2008/8/14

おめでとう。200本!  八丈島

宝田です。
6/27〜29八丈島報告!

クリックすると元のサイズで表示します

朝7時の飛行機で羽田を出発すると、40分でもう到着。
八丈空港で荷物待ちをしていると、タレント勝俣さんが突然現れました。テレビの撮影だとか・・・。

すこぶるいい天気の中、早速ダイビングの始まりです。
まずは近場で足慣らし。小さなアーチにはテングダイが何匹も。
八丈ならではのレンテンヤッコにユウゼンもちらほら泳いでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

水温は22度。透明度は20m前後って感じでした。
思ったよりも冷たく感じましたね。

2本目は島の北側に移動。なんと北側には黒潮がぶつかり水温は26度。
透明度30m〜40m。
少し移動しただけなのに違う海を潜っているようでした。恐るべし八丈島。
クリックすると元のサイズで表示します


3本目はナズマド。日本でも有名なポイント。
緩やかな流れの中、ドリフトで流します。
メインの根「馬の背」にはキンギョハナダイ・ユウゼンが群れています。
クリックすると元のサイズで表示します

なかなかすごい光景でした。
タテジマキンチャクダイ幼魚もかわいかった。
クリックすると元のサイズで表示します
でも、3本目にしてはちょっと深かったかな・・・。

地形派にも八丈島はオススメですよ。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日も天候は最高!波もなく、絶好のダイビング日和でした。
クリックすると元のサイズで表示します
水温・透明度は前日同様、最高にいい感じ。
でも、前日の深酒が利いた人も・・・。
結局2日で6本。ばっちり潜ってきました。

おなじみ梁山泊では連日宴会モード。
おいしい島酒・おいしい郷土料理・癒しの温泉で陸も海も大満足の八丈島となりました。

J.Hさん200本おめでとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
またご一緒できる日を楽しみにしております。
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ