2007/8/31

2大スターの競演なんと1時間!  モルディブ・クルーズ

宝田です。
8/25〜30 モルディブ・チャータークルーズinブルーシャークU報告!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

当日の朝は晴天に恵まれ、成田空港まではスイスイで到着!
成田集合の方も迷わず合流成功!
はるばる大阪からのご参加も・・・。感謝感謝!
クリックすると元のサイズで表示します

総勢15名ともなると手続きにも一苦労!
チェックインだけでも30分以上かかってしまう。
行きはコロンボ経由でモルディブ・マーレまで・・・。
フライトの時間変更が多少ありましたが、現地には時間通りに到着!
そのままクルーズ船でゆっくり休憩し翌日に備える。

実はスタッフとの打ち合わせで、「ジンベイはあきらめたほうがいいかも!」とのコメント!でした。見れるはずのエリアに1週間ほど姿が見えないと・・・。

でも、そう簡単にあきらめるわけにはいきません!
その後は、15人の希望を一手に受けるプレッシャーとの戦いでした。
なにせ、ジンベイを求めてきたんですから・・・!

他のスタッフにも無線を使って、できるだけのことはやってもらいました。
環礁越えで5時間近く船を走らせたこともありました。
全てジンベイザメに合うために・・・。

初日はチェックダイブをかねて、マンタ狙いでエントリー!
ドキドキのモルディブ初ダイブ!みんな緊張ぎみ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

緩やかな流れの中、いつまで待ってもマンタは現れてくれません。
そろそろ安全停止をしようと動き始めたその時です。
優雅に泳ぐマンタが1枚向かってくるではないですか。
みんな必死にカメラを向けてシャッターを押していましたね。
クリックすると元のサイズで表示します


この日の3本目にはサンセットダイビング!
時間が思いのほか遅くなり、すっかりナイトダイビングとなりました。
ここでもマンタが2枚!現れてくれました。
スタッフを入れると19名で潜ると人数確認も一苦労です。
ライトなしの方もいたりして・・・。

翌日も早朝6:15にはブリーフィングのスタートです。
眠い目をこすりながら、1本目のポイントでエントリーをしようとしたその時です。
無線でなにやら興奮状態で騒いでます。
そうです。ジンベイザメが出た!という現地語での無線でした。
急いで、背負っているタンクを外し、ジンベイエリアへ急行しました。
10分ほど移動するとリーフ沿いにジンベイらしき姿がチラチラしています。
まずはスノーケルで拝めるだけでも幸せと、みんなで一斉に飛び込みます。
スノーケルをくわえながら、すごい!すごい!と叫んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

ジンベイザメとのご対面です。優雅に泳いでいます。
大きい口をあけてプランクトンを捕食しています。
クリックすると元のサイズで表示します

食事中ということでダイバーなんかお構いなし!
クリックすると元のサイズで表示します

30分以上はその場で一緒に泳いでくれました。


そんな中、海中を見て見ると、白いものがグルグル回ってるみたい・・・。
よく見るとなんと!マンタ11枚!
マンタも食事中でした。
クリックすると元のサイズで表示します


ジンベイ&マンタの美しい舞を目の当たりにするともう言葉は出ません。
クリックすると元のサイズで表示します

感動で体がジンジン震えるほど・・・。
ただ、見てるだけで十分!こんな世界があったのかと思うほどの衝撃場面です。
15年間のインストラクター人生でダントツに1位の場面です。

その場面はしばらく続くので、この際この場所でタンクを背負って潜っちゃおう!
ということになり、みんな急いで準備をしていざエントリー!
まだまだ続くジンベイ&マンタ11枚の舞!
タンク1本分約1時間、ずっと捕食シーンは続いていました。
まさにすごい光景でした。テレビの映像でも見たことが無いシーンでしたね。
「一生で1度見れればいい!」というジンベイだけに、全員で堪能できたことが一番
うれしかったです。
クリックすると元のサイズで表示します


その後は、モルディブを代表するBIGポイントを潜り、点々と船は移動しながら
のクルージングとなりました。どのポイントも魚影がすご過ぎです。
前が魚で見えないくらい群れてます。

サンライズも、サンセットもキレイでした。
クリックすると元のサイズで表示します

食事もおいしいし、特別ケーキもあったし、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

200本記念もあったし、
クリックすると元のサイズで表示します

15周年のお祝いもしてもらったし、
クリックすると元のサイズで表示します

のんびりできたし、無人島にもいけたし、
最高のモルディブ・チャータークルーズとなりました。
いろいろありすぎて書ききれません。
お会いしたときにお話したいと思います。


2007/8/31

かわいいイルカ!  御蔵島ドルフィンスイム

宝田です。
8/20〜22御蔵島ドルフィンスイム報告!
クリックすると元のサイズで表示します

19時にジョイフルを出発し20時には竹芝桟橋付近まで到着!
高速道路はガラガラ状態!
アッという間に東京まで着いてしまいました。
近くの築地で食事をし、22時30分に竹芝桟橋を無事出向。
待合室では御蔵島は条件付出向とのアナウンスが流れる・・・。
いつものことかと安心しきってグーグー寝ていると何だか船が揺れはじめる・・・。
朝方、船の甲板に出てみると白波が立っている、ちょっと接岸できないかもという不安がよぎるが、風向きが幸いに南西方向だった為、片側の桟橋は波もなく一発で接岸成功!
無事御蔵島上陸成功!
少し休憩したあと、いよいよドルフィンスイムに出発!
運がよければすぐにイルカが現れてくれるのに、10分経っても出てこない、20分経っても出てこない・・・。
島を半周したころにやっとイルカ達の群に遭遇!
船長の合図とともに静かに入水したが、すぐにイルカは深く潜ってしまう・・・。
なかなか遊んでくれない。
しかも水面付近は風と波の影響なのか濁っている。
でも帰り際にはフレンドリーなイルカ達がいっぱい遊んでくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

親子イルカもいましたね。
子供イルカは好奇心旺盛でダイバーがかなり気になる様子。
クリックすると元のサイズで表示します

近くに寄ったり遠くに逃げたり動き回ってました。
クリックすると元のサイズで表示します

水温も27℃と快適でした。
ただ、ウネリが大きく波酔いする人がいましたね。
酔い止めは必須ですね。

翌日はトレッキングで南郷地区へ!
ココは日本一の大ジイが見れるコース。
クリックすると元のサイズで表示します

途中でオオミズナギドリの卵の殻や貴重なきのこ(サルノコシカケ)など・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そしていっぱいのマイナスイオンを吸ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと疲れたけど楽しめましたね。
帰りの船も定刻に接岸でき、終わってみれば全て順調に進んだツアーでした。


2007/8/31

すごいアジの群!  佐渡ヶ島

宝田です。
8/16〜18佐渡ヶ島ツアー報告!
初日9:30分の直江津港を滑り込みセーフで乗船し昼には佐渡ヶ島に上陸。
午後から2ビーチダイビングを楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します
クレパスになっている隙間を一人づつ通リ抜ける地形はなかなかスリル満点でした。透明度も10m〜12mとまずまず・・・。

かわいいイカやスズメダイの卵などが見れました。
クリックすると元のサイズで表示します

アフターダイブは温泉で体を癒し、海鮮丼を食べて翌日に向けて早めの就寝!

2日目は午前中に2ボートダイビング小木の海中は変化に富んでダイナミックです。
透明度15m前後・水温24℃と快適。
海中はホンダワラが生い茂っている日本海独特の水中景観。
アジの大群やスズメダイ群は圧巻でした。
クリックすると元のサイズで表示します

この日の夜にはメインイベント「アースセレブレーション【鼓童】」が開催される予定。でも、小雨がパラパラ・・・。
中止になるか心配していましたが、野外コンサートが始まるときにはスッキリ晴れて大盛り上がりでした。
お腹にジンジン伝わる和太鼓には毎年来ていますがいつも感動してしまいます。
また、来年もこなくちゃ・・・。

今回でHさんが100本を達成しました。
おめでとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

200本記念もご一緒しましょうね。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ