5匹のチワワとシーズーの6ワンコと縁あって我が家の仲間入りした4匹の猫、金魚の大家族の日常を綴った日記です。

2011/7/30

ポワ入院  事故

昨日は娘の13回目の誕生日でした。

勉強合宿中の息子抜きで、パパさんと娘の3人で久しぶりにお寿司を食べに行きました。
その間に起こってしまった事故。

明らかに私の不注意です。
テーブルの横の棚にチョコレートの箱を起きっ放しにして出かけてしまいました。

留守の間、椅子からテーブルに、テーブルから棚に、これが出来るにはリュミだけです。
推測ですが、私がいないといけないと言う事をしっかりやってくれるリュミが、チョコレートの箱を下に落とし、ソレイユが箱をガシガシと噛み千切り、皆で食べてしまいました。
何時もながら見事な連係プレイです。
普段は仲がそんなに良い訳ではない、男組。こんな時だけは役割分担を知っているようです。

かなりしっかりした箱を噛み千切り、中に入っていた1枚ずつ包装してあった、包みも開け、チョコレートを食べてしまった子が・・・

その中にはポワが・・・

数年前にもチョコのかけらを口にし、嘔吐を繰り返し、病院のお世話になった事があったので、チョコレートには気をつけていたはずなのに・・・

夜遅くまで様子を見ていましたが、少し元気がない程度だったので、そのまま寝てしまい、今朝起きてゲージを見たら・・・
普段飲まないペットボトルの水は空になり、ベットだけでなく、ゲージ全体に嘔吐と下痢が広がっていました。

慌ててポワをシャンプーして、水を飲ませると、嘔吐の繰り返し、すぐに病院へ。
車の中でも嘔吐と下痢を繰り返し、病院到着時点で、かなり衰弱状態でした。
原因は当然チョコレート。
ポワは特に中毒症状が強く出る子の様で体温も36.8度。
即、入院で現在処置をしていただいている状態です。

犬のチョコレートは禁物を分かっていながら、目の付く所に箱を置いてしまった私のミスです。
他に食べた子もいるので、現在も自宅で監視中ですが、今のところ、他の子は大丈夫そうです。

身体の一番小さいポワの体力が心配ですが、今は先生にお任せするしかありません。

どうか、ポワが元気で戻ってきますように・・・

ごめんね、ポワ。
苦しい思いをさせちゃってるね。
本当にごめんね。
早く戻ってきてね。
クリックすると元のサイズで表示します

チョコレートが平気なワンコもいるかと思いますが、犬に与えてはいけない物、皆さんのご注意ください。
0

2011/7/27

リュミエール 3歳  誕生日

今日、7月27日はリュミエールの誕生日です。
今日で3歳。
あっと言う間に我が家に来てから3年がたったような気がします。
娘の誕生日が29日なので2日違いの娘とリュミ。
仲の良いコンビです。

大きな病気知らずのリュミ。
やんちゃで、甘えん坊、イタズラばかりのリュミです。

何時ものケーキはないけれど、今日は手作り食のトッピングを用意しています。
夏バテ気味の私の体調が戻ったら、ケーキを焼くからね。
ちょっとだけ、待っててね。

次の誕生日まで、また病気・事故知らずで楽しく過ごそうね。

お誕生日おめでとう、リュミ!!クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/7/13

退院  ヴィー

奇跡は起こり、ヴィーが戻ってきました。
また一つ乗り越えてくれたヴィーの頑張りには頭が下がります。

帰宅当日は落ち着きがなく、絶えず動き回っていたヴィー。
鳴き声も高い声から一変し、今まででは想像出来ないぐらいの低いものに・・・
ご飯もお腹は空くけど、何時ものようにご飯皿を顔の前に持って行き、スプーンですくって口の前に持って行っても食べると言う信号が脳に伝達されないのか、舐めたり、嫌がった。
根気良く、時間をかけて、声がけもして、脳に食べると言う事を認識するまで待って、やっと完食。

そんな日々を数日送り、今はやっと元に戻りつつあります。
でも、以前とは違う点も多々あり、如何に6月の数度の発作がヴィーの脳にかなりのダメージを与えたかを思い知ります。

脳圧をコントロールする液体の薬・悪化していく腎臓の薬・発作止めの薬と、薬漬けの毎日ですが、少しでも現状を改善し、ヴィーの負担を減らしていく為に大切なこと。

せっかく戻ってきてくれたのだから、少しでもヴィーが楽なように・・・
出来る事をするしかない日々です。

ヴィーが戻ってきて、3代目の首輪が痛んでいたので、変えることにしました。
毎日、お水を飲む・ご飯を食べる為に首の曲がったヴィーの首輪は汚れ放題。
でも、必死に毎日を生き、闘ってきた証

ご苦労様3代目の首輪。
ヴィーほ一緒に闘って、生きてくれてありがとう。
1代目・2台目の首輪と仲良く休んでね。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、4代目の首輪、よろしくね。
これからヴィーと一緒に苦楽を共にして、ヴィー守ってね。
クリックすると元のサイズで表示します

紫の首輪。
ヴィー、似合っているよ。
クリックすると元のサイズで表示します


一緒にいられる事に感謝して・・・
傍に居られる事を誇りに思って・・・
一緒にこれからも闘う事を誓って・・・

これからも、どんな事があても、何時も一緒に・・・
大切な・大好きなヴィー
クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/7/3

発作→入院→そして・・・  ヴィー

先週木曜日にヴィーが入院しました。

先月の発作回数は今までの比ではなく、恐れていた外出中の発作が2度起こってしまいました。
1度目は何とか、何時もの昏睡状態から、生還しましたが、翌日再度の発作。
私が帰宅した時には、息の荒い、ぐったりしたヴィーの姿が・・・
何時もと違う光景に、不安を感じ、休診日にも関わらず、病院へ電話、すぐにタクシーで連れて行きました。

お休みの日なのに嫌な顔もせずに、出先から飛んできてくださったり、寝ずの看護をしてくださった先生には感謝してもし足りません。

覚悟はしていた方が良いと言われ、不安な1日が過ぎ、翌日電話にて様子を聞きましたが、依然昏睡状態でICUに入っているとの事でした。

そして、翌日の昨日、ヴィーに面会が出来ました。
最初はうつろで、立つ事もままならない状態でしたが、娘・パパさん・ヴィーの天敵でもあるポワを連れて、必死に声をかけ続けました。

ポワがヴィーの傍に寄ると、ヴィーの身体に反応が見られ、呼びかけにも答えてくれるように鳴き声を聞かせてくれました。
その後面会室を自力で歩き出し、大きな声で必死にアピールしてくれました。

先生も嘘の様だと、おっしゃってくださり、戻ってきてくれたのだと、実感しました。

一時はもうだめなのかと覚悟を決めなければと思っていましたが、また、傍に戻ってきてくれる。そう思うと、ヴィーの凄さを改めて思い知りました。

今は点滴で発作止めをしているため、まだ、自宅に戻ることは難しいですし、何時また発作が起き、状態が悪化するとも限りませんが、取り合えず、ひとつ山を越せなのかなと思っています。

ヴィーの頑張りももちろんですが、必死に治療をしてくださっている先生にも頭が下がります。

検査の結果では腎機能は依然低下していて、帰宅できても、今の病理食に発作止めの薬・腎臓の薬と薬漬けの生活になります。
それでも、戻ってきてくれる事を願ってやみません。

点滴から飲み薬に代えられたら、一時帰宅をする事になっていますが、予断を許せる状態ではないことをしっかり認識して、1日1日、待つしか出来ない自分が歯がゆくもありますが、ヴィーと先生を信じて待つしかありません。

発作から、奇跡の生還まで、続く事を信じて・・・

ヴィー、戻っておいで・・・
あなたがいないと寂しいよ・・・
絶対に帰ってくると、頑張ってくれると信じているよ・・・

沢山の試練を与えられ、その都度乗り越えて来てくれたヴィー
そんなヴィーを神様はまだ、連れていかないと信じて・・・
エトワール、先に逝った子達、ヴィーを追い返してね。

奇跡が再び起こる事を信じて・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ