部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
2020/11/23  水泳部の朝は早い  

ご無沙汰しております。2年の藤田です。

愛ちゃんも言っていましたが、競泳の土曜日の練習が再開しました!
ようやく日常が戻りつつあることを実感しました。
また土曜日には4年生のかほさん、優さん、みくさんに来ていただきました。ありがとうございました。
いい刺激を受けて、ウィンターに向けた練習を頑張ろうと思います。

この週末は一橋祭の開催期間でした(土日月の3日間開催です)。水泳部としては例年焼きそばの屋台を出させて頂いているのですが、今年の一橋祭はオンラインでの開催とのことでかないませんでした。
しかし、オンラインのメリットとして各団体によるユニークな企画がお家にいながら楽しめちゃいます。まだ見てないよという方はご覧になってはいかがでしょうか。
https://ikkyosai.com/visitor/51/
僕も大会が終わり次第見たいです!

今日は水球面ではサンズイカップ参加、競泳面では朝練に取り組みます。どちらも朝早いですね…お互い今日は場所が違いますが、共に頑張りましょう!

次はあさひさんにブログをお願いします。
0

2020/11/21  vs課題  


おはようございます。2年のたくわです。
英輔からいろいろと書いてくれそうと言われてしまいました。笑
そうですか…では書きますね


いろいろ


あ、「いろいろ」と書くってそういうことではない…失礼しました。



さて、くだらない話は置いといて…
先週、ついに、、第3タームが終わりました。(拍手喝采)
もう拍手が鳴り止みません。
こんなに部屋にこもって課題と格闘した3ヶ月は初めてでした。
やってもやっても毎日何かしらの課題が追加されるので毎日エンドレス課題じごk…天国です。
非常に津田津田しい生活を送らせていただきました。


津田津田しいといえば、先々週放送された「アド街ック天国」はご覧になりましたか。
小平特集で、しっかり津田が紹介されていました。
「津田津田しい」についても説明がありましたが、果たして電波を使ってまで説明することなのかと笑ってしまいました。笑
一橋学園駅周辺の紹介もあっていつもプールに向かう方と反対側も散策してみたくなりました。
いつもは何も感じないけどテレビで紹介されると実はいいところなのかなあと思います。
余談ですが、先週の学生街の回も観ていたら本郷が出てきました。ちょうど東大水泳部が食事をしている様子が映っていたので録画がある方はぜひ観てみてください。笑


それでは、今から半年以上ぶりの全体練習に行ってきます。今週は平日の練習に辻原さん、みくさん、かほさんが来てくださって、また今日も4年生とお会いできそうなので楽しみです。
これからもたくさん来てください待ってます(キラキラ)笑


次は昨日のシフトが被ったのでだいきに回します。
部Tまとめてくれてありがとう!
0

2020/11/17  部活漬け  

律人からブログを回されました古島です。部活動が再開してから2ヶ月が過ぎ、水球では他校での練習が再開しました。競泳でも今週から土曜日の全体練が始まります。サンズイカップやウインターカップといった大会が近づいてきたのでしばらく部活漬けの日々が続きそうです。

新歓活動は落ち着いてきたのですが、先日の水球練後、新たに1年生の大谷くんが入部してくれました。春頃からzoom等で新歓に来てくれた子が入ってくれたので嬉しいです。土曜の競泳練に体験に来てくれる一年生もいるので是非入部して欲しいですね。

短いブログとなってしまったので、次はいろいろと書いてくれそうな愛ちゃんに回します。
0

2020/11/10  日本選手権すごい  

七森香さんにブログを回していただいた後藤です。
10月の末に水球の日本選手権が開催されたのですが、例年通りの現地での観戦ができなかったためYouTubeLiveで観戦しました。今大会の男子の出場チームは高校生の予選を勝ち抜いた大垣東高校、インカレ優勝準優勝校の日本体育大学と筑波大学、日本選手権予選トップ3の三建30CLUBと専修大学と早稲田大学、前年の日本選手権優勝準優勝チームのkingfisher74とブルボンKZの8チームでありました。結果は前年と同じくkingfisher74が優勝、ブルボンKZが準優勝という形で幕を閉じました。男子の試合は全て見たのですが、特に日本体育大学対ブルボンKZの試合が拮抗しており見応えを感じました。日本体育大学は泳力を利用したドライブ中心の攻撃、対してブルボンKZはフローターの志水選手を中心としたセットオフェンスが綺麗に展開されており、最終盤まで縺れる熱戦となっておりました。決勝点はブルボンKZ志水選手のチームで13点目となるディフェンスを2人背負いながらのシュートでそのまま両者に点が入らず12対13でブルボンKZの勝利という形で試合は幕を閉じました。この試合の観戦の中で、シンプルな攻撃ながらとても自分達では考えられないようなプレーが数々見られて幾度となく驚かされると共に水球へのモチベーションが過去最高に上がりました。コロナウイルス対策の観点から例年のように満足に練習できるわけではないですが、一回一回の練習でベストを尽くすことを目標に日々頑張っていこうと思います。
次は古島に回します。
0

2020/11/10  日本選手権すごい  

七森香さんにブログを回していただいた後藤です。
10月の末に水球の日本選手権が開催されたのですが、例年通りの現地での観戦ができなかったためYouTubeLiveで観戦しました。今大会の男子の出場チームは高校生の予選を勝ち抜いた大垣東高校、インカレ優勝準優勝校の日本体育大学と筑波大学、日本選手権予選トップ3の三建30CLUBと専修大学と早稲田大学、前年の日本選手権優勝準優勝チームのkingfisher74とブルボンKZの8チームでありました。結果は前年と同じくkingfisher74が優勝、ブルボンKZが準優勝という形で幕を閉じました。男子の試合は全て見たのですが、特に日本体育大学対ブルボンKZの試合が拮抗しており見応えを感じました。日本体育大学は泳力を利用したドライブ中心の攻撃、対してブルボンKZはフローターの志水選手を中心としたセットオフェンスが綺麗に展開されており、最終盤まで縺れる熱戦となっておりました。決勝点はブルボンKZ志水選手のチームで13点目となるディフェンスを2人背負いながらのシュートでそのまま両者に点が入らず12対13でブルボンKZの勝利という形で試合は幕を閉じました。この試合の観戦の中で、シンプルな攻撃ながらとても自分達では考えられないようなプレーが数々見られて幾度となく驚かされると共に水球へのモチベーションが過去最高に上がりました。コロナウイルス対策の観点から例年のように満足に練習できるわけではないですが、一回一回の練習でベストを尽くすことを目標に日々頑張っていこうと思います。
次は古島に回します。
0




AutoPage最新お知らせ