部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
2008/11/29  水球の難しさ  水球

更新が遅れてしまい、このブログをご覧の皆様にはご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。

帯刀より指名が入りました、現水球主将の半田です。本日も、朝練と某大学での二部練習があり、(毎週のことながら)ヘトヘトになって帰ってきました。

毎回の練習後に軽く(といっても結構長くなる時もありますが)ミーティングをやって今日の反省などを全員が言うのですが、毎回のように出てくる、根本的な課題が一橋水球チームには存在しています。
それは、基礎的な動きが未熟という点です。

水球は水中で行うという性質上、陸上で行う球技に比べ、動きに相当な制約がかかります。例を挙げると、@陸上では立っているだけなら体力は殆ど消費しないが、水中(足がつかないプール)では慣れないうちは浮いているだけでも相当な体力を消費する、A加速・急ブレーキ・急な方向転換などの動きには足の掻きかたに工夫が要る、B肩から上が水面上に出ていないと(巻き足≒立ち泳ぎができないと)まともにボールが投げられない、などです。

水球をまともにプレイするには、上記のような動きができることが戦術以前の前提なのですが、(球技で“立つ”“走る”“投げる”“受ける”などができる段階です、これができなければ戦術もへったくれもありません)どのメンバーも、いまだスムーズには行かない状況です。そのため、「オフシーズンの練習は基礎の強化が最優先」という方針で、温水プールのある他大学にお世話になっています。(この場を借りて御礼申し上げます)

それでは次の人に回します。…何となく水球メンバーでリレーしてみましょう。(多分)次期水球主将になる、大須賀よろしく
0

2008/11/22  今日もやさしい風が吹いている  水球

―――帶刀翔太です。



水球ブロックもオフ明けから新体制で練習開始朝練(スイム)、陸トレ・筋トレに加えて、近くに水球練のできる施設がないので東工大や首都大へ行き週2の合同練を行なっています。水球練ではフットワークやパス・シュートなどの基礎練が中心です、キツイ




さて、4月から水球をはじめて半年以上たちますが、最近わかったことがあります。




それは、試合で勝つためには『チーム全員が強くならなければいけない』ということです。

高校まで競泳しかやってこなかった自分にとって、一人二人うまくても勝てないという競技は難しいなと感じますが、そのぶん勝利をチーム全員でかみ締めることができたら嬉しさ・楽しさも大きいと思います、きっと


たとえメンツは少なくても、プレーに対するイメージをチームで共有して、個々人が”チームのため”にレベルアップしなければなりません。もっともっと強くなって周りにいい刺激を与えられるようなプレーヤーを目指します
せっかく大学で競技をするんだから勝つためにやらなきゃもったいない




さて、『水球主将』というのも大分慣れてきましたね、次は半田さんにお願いしたいと思います
1

2008/9/23  全力で水球ができる最後の一年…  水球

注:このサイズで書かれている文章は、読み飛ばされることを前提に書いています。すっ飛ばしても本筋には支障ありません。
「水球“も”」と言われたことに違和感を覚える、新水球主任の半田です。(2年の冬からは水球をメインにやってきたつもりなんだけどなぁ…)オフに入ってからは、小笠原諸島に行ったり、水球のインカレを見たりと、なかなか充実した生活を送っています。(決勝戦はかなり興奮した、日体大があそこまで追い詰められるとは…)

今更な感じもしますが、昨シーズンの感想をば。
「得点入れたかった、勝ちたかった、悔しかった」三商の直後は、不甲斐なさが悔しくて、不覚にも人前で泣いてしまいました…というわけで。

10月より次期水球チームは活動を開始するわけですが、とにかく来シーズンでの一勝を目標に、(ありきたりですが)基礎練は遮二無二に、チーム練はワンプレーをよく考えてやろう、と考えています。チーム指揮を執るというのは初めてなので、不安でもあり、楽しみでもあります。(新生一橋水球チームが成ってから二代目の主任ということで、「事業の継承」という絶好の面接のタネができた…のかねぇ?)

現在の感覚では、「部活はあと2年ぐらいあるんじゃないか?」というぐらい、あっという間に2年半を過ごしてきました。でも実際は、あと一年しかありません。今年の3月に卒業されたF先輩(伏せる必要は全くありませんが)が、「俺ら4年のために頑張ってくれ」と言われていましたが、漸く実感してきています。「勝ちたいから俺も強くなるけど、俺一人が強くても勝てないから、全員強くなってくれ。そして勝とう」とこの場を借りて水球メンバーに言わせてもらいます。(多分、辻井さんも同じ様な心境で試合に臨んでいたんだと勝手に想像しています。…肝腎なところで勝負弱くて申し訳ありませんでした)

他の3年に比べて文章量が少ない気がしますが、ここまで書くのに一時間近くかかりました。ここらへんで終わらしていただきます。次は唯一の同期の水球メンバー…と言いたいところですが、亜未さんお願いします。
0

2008/6/17  水球が好き  水球

4年の辻井です。

後輩たちが語ってくれているように、今年度一橋大学の水球チームが復活いたしました
初めは単に「水球が好き→プレーしたい→チームを作るしかない」というなんとも安易な動機で始めた水球チーム作りですが、丸3年もかかってしまいました

振り返ってみると色々なことがありましたが常に支えとなったはやはり「水球が好き」ということです。
自分の愛する水球を後輩たちにも好きになってもらいたいという気持ちがあったから続けて来れたのではないかと思います
なので、後輩たちが水球について色々語ってくれているのは嬉しい限りです
毎回毎回ブログで水球について熱く語ってきましたが、
(参考:WATERPOLO←昔自分が書いたブログです。まだ読んでいない方は是非!特に2つ目と3つ目は自信作です)今後も自分が語らずとも後輩たちが語ってくれると思います。

半田はカミカミながらも大きく目を見開いて、
大須賀は満員電車だろうと飲食店だろうと大きな声で、
コバはいつものように面白おかしくオチまで付けて、
磯部とMAXは水球選手の肉体美について、
熱く語って下さい

一年生も早く語れるようになってね
おっと、吉岡はさすが経験者。彼の○ネタを織り交ぜた水球トークには目を見張るものがあります


ただいくら水球が好きといっても、その気持ちだけで今のチームは存在し得ません。自分の活動を理解してくれた同期を始めとする部員たち、応援してくれたOBの方々、練習に協力してくれた他大学の方々、様々な人の支えなくして今のチームは無いと思っています。
この場を借りてお礼申し上げます。

今の水球メンバーも感謝の気持ちは忘れないように

さて水球チームも盛り上がって来ましたが、今週末は競泳の東部国公です。
自分も大学から競泳を始めたとは言え結果が欲しいところです

次回は今年から水球を始め、今週末の東部国公でも結果を出してくれるであろう同期の西口にお願いしたいと思います。
0

2008/5/19  GWの水球  水球

長い間更新をせず、申し訳ありません水球メン(水球をやっている部員を、部内ではこう呼びます)の中でも屈指の小心者且つヘタレの半田です。(※一年生へ:普通はこんなに放置してはいけません、私が言っても全く説得力はありませんが)
さて、二週間近く経ってしまいましたが、前担当者の亜未さんから指定されたので、GW及び翌週に行われた「東日本水球リーグ戦」について書こうと思います。
この「東日本水球リーグ戦」においては、部内では辻井さんと私が、UNITEDというチームに参加させていただいています。今年のGWにおいては、4,5,6日に試合があり、結果は1勝2敗でした。その翌週の土日に行われた、2部の複数あるリーグで3位だったチーム同士が対戦する試合では、両日とも勝ったそうです。(ちなみに5月10日と11日は、私は競泳の記録会に出ていて不在でした)次の試合が最終戦になりますが、8月下旬と相当間が空いています。対戦相手は燕水会(全東京工業大学)のため、もしかしたら替え要員で出られるのでは、と少し期待しています。
――対戦結果はこちらのHP(→日水連HP)にてご覧ください。くれぐれも手抜きではないので悪しからず※UTDと略して表記されている部分もあります。
社会人に混じって練習や試合に参加させていただいていると、学生(学生リーグの三部クラス)に比べてレベルが段違いに高いと痛切に感じます。(テクニック、重さ、力、状況判断、スピード、etc...)その中で、5日にあった荒鷲会(全上智大学)との試合に出場させていただいたのは、経験が積めるという点で本当に有難いです。わずかな出場時間でしたが、自分としては、プレスディフェンス・ボールの一継などの最低限の仕事はこなせたと思います。
話は変わって、学生のほうの水球リーグ戦は6月7日開始、つまり三週間後に迫っています。水球メンにとっては悲願の一橋大学での単独出場(最近2年は他大学との合同チームでオープン参加していました)となりましたが、戦力の絶対数が少ないため、何はともあれ持久力がないと試合になりません。三週間では持久力の上昇幅は限られているので、体だけでなく頭も使って、無駄に体力を使わず(有効なカウンターなら当然仕掛けますすが)、効率的に攻めて守っていければ、と考えています。
相当端折っても結構長くなりました(勢いで書いたので後で見ると拙いやも知れません)そんでは、競泳部門にとっての最初の山場、約1ヶ月後の東部国公立水泳競技大会(6月21日、22日)に向けてオーダーを練っている(た?)小佐見重要な情報に関してはオブラートに包みつつ東部国公について語ってください。やばそうだったら、他の話題でも没問題(メイウェンティ)です。
0




AutoPage最新お知らせ