2006/5/14

LOVE♪ワゴン  その他
 
先日、久しぶりに日本橋に用事ができたので、いつもいきつけだった某ショップを覗いてみた。
店内は、ちょうど週末のタイムサービスの時間。
ワゴンの中は、見切り処分のルアーで一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

ストームの「ホッテントット」(下)と「ラトルトット」(上)。
1個199円也(税込)。
管理人が小学生の頃には高価でとても手が出ない憧れのルアーだったけれど、今ではこんな値段で手に入るんだね。
これなら子供のお小遣いでも買える。
魚を釣る秘訣は、根掛かりを恐れず障害物のあるポイントにびしばしルアーを打ち込むことだ。
こういう安いルアーで練習するといい。

クリックすると元のサイズで表示します

デュエルの「ゾンビ」シリーズ。
1個299円也(税込)。
軟質発泡系素材でできたちょっと変わったルアーだ。
最小限のノイズで、狙ったポイントを静かに攻めることができるらしい。
ふむふむ。なるへそ。
上から、クランク、ミノー、シャッドの3種類。
でも、どれも同じに見える(笑)。

 
いやあ、ワゴンセールって、本当に楽しいものですね♪

  
  
0

2006/3/26

管釣り専用スペシャル・チューンド・ルアーズ  その他
クリックすると元のサイズで表示します

管理釣り場専用スペシャル・チューンを施したルアー達。

リア・フックは、バーブレスのシングルフックに交換。
フロント・フックは取り外して、代わりにガン玉でウエイト調整。
フローティング・タイプのミノーも、ウエイトの重さ次第でサスペンド仕様にすることが出来る。

ターゲットはもちろん、ビッグ・トラウト!

  
0

2006/2/5

エルフィン・シュリンプ  その他
クリックすると元のサイズで表示します
 
タックルハウスの「エルフィン・シュリンプ」。
エビである。
ひげも付いている。

本来はトラウト用ルアーらしいが、海の魚はみんなエビが大好物。
春になったら、堤防デビューさせる予定♪

  
0

2005/11/23

続「バスロマン」  その他
  
以前ご紹介した「バスロマン」
アクションは特に素晴らしいという程のものでもなくまあ普通なのだが、凝った造形と手の込んだ塗装が特徴的なルアー。
メーカーは既に存在せず、中古市場でもほとんど流通していない。
「幻のルアー」である。

その「バスロマン」を、本日またまた中古ショップで発見した。
この先、再びいつ出会えるかわからないので、迷わずゲット!

クリックすると元のサイズで表示します
バスロマン「TORAIGAN85」。
トップウォーターだ。


クリックすると元のサイズで表示します
バスロマン「TORAIGAN90」。
ステイシー90にうりふたつ。


フックもスプリットリングも付いていない所を見ると、製品として市場に出たものではなく、出荷前の段階でどこかに残っていたデッドストックが業者に流出したものと思われる。
色々と複雑な事情があったのだろう。

未使用品で、一個200円也。
安いルアーは、根掛かりを恐れずにどんどんポイントに打ち込んでいけるところが良い。
中古市場で玉数の多い「ステイシー90」の販売価格の相場が300円程度なので、それに比べれば特段驚くほど安いという程のものでもないが、それでも200円と300円では1.5倍も違う。
10個ロストしたら、1000円違う(笑)。 
本気モードのときこそ、激安ルアーの出番だ。

チャートカラーのディープダイバーで、夜のシーバスでも狙ってみようかな♪

 
0

2005/3/31

「バスロマン」  その他
  
先日のすった隊員(勝手に隊員にするな(笑))の調査により、かつて「バスロマン」なるメーカーが存在したことが判明した。

更なる追跡を試みたものの、すでにこのメーカーのホームページは閉鎖されており、検索エンジンにも製品に関するいくつかの古い記事が引っ掛かったのみで、その後の消息は残念ながら不明である。
どこかのメーカーに吸収されたか、はたまた倒産してしまったのか・・・。

それ以来、なんだか気になって仕方がない。
目を閉じると、細川ふみえがお風呂の中でルアーのスイムテストをする情景が浮かんでくる。
管理人はバスロマン関連の記事に紹介されていた「トライガン(TORAIGAN)」なる製品名を頼りに、近所の中古ショップへと出かけて見た。
以前、ここで見かけたような気がしたのだ。

すると・・・。
ありました。
しかも、
ざくざくありました。

一個100〜200円だったので、とりあえずいくつか買ってきた。↓


「トライガン60SP」という名前のルアー。
60mmサイズのサスペンド・シャッド。
デザインは、見てのとおり、ステイシー60にそっくり。
しかし、ステイシーよりもウロコ模様などの作りこみが細かく、塗装も凝っている。
私はこっちのほうが好きだ。


「トライガン90SP」。
見ての通り、「もろ」ステイシー90。
さすがにこれはまずいんじゃないのか?と思うのだが・・・どうでしょう?


「トライガン85」。
これも、どこかのメーカーのデザインをパクったのだろうか?
同じシリーズの60、90が「もろ」だったのにくらべると、これは多少オリジナルっぽい気もする。
仕上げも丁寧で、いい感じ。


「トライガン75S」
これはバイブレーション。
オリジナルっぽい。


さてと、泡にまみれてスイムテストしてみよっかな♪

 
0

2005/2/17

100円ルアーいろいろ  その他
 
日本橋の某釣り具店のワゴンから掘り出した100円ルアーたち。
TDソルトシャッド、マールアミーゴ、バッケンミノー、スラバークランク、名称不明のミノーetc.・・・
ぜーんぶ100円。

「安いルアーはよく釣れる!」
管理人の持論である。
根掛かりを恐れずに、障害物の多いポイントをタイトに攻めることができるからだ。
高価な新品ルアーを1個買うよりも、中古ショップで傷だらけでもいいから安いルアーをたくさん買ったほうが良いと思う。

今日仕入れた100円ルアー達も早速一軍ボックス入りだ。
安い給料でこき使ってやるぜ。
ふっふっふっ・・・(悪魔の笑み)

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/17

ジッターバグ  その他
 
フレッド・アーボガストの「ジッターバグ」。
今更説明は要らない。
だから、しない。
 

0

2005/1/15

二軍ボックス  その他
明邦のタックルボックス。
今から20年くらい前に使っていたモノ。
当時は、持っているルアーの数も、この中に収まる程度だった。

商品名は「オーナー・トラウト」
だのに、バスの絵のシールがぺたっと貼ってある(笑)。
当時はまだ、いろんなことが「こなれて」なかった。

現在このボックスは、使わなくなったルアーや未開封のルアーのストック用に使っている。
 
0

2004/12/5

管理人のワームボックスD  その他
 
「スラッゴー」との出会いは、本当に衝撃的だった。
バスに追われ水面を逃げ惑う小魚を演出するためのワーム。
それまでの、「ワーム=にょろにょろ」というイメージが根底から覆えされた。
しばらくの間、スラッゴーしか使わない日々が続いた。

「センコー」と出会うまでは・・・。
 
0

2004/12/5

管理人のワームボックスC  その他
 
グラブってどうよ?
管理人的にはファーストムービング系に分類しているが、一時期「イモグラブ」なんてリグも流行ったね。
正直、あまり使わないのだ。
 
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ