依存するものだということを最後まで忘れてはいけません。

最後の25mもしくは50mで苦しくなった時、思い出してください。これまでの苦しかった練習、そしてどれだけ自分が目標を達成したいか、ということを。

そして、苦しさを気持ちが上回った時、初めて自分の満足のいく結果が生み出されるのではないか、と思います。スラムダンクのゴリのように、精神が肉体を凌駕するのです。

行かないくせに、なんて偉そうなことを書くやつなんですかね。

とにかく、みなさん心から応援しています。特に4年生、今シーズン最後の短水のレースということで、気合も十分だと思います。がんばって下さい!!

というわけで、次は、試合の結果報告を我らが教授、斉藤大さんお願いします。






0




AutoPage最新お知らせ