部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
やる気のshort cycle  

こんにちは。1年の福井です。

一橋祭が終わって、早くも約半月がたちました。マジメなことも、今しか出来ないようなバカげたことも(苦笑)、いろいろ経験させていただき、いい思い出になりました。

さて、11月から水泳部は泳ぎ込みの期間に入り、毎日だんだん練習強度が上がってきています。正直、キツイですね。
ですが最近、練習が楽しくて仕方ありません。もちろん性格的にハードなほうが好きとか、そういうわけじゃないですよ

では何が楽しいか。それは「集中ゆえの充実感」からです。

水泳部は練習時間が限られている為、1回1回の練習はよく練られた(メニュー班のみなさんには、本当に感謝です)、密度の濃いものになっています。
さらにそんな練習の中でも、阿部が書いてくれた通り、先輩たちは僕の目に余る泳ぎを、たとえ同じところが全然直っていなくても、根気よくアドバイスをくださいます まして僕は初心者ですから、おそらく彼女の何十倍も、先輩方にお世話になっていることでしょう。他の水泳部やスイミングスクールをマトモに知らず、比較のしようがありませんが、本当にありがたいことです。

そうすると、先輩たちの意気込み(?)に応えようと、自分からも「やるぞ」という気持ちが湧き出てきます。結果、キツイ練習もいわゆる“やっつけ仕事”にならず、毎回考えることが盛りだくさんで、集中して練習に臨め、充実感を得られるということですね。
加えて、そうやって練習に取り組んでいると、だんだん自分の泳ぎが成長していく(マシになる)のも分かってきます。それがさらなるやる気を生み出し・・・という好循環です

・・・思うことを徒然なるままに書いたら、まとまりがなくなってしまいましたが、今回はこのへんで。スイマセン。

次は同期ながらいつもアドバイスをくれる、頼もしい次代のエース加藤よろしく。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ