2010/7/7

第2回JEEP島貸切ツアー!  JEEP島【貸切】

宝田です。

6/27(日)〜7/2(金)
第2回JEEP島貸切ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

今回は総勢10名でJEEP島に乗り込んできました。
その中でも1名は3日前からJEEP入りをして下準備をしてくれていました。
大変感謝しております。

前回は1月に開催し、少し風が強く感じましたが、今回は風も弱く海況もベストコンディション。
狙っていた「ドルフィンスイム」「キミシマ環礁ダイブ」「ダブルレインボウ」がバッチリ達成できました。

初日、心を躍らせて、グアム空港へ移動し、3時間のトランジットタイム!
クリックすると元のサイズで表示します

思い思いにショッピングをしたり、おしゃべりをしたり、ビールを飲んだり・・・。
そして、隣の島「CHUUK」へ移動です。
クリックすると元のサイズで表示します

飛行機で約2時間で到着するこの島は、道はボコボコ、水溜りだらけ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

リゾートまでの道のりは平均時速15kmほどのノロノロ運転。
何とかリゾートに到着し、出迎えてくれたのは、笑顔の素敵な柴崎さん!
翌日の説明を聞いてその日は就寝。

朝目覚めると、晴天!
いい1日の始まりです。
クリックすると元のサイズで表示します

ビール(3ケース)とミネラルウォーターを大量に買い込んでいざJEEP島へ!
船が走ること40分!待ちに待った、小さな島が見えてきます。
クリックすると元のサイズで表示します


桟橋がないので、浅瀬に船を止めて歩いて渡ります。
記念すべきJEEP島上陸です。
クリックすると元のサイズで表示します


3日前から準備をしてくれたKMGさんと再会し、準備をしてくれたタープを確認。
クリックすると元のサイズで表示します


早速、準備をしてハウスリーフで癒しダイブの始まります。
クリックすると元のサイズで表示します

皆さん、サンゴを壊さないように必死です。
ビギナーさんも多かったので、中性浮力の練習にはなりましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

午後からは思いのほか海況が安定しているので、ドルフィンスイムに変更し、探すこと30分。なかなか出てくれないイルカ達。
もうあきらめかけたその時です。かわいいミナミバンドウイルカが出迎えてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

ここのイルカは、深く潜ると寄ってくる習性らしく、かなり遊んでくれましたね。
いい写真も撮らせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

親子のイルかもいましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日は今年3回目の「キミシマ環礁」でのダイビング。
クリックすると元のサイズで表示します

ここ2、3日でやっと海況が安定してきたようです。
クリックすると元のサイズで表示します

前回のチームはずっと雨だったと聞くと、自然と顔がほころんでしまいます。
船を走らせ約50分、海の色がドンドン変化していきます。
トラック環礁を越えてキミシマ環礁に着いたときのキミシマブルーは透明度50mオーバー!
クリックすると元のサイズで表示します

ほとんど人が入っていない海域の為、自然がバッチリ残っています。
クリックすると元のサイズで表示します

水深70mまで落ち込むドロップオフはまさに空を飛んでいるかのよう・・・。
ナポレオンやシャーク、そして数千匹のアカネハナゴイは圧巻でした。
クリックすると元のサイズで表示します

ランチタイム後のスノーケリングは天国でしたね。



翌日はトラック環礁の端っこ。
「サンドパラダイス」では抜群の透明度に加え、サンゴに群生するスカシテンジクダイの群れは素晴らしい水中景観でした。
クリックすると元のサイズで表示します

数万引きのアジの群れも見れて迫力満点でした。
クリックすると元のサイズで表示します


毎日、JEEP島に帰ってきたら、島の周りをスノーケリングしましたが、枝サンゴの群生は見事!スノーケリング天国でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

初日のハンバーグカレーライスに始まりBBQでしめたお食事も抜群においしく、何不自由なく生活できました。
クリックすると元のサイズで表示します


浜辺で寝たり

毎日、虹を見たり
クリックすると元のサイズで表示します


天然のプラネタリウムで南十字星を観察したり

素晴らしいサンセットにサンライズを見たり


100本あったビールをみんなで飲み干したり

天気の急変でタープが壊れたり

天然のシャワーで朝シャンしたり
クリックすると元のサイズで表示します

ご神木に抱きついたり・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

いろいろ楽しんできました。

最後に、今回サポートしていただいたKMGさん、そしてJEEP島で生活している柴崎ファミリー
の皆様には大変お世話になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

また、来年帰ってくるまでこの自然を守り続けてほしいですね。
クリックすると元のサイズで表示します




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ