2009/2/21  2:45

I Wish You Enough  言葉

友人のYちゃんが
この転送メールを
送ってくれたのは6年前。

6年間変わらずに
大好きなポエムです。

訳すのへたっぴな
珠吉で。。。
恥ずかしいのですが
雰囲気だけでも伝われば。

At an airport I overheard a father and daughter
in their last moments together.

(空港で、別れを惜しむ
父と娘の声が聞こえてきました。)

They had announced her plane's departure
and standing near the door,
he said to his daughter,

(娘の乗る飛行機の搭乗が始まり
ドアの近くで、父が娘に言いました。)

"I love you, I wish you enough".

(「愛してるよ、お前に「十分」を願ってるよ」)

She said,
"Daddy, our life together has been more than enough.
Your love is all I ever needed. I wish you enough, too, Daddy."

(娘も答えます。
「パパと一緒にすごした人生、十分以上だったわ。
パパからの愛以外何も要らなかったもの。
パパにも「十分」を願ってる。」)

They kissed good-bye and she left.
He walked over toward the window where I was seated.

(父と娘はお別れのキスをして
娘は去っていきました。
父は僕の座っていた窓の方へ歩いてきました。)

Standing there I could see he wanted and needed to cry.

(近くに立っている彼が
泣きたい、そして、泣く必要があることが
こちらにも伝わってきました。)

I tried not to intrude on his privacy, but he welcomed me in by asking,
"Did you ever say good-bye to someone knowing it would be forever?"

(プライバシーを侵さぬようにと思ったのですが
彼のほうからこう僕に聞いてきてくれました。
「君は誰かに今生の別れと知りつつ
さよならを言ったことはあるかい?」)

"Yes, I have," I replied.

(「あります」と僕は答えました。)

Saying that brought back memories I had of expressing
my love and appreciation for all my Dad had done for me.

(言いながら、自分の父への愛と
今まで父が自分にしてくれたこと全てへの感謝を
口にした日が思い出されました。)

Recognizing that his days were limited,
I took the time to tell him face to face how much he meant to me.

(父がもう長くないことがわかり
僕にとってどれだけ大事な存在だったかを
面と向かって伝えたのでした。)

So I knew what this man was experiencing.

(ですので
この彼の気持ちが
僕には良くわかりました。)

"Forgive me for asking, but why is this a forever good-bye?" I asked.

(「こんなこと聞いてごめんなさい。
でもどうしてこれが今生の別れなのです?」
僕は聞いてみました。)

"I am old and she lives much too far away.
I have challenges ahead and the reality is,
her next trip back will be for my funeral, " he said.

(「私はもう歳で、娘はとても遠くに住んでいる。
私にはこれから立ち向かわなくてはならないことが控えていて
現実問題、娘が次に帰ってくるのは私の葬式の時になるだろう。」
と、彼は言いました。)

"When you were saying good-bye I heard you say,
'I wish you enough.'
May I ask what that means?"

(「お別れを言う時
「十分を願う」
と言っておられましたが
あれはどういう意味だったのか
聞いてもよいでしょうか。」)

He began to smile.

(彼は微笑み始めました。)

"That's a wish that has been handed down from other generations.
My parents used to say it to everyone."

(「あれは代々受け継がれてきた願いなんだ。
私の両親もみんなにそう言ってくれたもんだ。」)

He paused for a moment and looking up
as if trying to remember it in detail,
he smiled even more.

(彼は少し間をおくと
上を見上げて
詳細を思い出すかのようにして
そして更に微笑みました。)

"When we said 'I wish you enough,'
we were wanting the other person to have a life filled with
enough good things to sustain them,"

(「私達が「十分を願う」と言ったのは
相手に「十分」な良い事が起こる人生を
願ったからなんだ。」)

he continued and then
turning toward me he shared the following
as if he were reciting it from memory.

(彼はそう言うとこちらを向いて
以下のことを、記憶から呼び起こし
暗唱するかのように話してくれました。)

"I wish you enough sun to keep your attitude bright.
I wish you enough rain to appreciate the sun more.
I wish you enough happiness to keep your spirit alive.
I wish you enough pain so that the smallest joys in life
appear much bigger.
I wish you enough gain to satisfy your wanting.
I wish you enough loss to appreciate all that you possess.
I wish enough "Hello's" to get you through the final "Good-bye."

(「貴方の心持ちが明るくあれるに十分な太陽を願います。
太陽にもっと感謝するのに十分な雨を願います。
気持ちが生き生きし続けられるに十分な幸せを願います。
どんなに小さな喜びも大きなものに思えるに十分な痛みを願います。
貴方の願いを満たすのに十分な利益を願います。
手にしているものへの感謝が抱けるのに十分な損失を願います。
永遠の「さよなら」に耐えうるに十分な「はじめまして」を願います。」)

He then began to sob and walked away.

(そう言うと、
彼はすすり泣きはじめ
立ち去って行きました。)

My friends and loved ones, I wish you ENOUGH!!!

(僕の友人、愛する人達、
貴方たちに「十分」を願います。)

They say,
"It takes a minute to find a special person,
an hour to appreciate them,
a day to love them,
but then an entire life to forget them."
Eddie Peabody

(こう聞いたことがあります。
「特別な人を見つけるのに必要なのは1分
彼らをありがたいと思うのに必要なのは1時間
彼らを愛するのに必要なのは1日
でも、その人達を忘れるのには一生かかる。」)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ