☆お気楽主婦が、大好きなハワイのこと、手作り、おしゃれ、美味しいもの綴っています。☆

2010/5/7  19:29

友人の訃報に接し  

ゴールデンウイークの最終日、朝一本の電話が入りました。
私が以前ケーキ屋さんでパートをしていた時の仲間Mさんのお嬢さんからです。

彼女は5年程前から病気療養中で、私も日赤医療センターや転院した学芸大学の病院へもお見舞いに行ってました。
昨年の暮れ、彼女の生まれ育った焼き物で有名な愛媛県の砥部へ引越し、通院とお嬢さんの介護を受けながら頑張って来たのですが、5月4日とうとう力尽き亡くなられたという悲しい連絡でした。

告別式に参列する為松山へ。私自身も病気をして以来、初めて一人で飛行機に乗りました。何の不安も無く彼女が力を与えてくれたような気がしてなりません。

私は子供の手が離れた頃、近くのケーキ屋さんで週二回のパートそれも3時間か4時間を同年代の主婦5、6人でシフトを組み仕事をしてました。偶然にも皆二人の娘を持つ者同士。家庭環境も似通っていて、仲も良くランチをしたり、10年前には5人でのシンガポール旅行まで決行。
5人の中では一番仕事の先輩だったMさんは性格が穏やかで、人の悪口は決して言わず、謙虚な人柄でした。ただ、とても心配症で旅行を決めるまで時間が掛かったのを憶えています。

祭壇で流れたスライドに、そんな彼女と行ったシンガポール植物園で皆で撮った写真が映し出された時は、楽しかった旅の思い出が蘇り堪りませんでした。

家の娘と同年代のお嬢さん達を残すには、どれだけ無念だったかと思うと、心が痛みます。

 ご冥福をお祈りします。    合掌
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ