部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
2010/8/6  関カレ3日目  大会

こんばんは。4年大須賀です。
今日で3日間にわたる関カレが終了しました。

まずは3日目の主な結果報告から。
男子400m個人メドレー
木舩(2年) 4'57"96 4位
飯國(4年) 5'23"79 7位

男子100m背泳ぎ
帯刀(3年) 1'08"74 9位

男子100m自由形
横田(2年) 56"53 5位

男子100m平泳ぎ
大須賀(4年) 2'50"60 7位
森(2年) 2'51"48 8位
赤塚(2年) 2'57"56 9位

男子800mフリーリレー加藤・木舩・横田・堀江 8'35"56 8位

また、中村美生(4年)が女子100m背泳ぎにて見事一橋新記録を更新しました。

今日は前日の中で最も多くの部員が決勝にコマを進め、何としてでも3部残留を決めようと奮闘しました。

そして全部員がすべてを出し切った関カレの最終結果は
34点 8位
4部降格がほぼ確定してしまいました。

東部国公dの敗戦からもう負けるのは嫌だと部員全員が胸に誓ってこの一ヶ月間必死になって練習して臨んだこの関カレでしたが、結果としてまたも敗戦となってしまいました。
この関カレでは出場者の多くが4年を中心に自己ベストを更新し、大学初の決勝進出から得点を決めた部員も何人もいました。また水球チームからも水球主将帯刀が参加して見事得点を決めました。応援も途切れることもなく、チームが団結して3部残留を果たそうとしていました。しかし、結果は上記のとおり、4部への降格となってしまいました。これに悔しくてたまりません。

自分は今日は200m平泳ぎに出場し、うまく他校のエントリーの穴を突く形で大学初の決勝進出、さらに初得点を挙げることができました。
自分は一身上の都合で今日が引退試合でした。引退試合で、しかもひざを故障しているにもかかわらず、この結果を出せたことは引退レースとしては最高の結果であったと思えます実際に点を取ることでチームに直接貢献したと自分で実感できたことはとても素晴らしかったです。
しかし、4部降格が決まり自分の隣で涙を流す主将飯國を見たとき、自分のふがいなさへの悔しさ、3部以上を守ってきた先輩方への申し訳なさ、4部での戦いを強いることになってしまう後輩への申し訳なさが押し寄せてきました。

悔しい。これは全員が感じたと思います。涙が出るほど悔しい。4年のほとんどが感じました。悔しくて悔しくてどうしようもありません。

4部降格という結果。これは甘んじて受け入れなければいけないものだと思います。でも今までのこの関カレに向けた努力が無意味であったと自分は考えたくありません。自分はもう引退なので競技からは離れなければなりませんが、水泳部の今シーズンはまだまだ続きます。まだ戦いは残っています。三商大戦総合優勝が最後のチーム目標です。これは絶対に達成しなければいけません。競泳男子・女子、水球全員が主役になれる目標です。関カレでの悔しさをばねに絶対に達成してくれると引退してしまい、チームメイトを信じることしかできない自分は確信しています。

では、長くなりまとまりがあまりなく大変申し訳ないのですが、この辺で報告を終わりたいと思います。
次は自分と同じく今日大学になって初の決勝進出を決め、初得点を挙げた横田に回します。
8




AutoPage最新お知らせ