部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
2009/6/29  遅くなりました。。。  水球


こんにちは、水球の松田です。今や隠れキャラ的な存在となりました(笑)

遅くなって誠に申し訳ないんですが、土曜の水球の試合をメインに書きたいと思います(;一_一)

さて、先日半田が書いたとおり、土曜日には僕らの大学生活最後の学生リーグの試合がありました。
金曜日のとんでもない朝に半田からブログ引き継ぎのメールを受け目覚めた時は、その日にかいてしまおうか、終わってから振り返ってみようか考えました。まだ1試合あるのに、今書き始めて思い出的な感じにするにはちと早い、ということで試合が終わってから書くことにしました。(その結果、土曜の夜と日曜にいろいろありこんなに遅れましたw)

わざわざ慶應まで足を運んでくれた皆さん、最終試合はどうだったでしょうか??

今年は2、3回見に来てくれた部員が多かったので、僕らと同じような気持を持った人が多かったんじゃないかな、と個人的には思っています。今やほぼ初心者寄せ集めのチームですが、1ヶ月で結構変わるものですよね。去年は最終試合がもうちょっと先だったので、準備もかなりできたわけですが、今年は1か月以内で全試合消化ということで、もうちょっとあれば…と思うところもありましたね。


対防衛大戦に関してはちょっとした思い出があったので、土曜の試合前日はそれを思い出しながら就寝しました。



続きを読む
4

2009/6/26  公式試合の最終戦を前に  水球

こんにちは、四年の半田です。
バトンを受けてからの更新が遅いのは最後まで変わりませんでした

競泳に関しては同期がいろいろ語ってくれていたので、水球について語りたいと思います。(流れを切ることになりますが、ご容赦ください)

5月下旬から始まった「関東学生リーグ」も、いよいよ明日で最終戦となります。
(今年はメンバーが集まらず、一橋単独ではなく、連合チームでの出場となりました)
現在、ふがいないことですが、私たちのチームは5戦全敗という戦績です。
特に、対学習院戦では、終了間際の自分のミスで、勝てる試合を落としてしまったのが悔しく、チームに申し訳ないと思っています。
現在の心境を一言で言いますと、こうなります。

このままで終わってなるものか

確かに、水球チームは一つ上の先輩方が抜けたことで、弱体化はしました。しかし、昨年の十月以来、自分について来てくれた同期や後輩のことを考えると、二年連続全敗なんて結果は残したくないし、何より「自分が弱いと思われたくない」という気持ちです。

最終戦の相手は、前回コールド負けを喫した防衛大学校です。実力差はかなりあり、勝つのは至難と言っていいと思います。
それでも、事前に立てた作戦を忠実に実行してくれれば、少しでも勝ち目が出てくる、と期待しています。

応援しに来てくれた今井先輩、毎試合監督に来てくださった辻井先輩、並びに全員で応援に来てくれた現役の競泳メンバーには、とても感謝しています。
本当にありがとうございました。

そんでは次にまわしたいと思います。同期の松田勇太氏、試合前でも試合後でも、思いのたけをぶちまけて下さい。
8

2009/6/21  東部国公二日目  大会

こんばんは、4年マネージャーの増田です

東部国公2日目終了しました。

全国公の団体出場権が獲得できる4位以内を目指して、私たちは頑張ってきました。

結果は・・・

4位の埼玉大学に14点及ばず、5位でした


個人では、100m自由形で
田中が52”87で1位
小佐見が53”26で2位になりました!
二人とも、2006年の本学OBの松下さんの記録53”43を上回り、大会新になりました!!!

二人のこの記録は、すごいです。
部員皆で喜びました。

しかし、チームの結果に関しては、「申し訳ない」というしかありません。

何から話し始めたらいいんだろう・・・

私が最高学年になって迎える初めての大きな大会でした。

東部国公に向けて、一橋水泳部みんなの士気を高め、団結して試合に挑む。さらに目標達成させることが私たち最高学年の使命でした。

実際に、後輩はしっかりと応えてくれて、とてもうれしかったです。

はじめは「どういう試合なの?」と思っていたでしょう1年生までも、本番に向けて気合を入れていました。
自分のレースだけでなく、応援も力強かったです。
他の学年もそうでした。

しかし、結果は、はっきり言ってしまえば、惨敗です。

後輩たちには「部の為にできることを精一杯がんばれ!」と言ってきましたが、そのがんばりにそぐわない結果になってしまいました。

今シーズン幸先の良いスタートを切られなかったこと、
「皆で目標を達成するってこんなに楽しくて嬉しいことなんだ」ということ伝えられなかったことに、
非常に心苦しさを感じています。

4年生が「ついて来い!」と言っていても、目標達成できなかったこと、ごめんなさい。

私はマネージャーですが、自分が出場した・しないに関わらずに、悔しいし、申し訳ないって思います。

いつも応援してくださっているOB・OGさんに対してもそうですし、練習の場を提供してくださっているメガロスにだってそうです。

確かに、応援の時の結束は、かつてない程にすごく良かったです。
しかし、それで「良い大会だったね」ではないと私は思います。

昨日・今日と、たくさんのOB・OGさんが応援に来てくださいました。
遠方からわざわざ来てくださった先輩もいます。

私たちはその期待に応えることができませんでした。

これまで続いていた全国公の団体出場権獲得を途絶えさせてしまいました。

今日応援に来てくださった松下さんが以前おっしゃってました。

「結果しか見えないんだ」  って。

その通りなんです。

私たちは、それぞれレースや応援を頑張った達成感があるかもしれませんが、
こういう外へ発信するものになると、結局、結果で判断されることになります。

「そうか・・・だめだったか」  って。

悔しくないですか?!
私たちこの2日間だけでなく今まで頑張ってきたのに、「だめだった。残念」って評価をされるんですよ?

3年前の東部では優勝しました。

「でも今年の一橋は強くなかった」
とか言われちゃうんですよ?!


大学名を背負ってるんです。
これまでの先輩方の努力の跡を背負ってるんです。



突然個人的な話になりますが、
私は、1〜3年生まで、上級生の先輩やOB・OGのみなさんにとってもお世話になりました。
このお世話になった感謝の気持ちを、しっかり結果で示して、恩返ししたいです。

同期や後輩の皆にもいつも励まされています。

感謝の気持ちをいつも持って、私が作り出せる最高のものを残して引退していきたいです。

4年生は最高学年として後輩の手本となるべく、自分の言動において自覚をしっかり持ち、態度で示していかなくてはなりません。
頼れる学年になることが求められています。

大学の水泳部って、たくさんの方の支えのもと運営されているんですよね!


あえて今回こういう内容を書かせていただきました。
私にとっては、自分のラストシーズンにおいて、意味のある重要な大会でした。

わざわざ会場まで見に来てくださった先輩方、いつも応援してくださっているOB・OGの皆様、ありがとうございました!

今シーズン、まだまだ大会は続きます!!!

特に8月3〜5日には、関カレが控えています!!!!!

今度こそ、勝ちましょう

その為にはまず、来週の夏季公認がんばらないとね☆

マネージャーもどんどん新しいアクション起こしていきましょう☆

長々と失礼しました。

4年生の引退まであと2カ月半です! 結果残しましょう♪

次は同期の半田氏に回します!よろしく
18

2009/6/20  東部国公1日目  大会

4年の大塚です。

シーズンで最も白熱する大会の1つである東部国公立選手権。1日目が終了しました。

まずは1日目の結果を報告させていただきます。
詳細は以下の通り。




50mFr 加藤 5位入賞

200mFr 田中 優勝

200Ba 小佐見 7位入賞

400FR (小佐見・加藤・横田・田中) 2位




加藤予選からベストを叩き出し
決勝では予想を上回る好順位でゴール
200Frの主将田中はまさに宣言通り!!
見事2年連続優勝を果たしました。
ハイレベルな争いとなったBaでは
好タイムながら苦戦を強いられた小佐見
リレーで4年の貫禄を見せつけました。
3泳の横田も1年生ながらベストを更新!!
先輩に負けない泳ぎを見せてくれました

それから
初レースだった選手のレース
ベストを大幅に更新した選手のレースなど
残念ながらここにはすべて書ききれませんが、
1人1人が「勝負」にこだわったレースを展開
部の雰囲気を盛り上げてくれました!!

選手のみならず
タイム、得点、全体を管理・サポートするマネージャー
選手の体調を補佐するストレッチ部隊
初日にしてすでに声が枯れるほど
予選から声を張り上げた応援部隊


今日、わたしたちは
それぞれの使命をしっかり果たすことで
1つのチームとなり
その威力を発揮してきました


総合では現在6位
団体権獲得の4位と7点差

まだまだいけます!!
逆転します!!
昨日主将が部ログで綴っていました。
「東部で勝ちたい!っていう気持ちを全員から感じられるようになった。」
今日、その気持ちはoverheatしてました
改めて明日
全員で団体権を勝ち取りにいきます!



本日応援に駆けつけてくださった先輩、ありがとうございました!

みなさま2日目も応援のほど、よろしくおねがいします!!
23

2009/6/19  オレたちは強い  

主将の田中です。

いよいよ東部国公が明日に迫ってきました。

昨年の10月から9ヶ月間、この部活を主将という立場から見てきて思う。

みんな本当に強くなった。

泳力だけじゃない。気持ちの面でもチームワークでも強くなった。


そしてここにきて、その強さの上に

東部で勝ちたい!

っていう気持ちを全員から感じられるようになった。

本当にうれしい限り。


このチームでならできる。

2日間戦った後に、全員で喜び、讃えあっている姿が想像できる。

それはオレの中では確信に近い。



 津田塾や、マネージャーの人たちへ

明日からの2日間でオレたちが望む結果を出すためには

君たちのサポートが不可欠です。

選手が全力を出し切れるように、支えてください。よろしくお願いします。



 レースに出る選手たちへ

君たちの結果はそのままチームの勢いに変わります。

ベスト一つでチームの雰囲気は格段に良くなります。

今まで練習してきたことを信じて、不要な力を抜いて、

全力を出し切ること、これだけを考えてレースに臨んでください。



 リレーメンバーへ

君たちの仕事はただ一つ

津田やマネが支えてくれた土台の上から、

他の選手が作ってくれた波に乗り、

得点につなげることだけです。

決して自分ひとりで点を取りにいくわけではありません。

チームの総合力を証明しにいきましょう!





2日間戦う上で、不安になることがあるかもしれません。

そんなときは必ず思い出してください。

今まで練習してきたこと。
歯を食いしばってそれに耐えてきたこと。
自分を支えてくれる仲間がいること。
結果を喜んでくれる仲間がいること。
現役をサポートしてくれるOB・OGの方がいること。

うん。大丈夫でしょ?





そして、まずは結果を信じてみよう。



一橋が団体権を獲得する



これは不動の事実です。



なぜならば



オレたちは強い



ほら、間違いない。



さぁ、一橋の全力を見せてやりましょう!


23




AutoPage最新お知らせ