2006/7/16

スーパーソニック  バイブレーション
クリックすると元のサイズで表示します

へドンの「スーパーソニック」。
管理人が子供の頃からある、元祖バイブレーション・ルアーだ。

当時はとても高価で手が出せない憧れのルアーだったが、今では国産ルーよりも安く手に入る。
理由は、円ードル為替レート。
当時は今より3倍、ドルが高かった。
ドル建の価格が変わっていなければ、現在の円建価格は当時の3分の1になる計算だ。

ルアーなんて、所詮消耗品。
もともと、そんなに高価であるはずがないのだ。

  
0

2006/1/14

クリックすると元のサイズで表示します

デュエル・ハードコア・シリーズのバイブレーション、「ドラム」。
「ハイインパクト」といううたい文句の通り、立ち上がりの良いぶるぶるアクションで、強烈にアピールする。

※海で使ったら、一発でフックが錆びた(泣)。

  
0

2005/3/21

バグ−ス  バイブレーション
 
ベルズ「バグ−ス」。
小さいけれど、ウエイトがあって飛距離は抜群。
とても使い易いバイブレーションです。

 
0

2005/3/12

トライガン75S  バイブレーション
 
バスロマンの「トライガン75S」。
バイブレーションである。
アクションは少しゆるめ。

 
0

2005/1/15

リップレス・ベイト  バイブレーション
 
メガバス「リップレス・ベイト」。
かつて、メガバスのルアーの中でいつでも定価で手に入るのはこのリップレスベイトと、ミノータイプの「リップインベイト」だけだった。
海のシーバスフィッシングで使う人が多いが、もちろんブラックバスにも使える。
アクションはおとなしめでナチュラル。
 
0

2005/1/11

チャッピー  バイブレーション
 
タックルボックスの底から懐かしいルアーが出てきた。
ランブル・ベイトの「チャッピー」。
フローティング・バイブレーションだ。

フローティング・バイブレーションといえば真っ先に思い出すのはかの名作、スミスの「ミスティー」であるが、このチャッピーは、ミスティーよりも比重が有り、飛距離が出る。
アクションもやや小刻み。

トップウォーター的に使えるところもミスティーと同じ。
アシ際に投げて、ストップ&ゴーで誘う。
そんな釣りにぴったり。
 
0

2004/12/1

 
ラッキークラフト「LV-0」。
ユニークなコンセプトのサブ・サーフェイス・バイブレーション。
その秘密はこのリップに有る。
ミノーやクランクベイトのような「潜らせる」ためのリップではなく、頭を真下に向かせて水中抵抗を大きくし、ルアー本体を水面に浮かせるためのリップなのである。
少し早めにリトリーブすれば、お尻を水面上に出して引き波を立てることもできる。
水面直下をノイジーに曳きたいときはこれ。
ゆっくり静かに曳きたいときは、「ミスティー」がいいね。
 
0

2004/11/27

フレンジー・ラトルR  バイブレーション
 
バークレイの、フレンジー・ラトルR。
色々なカラーがあるが、管理人はこのフィッシュペイントが気に入った。
大小2サイズ有り。
マジで釣れそうなオーラを発している。
 
0

2004/11/23

史上最強!これぞB級!  バイブレーション
 
昔、上州屋のワゴンセールで、ふと魔が差して買ってしまったアメリカンB級ルアー。(名前は忘れた)
いまだかつて、これほどチープでシャビーなデザインのルアーが存在しただろうか。
粗悪な質感が、画像では上手く伝わらないのがもどかしい(笑)。
「魚を釣らせよう」なんて気はさらさらないだろうっ!と突っ込みを入れたくなってしまう。
かなりいかれている。
買う奴もどうかしている。
 

0

2004/8/27

スピンソニック  バイブレーション
ウォーターランド「スピンソニック」6.3g(一番小さなサイズ)。
タイトなバイブレーションと、お尻に付いた小さなスピナーの回転で魚を誘う。
バスにもいいけど、アジやトラウトにも効くよ。



0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ