部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
2007/1/17  スポーツと権利  水球

三度の飯水球も好き辻井です

いつも水球についてのブログばっかり書いているので、たまには授業で学んだことについてでも書こうと思います

昨日の3限は「スポーツと権利」という授業でした。


この授業、先生の「オチが分かりにくい上にオチまで長過ぎる話」が名物になっているのですが、興味深い話とはこのことではありません。

現代においてスポーツというのは、ビジネスとして大きな注目を集めています。しかし、スポーツをビジネスとして成り立たせているのはほとんどがテレビ中継による放映権収入だそうです。
そのため、現在ビジネスとして成功しているスポーツはサッカーにしても野球にしても、テレビ中継でも様子を伝えられるスポーツに限られています。
このことから、各競技団体はテレビ中継を行いやすいように競技自体のルール変更を行ってきているそうです。
代表例としては、バレーボールのラリーポイント制導入、卓球のボールの変更、などが挙げられます。


しかし

授業を聞いていて気付いてしまいました。。
すごくテレビ中継に適したスポーツがあることを

それは…
続きを読む
0

2006/12/3  水球≒バスケ  水球

こんばんわ、辻井です。
水球だけじゃなく競泳もちゃんとやってます

小佐見からもお礼がありましたが、一昨日の総会・納会では例年をはるかに上回る数の先輩方が来て下さいました。渉外担当としても大変嬉しく思っています。どうもありがとうございました今後ともよろしくお願いいたします。

それから、4年生のお話はユーモアの中に感動を散りばめた素晴らしいお話でした。4年間お疲れ様でした。


さてさて、話は変わって最近球技のお話が多いようなので、自分も乗っかろうと思います。

「なんだよまた辻井は水球の話か…もう聞き飽きたよ」という人、

安心してください。今日も水球の話です。でも今日はちょっと違うスポーツを通して見てみましょう。

中高水球部時代、冬の間はプールでの練習時間が余り確保できなかったので、よくバスケをやってゲーム感ボール感みたいなのを養っていました。

しかし、このバスケというスポーツ、実に水球によく似ています。自分はバスケに関しては素人なので間違った知識が多々あり、かつ水球を持ち上げるために多少バスケを悪く言うことがありますがそこはお許しください。

ゴール前での攻防、外周からのミドルシュート、オールコートプレス、カウンターの攻防、様々な局面で水球に繋がる動きが見られます。
世間では

「水球にバスケを彷彿とさせる動きが見られる」

のかもしれませんが、自分の中では

「バスケに水球を彷彿とさせる動きが見られる」

のです。

ただ、この水球によく似たスポーツ、バスケには致命的な欠陥があります。

なんと、このバスケというスポーツには

ゴールキーパーがいない!!

以上、ゴールキーパーのセービングこそ水球の華だと信じてやまないゴールキーパー辻井でした。

次は、最近バスケをやろうと言ってくれた松田君よろしく。水球も最近ぐんぐん上達中です。本当はフローターのシュートこそ水球の華だからね。フローター練習頑張れ
0

2006/8/18  暑くてたいぎぃ  水球

どれだけ食べても太らない、それどころか最近体重減少に悩まされている辻井です。こんなこと言ってるとブーイングが聞こえてきそうな気もしますが・・・
まぁ原因は明らかです。。

今シーズン、一橋大学水泳部が競泳で素晴らしい結果を出していることは周知の事実ですが、実は水球の方も密かに活動を再開し、人数が不足している関係で上智大学との合同チームでのオープン参加ではありますが、関東学生リーグに参戦しています。
そのため、水球にも参加している5名は8月に入ってから、競泳→水球→競泳→水球→競泳・・・の毎日で日に日にやせ細っていってるというわけです。

ところでこのリーグ戦、3部制で行われているのですが今年は初参戦ですので当然3部からのスタート、さらにはオープン参加ということで2部昇格もありません。
しかし、この1ヶ月で初心者の1年生4人には大きく成長してもらって来年度単独チームでの出場2部昇格、さらにはインカレ出場につなげることができたらと思っています。

ここで、1年生4人の選手の将来像かっこよく紹介したいと思います。(僕自身の希望です。多少誇張表現もあるかもしれないけど、ちゃんとみんなの特徴生かした将来像だからできるだけこれに近づいてね

石井晋平
持ち前の泳力を活かして右サイドを泳ぎぬける玉継ぎ職人。的確な状況判断で攻撃の起点となる。

佐々木泰平
野球で鍛えた肩を活かしたシュート力を持つ左サイドのドライバー。自慢の筋肉で敵を寄せ付けない。

半田慎平
巻き足の強さとリーチの長さが自慢のフローターバック。しつこいディフェンスで相手のエースを封じる。

松田勇太
巨大な手足、高い身体能力を持った不沈フローター。一橋のエースとして得点量産。

以上、少しだけ、ほんの少しだけ誇張表現が入ってるかもしれませんが、1年後にはこんな選手になっていると思います。(なんか書いてて恥ずかしくなってきた。笑)

あ、最後に自分の紹介は投稿者のところに・・・

明日はリーグ戦3戦目東工大戦です。この試合でリーグ戦も半分終了、なんとか勝利して2位で折り返したいところです。
明日の作戦は・・・

東工大の人が見ていたらいけないので秘密です。


それでは、明日のブログですが、明日の今頃は公式戦初得点の喜びに浸っているであろう松田勇太君よろしく。得点できなかったら反省書いてね。
0

2006/7/26  只今図書館より更新中  水球

どうもこんばんは。更新が一日遅れました、部ログが回ってくるのは久しぶりにして二回目の半田です。ちなみに「しむぺい」となっているのは、パスポートのアルファベット表記が“Shimpei Handa”だからです。部内のもうひとりの「しんぺい」と区別がつかなくなるので、これからは通称を「しむぺい」と称します。(あーでも晋平がパスポート取るときも“Shimpei”だから結局区別つかないか…ってそんなことはいいやどうでも)
前置きが長くなりました。まずは関カレについて。あと残すところ6日となりました。自分は一日目の200Baに出場いたしますが、なぜかまだ6日前だというに、書いているうちに、緊張して、きま、した。…本番の緊張感がどのようなものか、その身で味わって着たいと思っています。とにかく、残りの練習を有意義に行い、本番では“all-out attack”で突入したいと思います。ちなみに、B'zの最新アルバムである"MONSTER"の曲の中では、スピードとヘビーさのある"all-out attack"が最も好きです。(B'zネタですいません、松尾さん以外の人解るかな…多分田中さんこと篤司ならアルバム貸したし少しは解るかも)
続きましては水球について。先週の土曜日に東工大の“おおおかやま”(やけに「お」が多い…)キャンパスにて、東工大と合同練習をさせてもらいました。合計8ピリオド、64分間(実質は80分ぐらい)の練習試合に加え、退水練(ディフェンスが一人少ない状況での攻撃および防御の練習)を行った後の自分の体力は、(100を最大とすると)10の−5乗(十万分の一)……。水球1試合で2キロやせるというのは、決して誇張表現ではありません!実感した自分が保障します。短時間でダイエットの効果を求めたい人には是非お勧めしたいスポーツ…かも知れません。その後、空いていた中華料理屋で退水の陣形、攻めるときのアンブレラ、"in"という防御の仕方、といったことを教わり、水球の奥深さを知りました。食事後、泰平は、外食という出費の痛さを切々と話していた…かも知れませんが、まあここでは本題から外れるから止めておきませう。
一時間前から冷やしていた桃がそろそろ冷えているころなので、ここら辺で打ち切りにいたします。(桃はずっと冷蔵庫に入れておくと香りが飛ぶので、常温保存で、食べる直前に冷蔵庫に入れるらしい)次は、しゅんすけぇの立会いの下、厳正なる阿弥陀籤によって、あらかわ氏に決まりました。更新、忘れずにね〜。
0

2006/6/16  巻き足  水球

白ブーメラン族に魂を売ってしまった辻井です。
白のブーメランなら安くしとくよ〜という悪魔の囁きに負けてしまったがために・・・別に白のブーメランにこだわりがあるわけではありません。

でも実際ブーメランが好きなのは事実です。
(またしても水球の話に持って行きます)
水球で用いる最も基本的な動きに“巻き足”というものがあります。
巻き足とはいわゆる立ち泳ぎで、サッカーでいうと立っている状態のことです。ですからこれができないことには話しにならないわけです。
巻き足を行う上でのポイントは股を大きく開いて膝の位置を高く維持することです。
この股を開く動作の時に世にはびこるスパッツなるものをはいていたら動きにくいことこの上なしです。
巻き足の動きに最も適した水着、それこそがブーメランなのです。
水球を行う上で機能性抜群のブーメラン。一橋水球部復活に向けて着々と広めていかなければなりません。

てなわけで僕がブーメランを愛する理由はこんな感じです。僕にはてっぺいさんのような高尚な理念はありません・・・

それでは明日はてっぺいさんの芸の後継者に自ら手を挙げているニシゴメ君よろしく星
0




AutoPage最新お知らせ