5匹のチワワとシーズーの6ワンコと縁あって我が家の仲間入りした4匹の猫、金魚の大家族の日常を綴った日記です。

2010/10/31

2ワンの検査結果  シフォンとキャンディー

29日、シフォンの2回目の預けの検査を行いました。

AM10:00 521 血糖値 
    食事(通常の半分)、インスリン3.0ml投与

PM12:00  95

PM 2:00  91(血糖値底)

PM 4:00 217

体重が2日前より20g増
依然、血糖値は不安定なまま。

1週間ぐらい、インスリン量を 朝2.5ml 夜2.0mlで投与。
再度預けの検査と糖化アルブミンの検査を行う事になりました。

少しずつコントロールが出来てくれる事を祈るばかりです。

低血糖の発作の気をつけて見て行かないと命取り。
不安定な1週間となりそうです。


シフォンがこんな状態の中、キャンディーにも異変が・・・

9月に我が家に来て初めて下痢になりました。
その後も薬を飲むとしばらく良くなり、まだ下痢を繰り返す事1ヶ月余り。

シフォンの預けの検査の日も朝から下痢。
シフォンの迎えの際、受診し、細かい血液検査をしました。

結果 
尿素窒素の数値が異常に高く33.6r/dL(正常数値9.2-29.2r/dL)
リンの数値が異常に低い値1.1r/dL(正常1.9-5.0r/dL)でした。

リンが少なすぎると脳障害の発作が起こる原因にもなるとの事。
現時点の数値では発作を起していてもおかしくないほど低下。
幸い体重は増加気味、食欲もある為強めの抗生剤と整腸剤を1週間飲み切り、下痢をしている為、数値の異変があるのかもしれない為、しっかり下痢を止めてから再度血液検査と内臓のエコー検査をする事になりました。

この2つの数値の意味する所は腎臓に異常がある可能性が高いそうです。

2匹とも同じぐらの時期に再検査です。
どちらも良い結果が出る事を願ってやみません。

検査後帰宅した2匹は楽しそうにソファーでじゃれあっていました。
頑張ろうね2ワン。
一緒に1つずつ問題を失くして行こう。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/28

最悪の検査結果  シフォン糖尿病

昨日シフォンの半日預けの検査を行いました。
前日に出た糖化アルブミンの結果が思わしくなく、早急にインスリンのコントロールをし直さなければならなくなったからです。

まず、アルブミンの検査結果 32% 術前に行った2か月前の検査結果が21.4% かなり高いです。

通常の糖尿病コントロール目標範囲が20〜30% これを大きく上回っています。

本来ならシフォンのストレスを考え、預けの検査は避けたいと思っていましたが、そう言う訳にはいかなくなり急遽検査に踏み切りました。

血糖値 AM10:00 600(計測不可能値)
    食事、インスリン2.0ml
      ↓
    PM12:00 308(血糖値底)
      ↓
    PM 2:00 414
      ↓
    PM 4:40 535

完全に現時点でインスリンのコントロールが出来ていない事が判明。

体重3.86s 一ヶ月前より0.3s減
最悪の状態
何時発作を起こしてもおかしくない状況

昨日よりインスリン量を増やす事になりました。
高過ぎても低くなりすぎても行けない血糖値、徐々に上げて行き、今の状態に一番良い量を探さなければなりません。

昨晩より夜は2.0ml 朝は2.5mlの投与となりました。
これで今日1日シフォンに異変がないかチェック。
明日再度同じ預けの検査をして、血糖値の計測をする予定です。

シフォンに負担をかける事が如何にこの病気にとって悪いのか、改めて思い知らされました。

預けの検査もシフォンにとっては物凄い負担、でも命を優先する事、譲れない事です。

言葉が通じたら良いのに・・・
ごめんね、ごめんね・・・
このまま血糖値のコントロールが出来なかったたら視力もまた失うばかりか、命まで脅かす事になるね。
頑張って、それしか言えなくって・・・
せめて動揺している事だけは感じさせないように・・・
今できる事をする、それしかないけど、やっぱり不安・・・
 
0

2010/10/22

血液検査  シフォン糖尿病

今日、シフォンの血液検査をしてきました。
術後初めての検査。

本当なら半日預けての検査が必要ですが、今のシフォンにこれ以上のストレスをかけたくなくって測定時の血糖値と目の手術の際に発覚した肝機能の数値を見てもらいました。

結果は予測していたより悪い状態でした。
AM9:00にインスリンを投与して、検査したのがAM11:00。
今までならインスリン投与前で300前後、投与後は200台にはなっていたものが、414。
完全にコントロールが出来ていない状態と分かりました。

外注検査の糖化アルブミンの結果と半日預けての検査結果が分からないと正確なコントロールは出来ませんが、当面1回1.5mlのインスリンを朝は2.0ml(異変があったらすぐに対処できる時間帯)、夜は1.5mlと変更になりました。
今の状態ではこのインスリン量でも血糖値を完全にコントロールする事は出来ませんが低血糖発作を起こす可能性を考えると慎重にならざるを得ません。

来週中には半日預けの検査も行う予定です。
シフォンのストレスを思うとまだ、やりたくない状態ですが、命を考えるとせざるを得ません。

肝機能のALPも549とかなり高く、こちらの治療も始めなければなりません。
その前に、血糖値をしっかりコントロールする事が最優先。

カラーも外しました。
少しでもストレスが減るように・・・
眼科検査も主治医の先生が眼科の先生と相談して下さる事になりました。

私が今出来る事、少しでもシフォンのストレスを減らすように努力する事だけ。

シフォンに光を、と思って決断した手術。
結果、シフォンに負担を強い、この先も強いる事になったしまった事、私の責任・・・

ごめんね、シフォン。
また辛い思いをさせるね。

光と引き替えにしたもの・・・
失われないでほしい光・・・
強い思いで受けたはずの手術なのに、心が揺らぐ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/18

何を優先するか・・・  シフォン白内障手術

昨日転院してから2回目の経過検査に行ってきました。
午後2時半の予約の為、自宅を1時半にでて、病院までは車で30分。
順調に着きました。
待合室で待つ事1時間半、予約時間をかなりオーバーしてからの診察が開始され、終わったのが更に2時間後。
それから帰宅して自宅に着いたのが6時を回っていました。

動物の眼科の病院は少なすぎます。
患者が多いのに比べて、眼科の機材が高価すぎ、設備投資が出来ない病院が多いとの事。
勿論専門知識も必要ですが、人の様に簡単に受診が出来ないのが現状。
遠方から来院される方も沢山いらっしゃいます。

今回の検査で、目の数本の抜糸と炎症度合いを確認しました。
炎症は今のところ順調、点眼薬もサンテゾーンが1日2回から1回に変更、キサトロンはなくなり次第終了となります。

カラーはまだ1ヶ月は外せないそうです。
完全抜糸も次回まで延期。

眼科の検診は想像以上にシフォンにストレスを与えています。
長時間の病院での待機、診察。
糖尿病のシフォンにとっては負荷がかかる事が一番心配です。
術後から血糖値が安定していない、検診後の体調不調など、眼科医師と相談し、次回は1ヵ月後の診察となりました。

本来は2〜3週間に1度の受診を1年ぐらい続けるものだそうです。
動物の目の手術は術後はとても大変で大切だと言われました。
何時炎症が強くなるかで、折角した手術が無駄に終わるから。

でも、血糖値が不安定な方が命に関わって来ます。

苦渋の決断

なるべくストレスをかけないよう、シフォンを見ていられる時はカラーを少し外す。
目の炎症度の日々のチェック。
瞳孔の収縮度のチェック。
勿論点眼も続きます。

炎症が肉眼で確認された場合は緊急受診する事。
折角見えるようになってきた目がまた見えなくなるかもしれない危険をおかしてでも、命を優先する。
これが今回出した結論です。

頑張ってくれているシフォンの為、少しでも出来る事をするしかない。
どうか、炎症がこのまま順調に治まりますように・・・
血糖値が再び安定しますように・・・

昨日の負担を思い、本来なら半日預けの検査にだして、血糖値の再チェックをしなければいけないのですが、もう2〜3日、シフォンの疲れが取れてから。
どうか何事もおきませんように・・・

2ヶ所の抜糸で少し目が以前の様に大きく開けるようになって来ました。
ご苦労様シフォン、頑張ってくれてありがとう。

日曜日の診察の為車の運転、病院での長時間の待機を一緒にしてくれたパパさんにも感謝です。
私が運転出来ればと毎回思わずにはいられません。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/15

お揃い姉妹  まったり日常

先日セールで買った洋服。
リアンとポワのお揃いが実現しました。

箱を開けて並べてみたらこの大きさ
クリックすると元のサイズで表示します

サイズを間違えたかとお思いきや(^^ゞ
なんとどちらもぴったり!!
クリックすると元のサイズで表示します

リアン、ちょっとダイエットしようか・・・

失礼ね 
あたち太ってましぇんよ、ママしゃん。
ポワが小さすぎるんでしゅよ

クリックすると元のサイズで表示します

ポワは太ってないもん!!
リアンネエネはママの言うとおりダイエットするでしゅよ


ってポワもお腹周りを絞った方が良いと思うんだけど・・・
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ