カレンダー

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事カテゴリ

検索



このブログを検索
RSS

皆既月食 2011

12月10日(土)〜11日(日)にかけて月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食をカメラに収めました。


夕方から何か雲行きがあやしくなり、欠け始めの午後9時45分には空一面厚い雲に覆われてしましました。
雲の流れは速く、9時57分に数秒間雲間が現れたので、すかさず先ず初ショット。
その後も厚い雲と、ぱらつく雨に悩まされ、たまに現れる雲間をシャッターチャンスとして撮り続けていたところ、0時前頃から雲が少なくなり、やがて雲ひとつない天空になりました。

欠け始めから一定時間間隔で月食の進行状態を記録しようと予定していたところ、厚い雲に阻まれて成り行き任せになってしまいましたが、2011年の「天空ショー」を概ね欠け始めから終演まで写真を残すことができてホッとしています。




21時57分(欠け始めから12分後)
クリックすると元のサイズで表示します


22時26分
クリックすると元のサイズで表示します


22時57分(あと8分後皆既月食が始まる)
クリックすると元のサイズで表示します


23時32分(月は赤く妖艶な色に・・・)
クリックすると元のサイズで表示します


23時59分(皆既月食の終わる時間)
クリックすると元のサイズで表示します


0時28分
クリックすると元のサイズで表示します


0時44分
クリックすると元のサイズで表示します


1時12分
クリックすると元のサイズで表示します


1時25分(やっと右側(西側)の暗部が明るくなってきた)
クリックすると元のサイズで表示します


END(皆既月食 2011) 2011年12月11日


投稿者:キタムラ

ネーチャーフォトトリップ


☆八千穂高原(長野県佐久穂町)クリックすると元のサイズで表示します


☆志賀高原.渋峠付近(群馬県)
クリックすると元のサイズで表示します


☆志賀高原/残雪の志賀草津道路(国道292号線)
クリックすると元のサイズで表示します



6月1日から4日間、八千穂高原(長野県)〜志賀高原(群馬県)の撮影旅行に出掛けてきました。
サーフィンの『動』に対し、今回はネーチャーの『静』を堪能するトリップです。


宿は、日本三名泉の一つで自然湧出量が日本一を誇る草津温泉で、の〜んびり天下の名湯に浸かって命の洗濯をしながら志賀高原の撮影拠点にしました。

雨の朝に到着した八千穂高原は最初の撮影地で、ミツバツツジがちょうどピークを迎え、たくさんのカメラマンが訪れていました。

白樺とツツジの撮影に欠かせないのが「霧」、雨が降ったり止んだりの中で午後3時半過ぎまで待ったが、霧のベールに包まれたのは僅か5分足らず・・・・・自然は思う通りにはいきません。



翌日、温泉に浸かって鋭気を養ったあと、深夜2時半過ぎにホテルを抜け出して第二の撮影地である志賀高原に向かいました。

渋峠の気温表示は4℃、雪の残る寒さの中での撮影といえども、北風びゅーびゅーの冬の伊良湖より楽だった。


翌日も深夜にホテルを抜け出して志賀高原に車を走らせたが、前日とは違った朝景が待っていました。まさに写真の醍醐味がここにあります。

最終日は再度八千穂高原に立ち寄ってから帰路につきました。
全行程走行距離は933Kmのフォトトリップでした。

〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜

アップを待っているサーフィンの写真はこの次デス・・・・・。



              



☆ミツバツツジ咲く新緑の駒出池(八千穂高原)
クリックすると元のサイズで表示します


☆「高原の貴婦人」と呼ばれているミツバツツジ(八千穂高原)
クリックすると元のサイズで表示します


☆日の出前の志賀高原
クリックすると元のサイズで表示します


☆日の出前の志賀高原
クリックすると元のサイズで表示します


☆志賀高原の日の出
クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:キタムラ

志賀高原で秋を見た…

   
   === 自然探勝 ネーチャーフォト撮影行 ===


往路夜行・一泊3日の行程で志賀高原の「秋」を満喫してきた。

志賀高原を訪れた日の午前3時頃、横手山付近の標高2100m地点での気温は氷点下1度を示していた。
紅葉の程度がどれくらいか心配しながら出発しただけに、この氷点下の気温は、期待を大きく膨らませてくれた…。

撮影スポットのひとつでもある木戸池の紅葉はまだ早かったが、全般的にはちょうど良かったようであった。

ガスが立ちこめた為に夕焼けの写真は撮れなかったが、日の出時間前後の朝景撮影時には広大な雲海が眼下に広がり興奮してシャッターを切ったものです。


紅葉と朝景と雲海の素晴らしい自然の姿を味わっていただければ幸いです。

1日目
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



2日目
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:キタムラ
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ