2009/4/8  17:41

同僚から見た日本  英語・日本語

滝ちゃんが
こないだラジオで

滝:aha, uh-huh

と言うのが(海外で)
楽しいと言ってましたが

真似するのが楽しいのは
珠吉の同僚達も同じみたいで

日本人の真似をする
大の大人のアメリカンも

相当お茶目で
かわいらしいです(笑)

珠吉の上司Aの席から
たまに彼の声が
聞こえてくるのですが

普通の独り言や
鼻歌に混じって

A:デス♪

とか

A:マシタ♪

とか

A:チョット♪

とか

日本語のカケラが
聞こえてきたりします(笑)

珠吉の上司Bは
頼みごとをする時

B:Tamakichi, can you
do thisオネガイシマ〜ス^▽^

と息継ぎせずに
一気に言うので

英語から日本語に
さりげなく切り替わる瞬間に
いつも吹き出してしまいます。

んで、お辞儀の真似も
するんですが

頭は決して下げずに
ニコニコこちらをガン見しつつ
体だけ倒すので
何か変にかわいらしい(笑)

彼らに
日本人の真似して
と言うと

上司:ウン、ウン、ウン、ウン
(首、カク、カク、カク、カク)

とか

上司:ソウ、ソウ、ソウ、ソウ

とか言うので

珠:あー確かに、言う、言う(笑)

と思う珠吉です(笑)

上司:ソソソソソー♪

とか

(興奮気味に
同意する人の真似。笑)

日本人って
そう見えてるんだ

って、面白い(笑)

面白いと言えば…

日本語を勉強してる同僚達が

習ったばかりの日本語を
仕事の用件のメールに使って
くれたりするのですが

それがかなり可愛い!

同僚A:おはいよございます

とか

同僚B:Long meeting, イイエ!
とか

(きっと「ヤダ」と言いたい。笑)

同僚C:僕行く も。

とか

(「I'll go, too」の要領で
「僕も」の「も」が文の最後に
つくと思ったのだと推測される。
「も」の前に若干の隙間あり。)

あまりのかわいらしさに

語尾に「も」 を付けて喋るのが
やすぴ達との間で
一時期流行りました桜

かわいらしいと言えば
ローマ字でかかれた日本語を
彼らなりに発音する時。

同僚女子A:
昨日ヤクホーモに
行って来たよー!

と言われて

珠:どこ!?

と聞き返すと

同僚女子A:
ゥヤコハーム?
ヤカホーマ?

と頑張る同僚。

それが

「横浜」

だと気付いた時は
頭を撫でてしまいたく
なりました(笑)

飽きない職場です(笑)

愉快な上司・同僚達に感謝♪




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ