部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
覚醒  

こんばんはかとうです。

早いものでもう11月も下旬。朝練で早く起きるのが本当につらくなってきました

練習のほうですが、福井も書いている通り最近かなり強度が上がってきています。ぼくは10月のオフ明けから、メニュー班に入りメニューを作る側も経験しているわけですが、メガロスでメニューを作るのは本当に難しい。距離や強度を上げなくちゃいけないのに、練習時間は限られている・・・。しかも、自分の本能の赴くままにメニューを作ったりすると、部の全体的な方針から外れたり、個人的な好みになってしまったりするので注意が必要です

練習時間のことを考えるようになって思ったことがあります ぼくは小2でそれまで週1だったスイミングスクールを週4に変え、普通のコースから選手育成のコースに入ったわけなんですが、よくよく考えてみると水につかっている時間は今よりもそのときのほうが長いんです!!「これで速くなるんかなー、そんなうまい話ないよなー」正直そう思いました。実際、試合でベストが出ても練習に対する体力はまだ全盛期ほど戻りきってない気がします。まあ1年生ながら、年齢の問題はあるかもしれませんが

とりあえず、今の自分に足りないのは「時間外労働」そういう結論に達しました。部活以外の時間をできるだけ水泳のために割く。高校のときは当然のようにそうしていたのに、昨シーズンはただ練習に参加するだけで、自分からは何もしなかった気がします。ただ、今思うと、夏までは体力的に部活だけで精一杯だったと思いますが・・・

そんな意識改革のかいあって、体重も増えましたここ3ヶ月で3.3キロ増。うち筋肉が2.1キロですが、右腕が340グラム、左腕が320グラムの増加です。スーパーで買ってきたお肉を見て、「340グラムってこんなもんか」ってイメージすると少し自信が湧いてきます

今年から「ウインターカップ」(12月7日)が新設され、これが今シーズン初の公式戦となります。部全体の方針では「通過点」的な位置づけになっていますが、自分の中では貴重な短水路の公式戦であるため、今週から再び、自主的な練習をやめて部活以外での練習量を落とし、相対的にテーパーをかけてみたりしているところです。数えてみれば引退までに出られる短水路公式戦は現状で「9」といったところでしょうか。9回チャンスを逃せば、僕の夢がかなうことはたぶん一生ありません。笑 インカレ突破の見込みは薄くとも、1回1回のレースを大切にしていきたいと思います。

長くなりましたが、次はたてわきでフリーのセンス光ってるよ



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ