☆お気楽主婦が、大好きなハワイのこと、手作り、おしゃれ、美味しいもの綴っています。☆

2009/10/20  15:51

結婚記念日  家族

10月18日、3○回目の結婚記念日。

もう、この歳になると、二人で食事になんて。。。
先月のIL DIVOのコンサートにめずらしく二人して出掛けてたぐらい。

長女が仕事から帰り、白い紙袋を持っていたので

「えぇ〜!プレゼント?」

「今日ね。ブライダルフェアーだったの、和をテーマにしたね。今日、結婚記念日だったでしょ。?」

しっかり者の娘、どうやらお花をいただいて来たようですが、それでも、私は、嬉しかったりして。。。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/7/4  20:20

後姿  家族

今日は長女の○○歳の誕生日。

自分の姉と慕っている従姉が台湾から帰国中で、長女は大きなスーツケースを引きずり、一ヶ月間従姉の家へ、その方が会社に近いと我が家から脱出して行きました。

この振袖の後姿は、先日、高校時代の友人が、娘の勤務する船で披露宴を行った時のスナップ写真です。担当と出席者と二役。

当日は、お天気が怪しく、着物と洋服と両方用意してましたが、何とか着物を着る事が出来、最後の振袖姿になるかも知れない年齢へと。。。

因みに、サプライズでブーケトスも頂いてきましたが・・・


クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/5/16  21:22

人生の扉♪  家族

また、一つ年を取りました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年毎年一年が速く感じ、アッという間にアラ還を迎えそうです。

今、私のお気に入りの歌がこの竹内まりやの

      ”人生の扉 ”

春が また 来るたび ひとつ 年を 重ね

目に映る 景色も 少しずつ 変わるよ

陽気に はしゃいでた 幼い日は 遠く

気がつけば 五十路を 越えた私がいる

信じられない 速さで 時は 過ぎ去ると 知ってしまったら

どんな 小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ

I say it's fan to be 20

You say it's great to be 30

And they say it's lovely to be 40

But I feel it's nice to be 50

満開の桜や 色づく 山の紅葉を

この先 いったい何度 見ることになるだろう

ひとつ ひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ

ひとり ひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fan to be 60

You say it's alright to be 70

And say still good to be 80

But I'll maybe live over 90

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように

長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

I say it's sad to get weak

You say it's hard to get older

And they say that life has no meaning

But I still believe it's worth living

But I still believe it's worth living



何故か、自分の年と重ね合わせ、ジ〜ン!と来てしまう歌詞です。

0

2009/3/3  17:00

稲取温泉「雛のつるし飾り」  家族

今日は雛祭りですが、二月のような寒さでぶるぶるこれから雪が降るそうです。

河津に戻る前、稲取に寄り道です。電車の時間も迫っていたので、駆け足で「雛のつるし飾り」展示場の一つ「むかい庵」へ。

途中、普通のお家でも、観光客につるし雛を見せて下さるところがあったりと、町挙げてつるし雛の保存に携わっていることが、伝わって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

☆どの展示にも、女の子が七歳の時に締めたような帯も飾られていました。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2009/3/2  21:12

下田散策  家族

お花見前、一昨年も河津桜を訪れている長女の案内で、昼食は下田へ移動。

ひものやさんで「ごろさや」という海の幸を食べさせてくれるお店を紹介してもらいました。

地元下田港で水揚げされた新鮮な金目鯛使ったお刺身、煮付け、コロッケの美味しかったこと。

クリックすると元のサイズで表示します

お腹のいっぱいになったところで、ぶらぶら下田港へ。

ペリー提督が来航の折、歩いたとされるペリーロードは、春を待つ柳は新芽が雨に濡れ、ペリーロード沿いの平滑川には、一羽の白鷺がエサ探し。

クリックすると元のサイズで表示します

石造りのおしゃれなアンティックのお店、なまこ壁の歴史のありそうな酒屋さんが残っていたりと、風情のある街並です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ