2013/1/22

海底遺跡!  沖縄・与那国島

宝田です。
2013年1/16(水)〜20(日)与那国ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

今年も行ってきました。
トップシーズンの日本最西端の地「与那国島」
羽田を出発してすぐに富士山を眺める事ができ、幸先のいいスタートでした。
土浦店:Sさん
クリックすると元のサイズで表示します


今は石垣⇒与那国間はRACのプロペラ機でのフライトです。
クリックすると元のサイズで表示します

シーズンインしたのはダイバーだけですが・・・。
ここは黒潮の影響をもろに受ける海況。
晴れると台湾も望める岬沖では「ハンマーヘッドシャーク」が群れをなして
グルグル回遊しています。

現地でお友達になったNさん撮影
クリックすると元のサイズで表示します

水温の問題で夏にはなかなかめぐり合えないが、冬場に高確率で遭遇することが
できる!
それを狙って全国各地からここ与那国に降り立ちます。
ダイビング初日、まずはヌルガンでチェックダイブ。
ウェイト調整や潜行手順を確認しながらのダイビングとなりました。
2本目はヌルガン沖!
ここはダイビング後半からブルーウォーターで「ハンマー探し」
クリックすると元のサイズで表示します

水深20m付近の中層を泳いでいると、1匹のハンマーがかなり近くまで寄って
きました。そして周りを見回すとその奥には50匹ほどの群れが見えるじゃないですか!
ゆっくり近寄って見ましたが、徐々に距離が離れて見えなくなってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
でも、群れゲットできました。

そして、与那国のもうひとつの見どころは「海底遺跡」
現地でお友達になったNOHARAさん撮影
クリックすると元のサイズで表示します

北風は吹いていないと潜ることができないここのポイントも難無く
エントリー成功!しかも、全く流れもなく長い時間楽しむことができました。
何度見ても不思議なエリアですね。
ぜひ、自分の目で確かめてくださいね。
「遺跡と宝田」撮影していただきました。ありがとうございます。
土浦店:Sさん
クリックすると元のサイズで表示します

そして、与那国は地形もすごい!
薄暗い、入り組んだ洞窟がいろいろあって地形派ダイバーも楽しめますね。
クリックすると元のサイズで表示します

真っ暗にならないので、ストレスなく楽しめますね。

その後、ハンマー狙いのブルーウォーターダイブを何度かトライしましたが、
自然はそんなにあまくない!
ハンマーとの対面はまた来年となりました。
でも、激流をドリフトで流し、ドラム缶のようなイソマグロやギンガメアジも見れて
最後のダイビングは楽しめました。
ダウンカレントがあり、15m⇒22mまで落ち込む場面もありましたが、いい経験ができたのではないでしょうか!

透明度30m・水温25℃で冬の与那国ダイビングまた来なくっちゃ!

最終日は島内観光で水面からそびえたつ「神立岩」
クリックすると元のサイズで表示します

放牧してある「与那国うま」最西端の地「西崎灯台」、そしてドクターコトーのロケ地見学などたのしい与那国ツアーになりました。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ