部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
2022/6/27  梅雨が明けました  

こんにちは。3年 マネージャの川東です。大谷くん、意気込みは私の背中を見て感じてください😁

ということで、早速ですが、梅雨が明けましたね。6月初め、学生リーグが始まるまでは寒すぎて早く夏が来て欲しいと思っていましたが、急に暑さがやってきて困惑しております。まだ7月にも入っていませんが、ゼミで”tan skin”と言われもうそんな時期かと思っております。

競泳も今週の金曜日から小平練が始まりますが、1年生のやる気がメラメラと感じられマネージャーとしても嬉しい限りです。マネージャーが一人で全員を手厚く見ることは難しいですが、ビデオを撮ったり、練習後の個別のタイム計測などできる最大限のことをしてサポートしていきたいと思います。選手のみなさんは、遠慮せず声かけてください😇

私ごとではありますが、目標としていた水球審判資格の取得を無事達成いたしました。水泳連盟の関係者の皆様、指導してくださった方、DSKの皆様、先輩方などたくさんの方に助けられました。本当に感謝しております。これからは、皆様のサポートに応えられるよう上級を目指し向上心を忘れず日々の練習に取り組みたいと思っております。

次は、競泳のエントリーの際に大変お世話になっている雄麻です。タイトスケジュールでのお願いにもかかわらず、嫌な顔一つせず大会の振り込みをしてくれる、縁の下の力持ちです。みなさん感謝しましょう!!
1

2022/6/23  新体制  

河合翼から回してもらいました。最近はまっている果物なんてありません。彼は何を言っているのでしょうか。
そんな話はさておきまずは競泳の話です!
競泳では夏季公認記録会が6/18に行われました。結果は以下のリンクからぜひ見ていってください
http://hitswim.atumari.net/result/2022/kaki%20result.pdf
この大会では2年佐藤,1年篠田,石部,石川の4人が10傑や5傑に名を連ねることになりました。
後輩の目覚ましい活躍に先輩としても負けてられません!
水球では学生リーグが終了し新体制に入りました。
学生リーグは悔しい結果に終わってしまいましたがこの悔しさを胸に引き続き努力していきたいと思います。
僕も課題ばかりですが一つ一つ改善し、来年の学生リーグでは今年よりもはるかに成熟したキーパーになれるよう精進してまいります。
また4年生が水球陣からは引退されました。
先輩方は僕が仮入部のときからとても暖かく迎えてくださり、最後の学生リーグまでずっと引っ張ってくださったため引退はとても悲しいです。それぞれに感謝していることがたくさんありますがこの場で書くことでもないので割愛します。
次のブログは新たにマネ長に就任された雅氏に回したいと思います。
きっと素晴らしい意気込みを書いてくれることでしょう。
0

2022/6/21  夏季公認記録会  

 お久しぶりです。3年の河合翼です。律人さんのブログを読んで、来季の学生リーグに向けて身が引き締まる思いです。先輩方の期待にこたえられるように、努力を続けていきたいと思います。

 さて、先週末には競泳の夏季公認記録会が横浜国際プールにて開催されました。代表クラスの選手もいる大きな大会だったので緊張感のあるいい雰囲気だったと思います。そしてなんと今回、3名の選手が10傑入りを果たしました!!そのうち2人は1年生ということで、今後のさらなる活躍に期待です!また、今まであまり取り組んでいなかった種目・距離に出場する選手も多く、多くの選手が見せ場を作った大会だったのではないでしょうか。そして競技役員で遅くまで残ってくれた2年生にも大感謝ですm(__)m
 僕自身は人生初となる長距離種目800mに出場し、何とか目標であった関カレ出場を決めることができました。レース前からペース配分を考えて、レース中もそれを修正しながら泳ぐことができたのでとても満足のいく内容でした。思いのほか楽しかったので、関カレだけで終わらずにまたチャレンジしてみようと思います!

さて、もう7月が近づいていますね。だんだんと僕たち三年生が部活動の中心になっていくなかで先輩たちに安心して引退していただけるよう、やるべきことはもちろん、部をよりよくできるように自らで考えて活動に取り組んでいきたいと思います。また、就活という言葉も本格的に聞こえ始めています。同期も忙しい中でいろいろとチャレンジしているようです。僕も総務省のインターンへの参加が決まりました。充実した夏を過ごせるように、今から努めてまいります。

それでは僕のブログはこの辺にして、次回は大谷基輝くんに回します。彼には最近ハマっている果物があるとかないとか...。聞いてみましょう。
0

2022/6/20  学生リーグ結果のご報告  

同期の藤田にブログ執筆を指名されました4年の後藤です。
先週末の学生リーグにおいて水球部門主将を退任し、3年篠原玄に引き継がせていただきました。彼もまた1年次から水球部門を引っ張ってきた男でありますため、彼を中心に私たちの代以上の結果を必ず出してくれると信じております。

私の代のお話に戻りますが、学生リーグの最終結果は8位という結果に終わりました。水友会報において3位以上の結果を収めると豪語したにもかかわらず、遠く及ばぬ結果に終わってしまったことは悔しいとともに日ごろから応援してくださるOB・OGの先輩方にも申し訳ない気持ちが募ります。
前述のように結果としては、誰一人として納得のいくものではないですが、部員個人個人のここまでの取り組みや思考といったものは何事にも代えがたいという自信があります。
現4年生の池邊・野村・藤田・湯浅・後藤は第一線から退きますが、ここで紡いだものを礎として3年生以下にはさらなる成長を願いたいと思います。

反省はここまでとして、以下では快勝を収めた最終戦である成城大学戦についての振り返りを記させていただきます。


結果は以下の通りとなります。
・6/12(下位リーグ2試合目8位決定戦)

男子2部:Game No.84
(白)成城大学vs一橋大学(青)
(0.0)0-15(8.7)
※2P コールドゲーム

得点者
(青)村松1.篠原2.大塚1.後藤4.池邊1.藤田1.河合1.倉持1.石部2.和田見1

センターボール
(青)後藤2


以上のように最終戦はコールドゲームで快勝を収めることができました。
5/14の学習院大戦で負傷し、離脱していた4年池邊や期待の新人1年和田見による大会初得点や3年大谷の好セーブによる無失点試合の達成など最終戦にして良かった点が多く見受けられました。

最後にはなりますが、長文にお付き合いいただきありがとうございました。
残り2か月は競泳の関東学生選手権に向けて精進したいと思います。

次のブログは3年河合翼に回します。学生リーグでも要所で素晴らしいシュートを決めていたため、来期以降の得点源として期待です。
0

2022/6/12  学生リーグ中間報告  

ご無沙汰しております。4年の藤田です。かつが身を焼きながら泳ぐ姿が今から楽しみです。僕はというと、焼けすぎて周囲から心配されるレベルになってきました(水球面みんなそう)。この時期に初めましてをする人とは、9割がた日焼けの話になります。僕はいつも「ですよねー」といった感じで返しに困ってしまうのですが、上手な返しを誰か教えてほしいです笑。

さて、タイトルの通り、学生リーグの中間報告をさせていただきます。


・5/28(予選リーグ3ゲーム目)

男子2部:Game No.47@日本体育大学健志台プール
(白)東京大学vs一橋大学(青)
(3.5.1.2)11-8(2.1.2.3)

*得点者
(青)篠原3.後藤3.河合1.石部1

*センターボール
(青)後藤4


・5/29(予選リーグ4ゲーム目)

男子2部:Game No.61@成蹊大学
(白)一橋大学vs成城大学(青)
(9.10)19-1(1.0)
※2Pコールドゲーム

*得点者
(白)村松2.篠原9.大塚1.後藤2.河合1.倉持1.石部3

*センターボール
(白)後藤2

(予選リーグ4位確定 下位リーグへ)


・6/5(下位リーグ1ゲーム目)

男子2部:Game No.81@成蹊大学
(白)上智大学vs一橋大学(青)
(3.4.8.6)21-14(4.2.2.6)

*得点者
(青)村松1.篠原3.大塚2.後藤7.河合1

*センターボール
(青)後藤4

(以上、大学水球のTwitterより抜粋)


厳しい戦況です。ざっくり上記の試合を振り返ると、個人としてもチームとしても、悔しい敗戦が重なりました。試合の入りは以前に比べて改善されたのですが、中盤で崩れて後半に苦しい展開を強いられました。それさえなければと思えるようなゲーム展開だったために…チームの流れを変える攻守のプレーをすべきなのに、出来なかった自分に腹が立ちます。普段の練習では、大変な環境の中でこれだけ練習したのだから絶対勝てる!等と思うこともありました。が、相手もそれ以上に練習しているのだろうなと感じる場面が今回特に多く、複雑な感情になりました。
ただ一方でGOODプレーも以前に比べて増えたと実感しています。例えばチーム全員がプレー中に指示出し&行動に移すようになったのは、今までにない良いことだと思います。部員全員で水球に取り組む姿勢・雰囲気が出てきたのは大きな収穫です。

クリックすると元のサイズで表示します

(文章が多く、重たい雰囲気のブログになるのが嫌なので、最近の写真を貼っておきます。いい笑顔です!)

学生リーグも残すところあと一戦です。最後まで部員一丸となって戦い抜き、よいご報告ができるよう頑張ります!


つぎのブログは後藤律人です。水球陣を1年次から引っ張り、学生リーグを終えた彼は何を語ってくれるのでしょうか。
1




AutoPage最新お知らせ