「さよならは言わないよ」 「俺もだ」





  こちらは HN:やや矢野屋 による
  アニメの感想と二次創作小説・イラスト掲載のブログです
  「宇宙戦艦ヤマト」がメイン 他に「マイマイ新子と千年の魔法」など

2009/11/8

宇宙船サジタリウス  レビュー

ぬわー、11月16日からフジテレビTWOで「宇宙船サジタリウス」の放送が始まるーー!

http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/909200292.html

残念ながら私は視聴環境が整ってないので観られませんが、もしスカパーやケーブルに入っている方いらっしゃいましたら、騙されたと思ってご覧になって下さい。
これ、ホンットに面白いですよ!
宇宙を舞台にしたアニメの中では、ヤマトやガンダムに勝るとも劣らない大傑作です。

「宇宙船サジタリウス」とは、宇宙輸送の中小企業・宇宙便利舎が所有する貨物船サジタリウス号を舞台に、倒産・失職の危機と戦い、生活の安定と友情を天秤にかけつつ(汗)愛ある人生を選び取っていく大人達の物語です。
なんといっても、主人公トッピー(これが唯一のアニメ主役?島田敏さん)が初めてパパになる30代というのが凄い。
こんなアニメ、他にないですよ。
脇を固めるのは大家族を抱えるパイロットのラナ・40代(緒方賢一さんの大熱演)と、うだつの上がらない考古学者ジラフ・20代(新境地を開いた塩屋翼さん)。
放映当時はジラフやアン教授に近い世代だった私ですが(汗笑)、今観たらラナや奥さんのナラに一番感情移入してしまいそうです。
話の内容も、文化人類学的アプローチを絡めた政治風刺に文明批判と、見応え充分のアニメでした。

いまでも懐かしがる人の多いエンディング「夢光年」は、宇宙のロマンを歌ったものとして、個人的に「真っ赤なスカーフ」と双璧をなす名曲だと思っています。
JASRACの許諾をとって歌詞を紹介しているサイトさん(http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/)に掲載されていましたので、リンクを張っておきます。
http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/u/sajitarius/yume.html
作詞はヤマトと同じ阿久悠さん。
主題歌の「スターダストボーイズ」には「ちょっとヤマトを意識してるんじゃないかな?」と思われる一節もあります。
http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/u/sajitarius/star.html
阿久悠さんではないですが、挿入歌の歌詞もいいんですよ。
ついでですのでご紹介。
シビップ役の堀江美都子さんが歌う「愛が心にこだまする」
http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/u/sajitarius/ai.html
主題歌・エンディングと同じく影山ヒロノブさんの歌う「ソウルブラザー」
http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/u/sajitarius/soul.html



DVD-BOXは出るたびすぐに品切れになっちゃってますが、来年再販されるんですね!
ただいま予約受付中。うわあどうしよう、買いたくなってしまう……
ヤマト復活篇でだいぶ散財しちゃってるからヤバいよなあ。

【追記】
結局買えずにいたら、すでに中古しか引っかからない状況になってました…orz



 【中古】【DVD】宇宙船サジタリウス DVD-BOX 1 <初回生産限定版>映像アニメ




音楽集はまだ買えるかも。




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ