☆お気楽主婦が、大好きなハワイのこと、手作り、おしゃれ、美味しいもの綴っています。☆

2007/3/7  22:57

CORBELILLE(カゴ)  カルトナージュ

月に一回、3時間のレッスンを2ヶ月に渡って、ちょっと凝ったCORBELILLE(カゴ)に挑戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します



布地は、去年までカリフォルニア住み、今年から雄大な景色に囲まれたソルトレークシティーに引越され、寒さと雪にもめげず日々カルトナージュに取り組んでいるSatokoさんから以前送っていただいた、フィードサックがこれを作るにはピッタリだったので、迷わず決めました。

大きさは持ち手までを含めると、高さ27cm 口幅17cm で、柄あわせとケント紙のサイズ微調整、持ち手の布を縫って包んだりと、箱物とは違って実用性には欠けますが、手が掛かった分の満足感はありました。
0

2007/3/5  17:32

カッティングボード  お気に入り

最近は、調理に木製のまな板を使ったり、みじん切りをする時に登場するのがクッキングシート。そのクッキングシートがどうも素材が薄くて、使っている内に反ってきてしまったり、牛乳パックを切り開き使い捨ても試みましたが、それもちょっと面倒ということで、輸入食器店SHOBIを覗いたらこれは使えそうというカッティングボードを見つけました。

Joseph Josephというイギリス製で、厚みも5mmほどありとても使い易いです。
クリックすると元のサイズで表示します

材料を切った後は・・・
続きを読む
0

2007/3/3  18:32

桃の節句  日々の出来事

昨夜済ませてしまった雛祭り。

というのも、今日から次女が楽しみにしていたJリーグスタートとあって、近くの味の素スタジアで開催されるFC東京対サンフィレッチェ広島の開幕戦の観戦予定が入っていたからです。

☆応援の甲斐なく、2対4でFC東京は敗れました。
クリックすると元のサイズで表示します

☆父から初節句送られた木目込みの雛人形。夫は顔で選びませんでしたが、雛人形は目鼻立ちを重視しました。
クリックすると元のサイズで表示します


☆母が、四人姉妹の誰かが着た着物を直して送ってくれたおべべで、厳寒の地、旭川で迎えた長女の初節句。もう、あれから何年が過ぎたのでしょうか。?
クリックすると元のサイズで表示します

我家の五目寿しは・・・




続きを読む
0

2007/3/3  9:14

洋裁教室  趣味

私のすぐ上の姉の子供(姪)は一人っ子で、家の長女とも歳が近いので、長女は彼女を姉のように慕っています。代官山という好立地に住んでいるので、仕事が遅くなるとちょくちょく泊めてもらったり、ご主人が台湾出身なので、里帰りの時には一緒に付いて行ったり、台湾のご両親にもとても可愛がっていただき、姉妹のような関係です。

その姪の子供がこの四月から幼稚園へ入園します。

入園準備に、上履き入れと手提げ袋を作らなければならないと、ミシンを掛けたことがないという姪が子供を実家(私の姉)へ預け、コットンフィールドで買ったというキットを持ち、私のところへ習いに来ました。

裏地も付け切り替えがあるので、結構手間が掛かりましたが、二人の共同作業で上履き入れと手提げ袋が完成しました。


☆名前がジョージという夏にはお兄ちゃんになる消防自動車大好きな男の子。絵柄もおさるのジョージにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

家の子供達にも作ったことがあったんだぁ〜と、ちょっと懐かしく感じました。
0

2007/3/1  20:48

映画「BOBBY」を・・・  映画

アカデミー賞も月曜日に決まり、助演女優賞は予想通りドリームガールズのジェニファー・ハドソンが受賞し、バベルの菊地凛子さんは今回惜しくも受賞を逃しましたが、レッドカーペットを歩く姿やカメラポースは堂にいったものでした。シャネルのドレスも彼女に似合っていましたね。

シネマカードが貯まったので、ドリームガールズの映画に流れる音楽をもう一度聴きたく映画館を訪れたのですが、受賞後ということで、結構混んでそうだったので、先週封切りの「BOBBY」を観ることにしました。

米国大統領候補ロバート・F・ケネディー上院議員が予備選の遊説先、ロサンゼルス・アンバサダーホテルで凶弾に倒れ、そこに居合わせた支援者、ホテル従業員、宿泊者らのフィクションとノンフィクションを映画化した作品です。

ノンフィクションの部分は、暗殺事件をリアルに蘇らせ危機迫るものがありました。
ホテル従業員を通しての人種差別問題、ベトナム戦争行きを逃れる若いカップル、ドラッグ密売人、選挙キャンペーンの側近を通して、当時、米国が抱えていた問題を投げかけていました。

キャストも、アンソニーホプキンス、シャローンストーン、というベテラン俳優に、名曲バナナボートのハリーベラホンテが俳優として出演してました。
映画の中の音楽も懐かしいサイモン&ガーファンクルの「The Sound of Silence」、シュープリームスの「Come See About Me」など、60年代から70年代を象徴する曲が流れ、最後のロバート・F・ケネディー議員の演説は米国民だけでなく、何処かでまだ争いが続く、世界中に残したメーッセージだったかのように思いました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ