「さよならは言わないよ」 「俺もだ」





  こちらは HN:やや矢野屋 による
  アニメの感想と二次創作小説・イラスト掲載のブログです
  「宇宙戦艦ヤマト」がメイン 他に「マイマイ新子と千年の魔法」など

2012/4/17

「宇宙戦艦ヤマト2l99」の感想めいたもの  ヤマト2l99

そろそろ公開終了も近づいてきたようですので、個人的な感想なんぞ書かせていただきましょうか。
まずはTwitterに書き込みました幾つかの発言を再録しておきます。




yayayanoyaやや矢野屋 12:48
ヤマト2l99の感想を簡潔に述べるよ!上手に塞いだつもりでも別のところにボコボコ穴が空いて最終的に床が抜けたよ!ってことはやっぱりこれもまた「紛う事なきヤマト」なのかな?タグは外しておくよ!

yayayanoyaやや矢野屋 12:53
絵とか色調とかメカとか声とか音楽とか凄く頑張ってるのに、勿体ない……あとやっぱり復活篇に似てる。(違う部分も勿論あるけど)鑑賞しながら復活篇の古代とか大村さんが何度も頭をよぎった。ジーベックだからだろうなー。

yayayanoyaやや矢野屋 13:00
ホント、良いとこはいっぱいあるのですよ、ヤマト2l99。もう少し丁寧かつ慎重に感情の流れやタイミングを組み上げるだけで、見る人のココロを動かせるのに。脚本と演出を何とかしたら、今からでも軌道修正できるのではないでしょうか。

yayayanoyaやや矢野屋 13:04
ヤマト2l99。なんかすごく臆病な作品になっちゃってるなあと思いました。他者とぶつかり合わないし、本気で他者を信じていない。あの重要なシーンを削ってしまったのは、つまりそういうことなんだろうな。ネタバレ回避のため重要なシーンについてはブログで ノシ

それではマイクを戻しますーー。
ブログのやや矢野屋さんーーー?




はいっブログのやや矢野屋です!
えーネタバレ該当箇所ですが、ズバリ申し上げると「ヤマト乗組員の行進シーン」なんですねー。

旧作では、ヤマト乗組員達は整列して沖田艦長の訓辞を聞いた後、地下都市の大通りをパレードしてエアカー乗車場所に向かい、乗り組みを希望しないものはパレードの間に抜けなければならないという、ある意味度胸を試される儀式を経てヤマトに向かうのですが、2l99は「乗り組み希望者は現地集合ね」という親切仕様。
当然、旧作にあった一般人からの野次や祈りの言葉は全てオミットされております。
一方で、旧作では10話のサヨナラ通信や19話の相原脱走話の背景として描かれた「地下都市での暴動」が、第一章の時点で電光掲示板等のニュースとして取り上げられています。
要するに、2l99の地球社会には旧作よりも更に深刻な人心の荒廃がありながら、ヤマト乗組員は彼ら一般人からの言葉を直接浴びることなく旅立っていくのです。

誤解無きように願いたいのですが、私は「旧作からの変更は一切まかりならん」と言いたいわけではありません。
ただ、変更によって見えてくるリメイク制作者の意図には、首を傾げざるを得ないのです。

第一作ヤマトの出発パレードでは、「お前らだけ逃げ出すんじゃないだろうな!」という野次馬に対し、傍に居た別の一般人が「危険な旅に出ようってのに、何てこと言うんだ!励ましてやったらどうなんだい!」って言いますよね。
2l99のスタッフは、ああいう人の存在を信じられないんじゃないかと、そう思ってしまったんです。

市井の賢者、庶民の良心。
昔、小津安二郎監督の「東京暮色」を観た時に、本筋とはまるで関係の無い中華そば屋の主人の台詞に心を揺さぶられて涙したことがあったのですが、旧作のこの場面にはそれと共通した重さが感じられます。
本筋には絡まない、名前すら無い人物にも、人生に学んだ知恵と己を律する倫理観があり、カメラフレームの奥や外側から主要人物を見つめているのです。
主要人物達は、それら「物語の社会」とも呼ぶべき集団と共に彼らの人生を生きている。
最終話で沖田艦長が「古代、お前、独りぼっちだと思っているのか」と問いながら語りかけた「地球で待つ人々との連帯感」は、まさにこのパレードで名も無き庶民が発した言葉によって保障されているのです。

2l99でこの言葉が削られてしまったのは、そうした「庶民の良心」に信を置いていないからではないか。
そして、その暴徒とヤマト乗組員や国連上層部は正面から向き合おうとしない。
「端末の向こうに無知蒙昧で無理解な人々が居る」という「情報」だけを提示する。
そこには、「無理解な人間から理解を得ることなど端から諦めている」昨今の思潮が反映されているのかもしれない。
その意味では、ヤマト2l99は極めて「現代的」な作品となるのかもしれません。

一方で、ヤマトの旅に理解を示し送り出すのは、各国各エリアの首脳達です。
いかにも知性があり洗練された風体のエスタブリッシュメントが、なけなしの電力を送ってくる。
そこに、市井の切実な愛情や、庶民が自らの生活を犠牲にして望みを託したことは語られていないのです。
少なくとも、映像という形では。
「出発パレードをカットする」というのは、つまり、そういう結果を作品にもたらしているわけです。

貴重な電力を奪われ、一方的に生活を圧迫されたヤマト2l99の庶民達を、制作者はどのように思い描いているのでしょう。
ひょっとして、彼らはヤマトの旅立ちを呪いの言葉で見送ってはいないでしょうか。
彼ら地球人の呪詛がヤマトに向かい、やがては地球人自身に向かうとしたら……
旧作終盤の「反乱」エピソードは、今回は別の趣旨で作中に組み込まれることが人物設定からも窺えますが、旧作の沖田艦長が得た「待つ人々との一体感」を切り刻む結果になりはしないかと危惧しております。

おそらくは無邪気な「リアル志向」の産物であり、そうした意図は無いものと思いたいのですが、地球人をエリートと庶民とに分断する2l99の作劇に、私は不安を抱かずにはおれません。

なんか長くなってしまいましたので、他の感想については項を改めます。
11

2012/4/12

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」  宇宙戦艦ヤマト

私は心から実写版ヤマト好きです。
「アホ」と言われようと「目が腐ってる」と言われようと、大きな声で言えます。
あの映画をきちんと「家族の物語」として描いた脚本家に限りない尊敬の念を抱いています。

実写版ヤマトの凄いところは、ヤマトが内包する「家族の物語」から決して逃げ出さなかったことだと思うのですよ。
そこから逃げた方が絶対楽だし、今はその方が評価してもらえると思うし。
でも、傷を負うことを覚悟でやり遂げた脚本家の心意気は、本当に賞賛に値すると思います。

ここからちょっと余談。
実写版は生身の人間が演じていることもあって、ツッコむことにあまり意義を見いだせません。
アニメは「最初から絵空事」というのもあり、「ちょっと引いた位置から観る」のも愛情の形だと思えるのですが。
生身の人間のやっていることを「引いて観」ても、自分が辛いばっかりなんですよね。
この感覚って、チームを作る系のサッカーや野球のゲームに対する拒否感に似てる。
あくまで個人的なものですが。
なんか、「選手を取り替え可能なパーツとして見てる感覚」が苦手。
最近では実在するチームのファンが選手に対して「こいつ(゚听)イラネ」とか言っちゃうらしいですが、それと似た感じ。
ガッチャマンやマジンガーZにはツッコめるのに、ウルトラマンや仮面ライダーにツッコむのは辛い。
そんな感じ。わかってもらえますだか。
まあ、それはともかく。
私がアニメのファンだからかもしれないけど、元々はアニメキャラだった人物を真面目に精魂込めて演じてもらっていることに、まずは「有り難い」という気持ちが湧き上がってくるのですよ。
橋爪功さんとか、マジ泣きするレベルで感動する。

さて、ここから本題です。

アニメの第一作ヤマトは、沖田と古代を「子を失った父と、父を失った子が新しい絆を得る物語」とすることによって、人が個を超えた存在となる姿を描いてみせました。
雪を失った古代に沖田が掛ける言葉に、その真髄が表現されています。

物語の冒頭で古代が失ったのは兄の守だったけど、十歳も年上だと実質「小さいお父さん」みたいなものですよ。
まして、思春期に父母を失っているのだから、以後守さんはずっと父親的な存在だっただろうと思うし。
それと、ストレートに「父を失った」としなかったところが物語上の素晴らしい工夫になってましたね。
父⇔子の関係がまったく同じだったら展開がアッサリ読めてしまって興が冷めますが、少しベクトルをずらしたことで、感情の行き来が複雑かつ豊かになりました。

沖田が自分の経験(航海中の古代との交流)から得た「血の繋がりや恋愛感情による結びつきの外にも、人間同士の絆というものは求めることが出来る」という真理を語った後、死を迎える時にたった一人で見ていたのが「血を分けた息子の遺影」…。゚(゚´Д`゚)゚。
これは矛盾じゃない!人間の真実だ!
何ていうかね、沖田艦長もまたイスカンダルへの航海で人間的に成長を遂げたのよ!
あの歳で精神的に成長したのよ!
沖田艦長の一番凄いところはそこなのよ!
最初から立派な人じゃないのよ!
いや立派な人だったんだけどもっと凄い人になったのよ!
わかってもらえますだか旦那様!!
「血の繋がりを超えた家族愛」という境地に達することが出来たが故に、その恩寵として沖田艦長は最後に息子との思い出の中に還ってゆくことが出来たのですよ……
ダメだ、もう泣いてるわ私バカじゃないんか……

一方、実写版ヤマトです。
沖田と古代の年齢がアニメとは違うため、全く同じ構図をとることはせず、しかし二人の物語の軸にきちんと「家族愛」を持ってきています。
アニメの古代は沖田をという父を得ましたが、実写版の沖田は古代に対し「父の模範」となってみせました。
私は、実写版の最終決戦はアニメに於けるガミラス本星での戦いに相当するのだと考えます。
艦長に指示を仰ぎに行った古代は、アニメでは全責任を負った長から起死回生の策を授けられ、実写版では「死」という形ではあるが突き放される。
実写古代は自立を求められ、決断を下す。
古代に、真に「父となる資格」が備わっていたからこそ、そこで彼はその責務を負うことか出来た。
そして、その資質は沖田の後ろ姿を見つめることによって育まれた。
雪との別れの場面で、古代が語るのは「家族」のこと。
そして、雪という家族を得たからこそ、その家族の存在する未来を失いたくない。
家族のいるところを守れれば、それが自分の居場所となる。
特攻がどうとかさらばエンドがこうとか、そういうことじゃないんだと思いますよ。
「父とはそういうものなんだ」と、批判を恐れずに言い切ったのが、あの物語なんだと思います。
ちゃんとそういう話になってます。

元ネタ、元のストーリーがある以上、それをなぞらざるを得ない部分はあると思いますが、それでもきちんと筋の通った話として再構築してみせた佐藤嗣麻子さんの脚本は、本当に素晴らしい。
そして、その脚本を具現化したキャスト・スタッフの努力と熱意に、私は限りない賞賛を送りたいと思っています。
本当に、ありがとうございます。
3

2012/4/10

青野武さんの訃報に接し  宇宙戦艦ヤマト

いつかは来る日だと分かってはいても、悲しみと寂しさに胸が張り裂けそうです。
青野武さん、素晴らしい演技の数々を有難うございました。
ご冥福をお祈りいたします。



青野武さんの演技で一番衝撃を受けたのは、「ER」のゲストキャラだった。
アメリカ南部のトレーラーハウスで暮らす、無知無教養で暴力的なプアホワイト。
その卑劣さと獣性が彼の生きる社会と不可分である遣り切れなさ、「業」と表現するしかない人間の有り様を、あまりにも見事に表現なさっていた。

青野武さんの「声優としての真骨頂」は、誰もが嫌い蔑む「最低の存在」に、「この声以外は考えられない」ほどの血肉を与える演技であったと思う。
私はしばしば、一度きりしかテレビで放映されないような二流三流映画の悪役キャストとして青野さんの演技に触れ、その度に激しく心を揺さぶられてきた。
役者としての青野武さんの素晴らしさ、それは「映画史に残ることなど決してない、名も無き最低ゲス野郎達」に心血を注ぎ続けた『役者魂』ではないだろうか。

本当に、本当に素晴らしい俳優さんだった。
唯一無二の役者さんだった。
泣けて泣けて仕方が無い。



青野さんが生前お書きになった、「宇宙戦艦ヤマト復活篇」アフレコのエピソード。
http://www1.hinocatv.ne.jp/wildcats/yakusha19kara.html
初読の折りには、本当にファン冥利に尽きることだと感激した。
今はただ、涙が溢れてくるのを堪えることができない……
6

2012/3/4

巡り来る春へ 〔古代守・真田志郎 2202年〕  二次創作小説

宇宙戦艦ヤマトの二次創作短編小説です。
二次創作を苦手となさる方はお読みにならないようにお願いいたします。

「新たなる旅立ち」と「ヤマトよ永遠に」との間に位置する話。
捏造設定てんこ盛りです(汗)
続きを読む
6

2012/3/1

拍手コメントへのレス  拍手コメントへのお返事

2012/2/29 7:39に拍手コメントをくださった方へ

ありがとうございます!気に入っていただけて嬉しいですーー(∩´∀`)∩
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ