2006/5/20

スピナー007  ペンシル
クリックすると元のサイズで表示します
 
バグリーのスイッシャー、「スピナー007」。
日本のフィールドでスイッシャーを使う場面というのはあまり無いかもしれないが、まだ薄暗い早朝のシャローエリアで、バスに追いつめられたベイトフィッシュが水面を飛び跳ねて逃げ回っているようなときには、意外にハマったりする。

なんか、すごく限定的なシチュエーションだね(笑)。

  

0

2005/11/13

スゴイ・ペンシル  ペンシル
クリックすると元のサイズで表示します

ゲーリー・ヤマモトの「スゴイ・ペンシル2」。
「サミー」の中に紛れ込んでいた(笑)。

アクションはほとんど印象に残っていないけど、さぞかし「スゴイ」のだろう。

 
0

2005/9/11

ポップ・スウィンガー  ペンシル
クリックすると元のサイズで表示します

ザウルスの「ポップ・スウィンガー・セラフ」。
ウッド製のオリジナルはとても高価な高嶺の花であるが、プラスチック製の普及型「セラフ」なら管理人にも手が届く。
これは、100円セールのワゴンで見つけたもの(笑)。

 
0

2005/4/17

ペンシル・ペンギン  ペンシル
 
ゴダグレイの「ペンシル・ペンギン」。
近所のフリマで、新品を一個100円で買った。
直立型のペンシルはごく普通でめずらしくもなんともないのに、ちょっとキャラクターを変えただけでこんなにユーモラスなルアーになってしまう。
なんだか不思議。

 

0

2005/3/6

君はだあれ?  ペンシル

いつの頃からか管理人のタックルボックスの奥に居すわる正体不明のルアー。
どこのメーカーのなんというルアーなのか、さっぱりわからない。
薄型シャッドシェイプのノンラトル・ボディはおそらくウッド製。
アイはヒートンではなく、通しのワイヤー。
かなり凝ったつくりなので、ワゴンセール用100円ルアーの類ではない。
ボディのエラの部分の模様が、カタカナの「ケ」のように描いてあるのが特徴。

実際に泳がせて見ると、形状からも想像できる通り、ほとんどアクションはない(笑)。
ただスピナ−テイルがしゃらしゃらと回るだけ。
魚が釣れそうな気は、正直しない。

それでもなんだか気になるこのルアー。
いったい、君は誰?

<追記>
すったサンの調査により、このルアーはタックルハウスのアーリーバード「スラッシュ」であることが判明しました。
すったさん、ありがとう!

  
続きを読む
0

2005/3/6

ウォーターモニター  ペンシル
 
ジャッカルの「ウォーターモニター」。
ラッキークラフトの「ワンダー」以降、雨後のタケノコのごとくぞろぞろ登場したスロー・シンキング系ペンシルの一派。
アクションはお約束の、「ただ引きでゆらゆら&軽くトゥィッチで水中首降り」アクション。
スラッゴ−などのスティックベイトが大好きな私としては、こういうハードルアーが増えてきたことはとても嬉しい。
海のシーバスにも効くぞ。

 

0

2005/3/6

トライガン85  ペンシル
 
バスロマンの「トライガン85」。
同じシリーズの60、90が「もろ」パクリだったのにくらべると、これは多少オリジナルっぽい気もする。
仕上げも丁寧で、いい感じ。
 
 
0

2005/2/26

アクセル70  ペンシル
 
バスマニアの「アクセル70」。
雄蛇ケ池のウイ−ドに引っ掛かっていたもの。
一瞬、大きなアカハライモリかと思ったが、よく見るとルアーだったので、磯釣り用の柄の長い玉網ですくってやった。
玉網は、バスフィッシングでも役に立ちます!(笑)
 
続きを読む
0

2005/2/13

ビッグラッシュ(セラフ)  ペンシル
 
ザウルスの「ビッグラッシュ・スケーター・セラフ」。
バルサ50のオリジナルは高くてとても手が出なかったが、プラスチック製の「セラフ」なら価格もリーズナブル。
スケーティングアクションもバッチリ決まって、なんだかルアー操作が上手くなったような気になる(笑)。

  
0

2005/2/10

GEN  ペンシル

ラッキークラフトの「GEN」。
通称「ツチノコ」。
「山間の野池で泳ぐツチノコに遭遇した」という目撃情報の90%は、このルアーを誤認したものだ(嘘)。

アクションはごくフツーの首振り。
見た目のデザインほどのインパクトは無い。
 
 
続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ