2013/1/11

コンタクトと涙の流れ  

裸眼の状態に比べると、コンタクトレンズは角膜にふたをした状態になるので、まばたきによる涙の交換率はぐんと下がります。たとえばハードでは約20%、ソフトでは2〜3%になるといわれています。ハードレンズの場合、このベースカーブの大きさで目の表面へのフィット感が変わってきます。

目のことについて考える人の日記
ソフトレンズの場合は、その素材性から誰の目の表面にもフィットするようになっているため、ベースカーブの種類としては通常2つ、もしくは1種類だけの製品もあります。涙がレンズと角膜の間を少しでもスムーズに循環させるようにしましょう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ