☆お気楽主婦が、大好きなハワイのこと、手作り、おしゃれ、美味しいもの綴っています。☆

2007/5/25  16:27

剪紙(せんし)  家族

長女は私に似ておおざっぱなんですが、次女は与えられてことはこつこつ真面目にやるタイプで、中学の時はスウェーデン刺繍を頑張りましたが、もう一つ美術の先生の手解きを受け、中国の剪紙(せんし)に挑戦したことがありました。

家では包丁すら持たない子が、カッターの持ち方から教えていただき、原画は先生がコピーしたのをたただひたすらカッターで切り抜く作業ですが、根気の要る作業です。

当時、日中友好会館の交流行事の一環として、日本人の作品を本国での展覧会に出展出来る新聞の記事を美術の先生が目にし、子供達にもそのチャンスが与えられました。

チャンスが与えられたことだけでも子供達には励みになったのに、ある日、先生から次女と他3名が入選して、その作品が日本に戻って来たら日中友好会館に展示され、表彰式が執り行なわれたんです。

☆細かくて切れそうなところにはマスキングテープを貼り、手が痛い々いいながら完成させた作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

☆中国からいただいた表彰状と粗品の朱肉
クリックすると元のサイズで表示します


その後、さらに磨きを掛けもっと細かい剪紙(せんし)に挑戦

クリックすると元のサイズで表示します

その細かさとは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

中学校の広報誌の表紙を飾りました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ