2014/6/18

ホタルの季節!  雲見

宝田です。
2014年6/7(土)〜8(日)雲見ツアー報告!

当日は順調に現地に到着!
ゆっくり準備をして午前中に1ダイブ!
船に乗ること1分ほど・・・
掛け声で一斉にバックロールエントリー。
すると、若干流れがあります。
ロープにつかまり潜降しようとすると、下がとても見にくい。
濁っていて透明度3m程度!
何とか水底まで到着しましたが、広範囲に動くのは無理と判断し近場で
じっくり生物観察。
午後も同じく低視界。
ゲストの人数を数える事が多く、一枚もシャッターを押すことなく2本目も終了。
翌日に期待して初日は早めに宿に戻りました。
冷えた体を温泉で温め、その後はナイトロックスSP講習のお勉強。
重要な部分をかいつまんで説明しましたが、分かってくれたかな?
ダイビングコンピュータの酸素濃度を変更したり、限界潜水時間を調べたりいろいろ
勉強しましたね。
2日目は予定通りナイトロックス講習開始。
アナライザーで酸素濃度をチェックし準備万端。
タンクを背負ってエントリーです。
昨日の低視界が回復してることを期待してのぞみましたがさらに低視界!
ガイド泣かせの透明度でしたが、マクロ生物をしっかり観察して無事講習も終了しました。

宿の食事もすごい豪華!
テーブルに乗りきらない料理にビールもすすみます。
クリックすると元のサイズで表示します

海で見たヒラメのお刺身が絶品でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

時期的にホタルも見れる雲見。
送迎バスで10分ほど移動すると真っ暗な夜にやさしい光で癒されました。

帰りの食事処も新鮮刺身でおいしかったですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

次回は素晴らし透明度に期待ですね。

※今回は水中画像はありません。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ