「さよならは言わないよ」 「俺もだ」





  こちらは HN:やや矢野屋 による
  アニメの感想と二次創作小説・イラスト掲載のブログです
  「宇宙戦艦ヤマト」がメイン 他に「マイマイ新子と千年の魔法」など

2013/4/13

青野武さん一周忌  雑記・雑感

当日に上げることが出来ず、非常に心苦しいのですが……
4月9日は「宇宙戦艦ヤマト」の真田志郎、「ドラゴンボール」のピッコロ大魔王・神様などを代表作に持つ声優・青野武さんのご命日でした。
改めて、青野武さんの生前のご功績を思い、ご冥福をお祈りいたします。


地方住まいの私にとって、青野さんの演技に触れられたのは主にテレビアニメや映画の吹き替えでしたが、青野さんは長年「劇団芸協」の中心メンバーとして、舞台演劇に力を注いでいらっしゃいました。
私も、実は二回だけ青野さんの舞台を拝見したことがあります。
一度目は、同劇団所属の田中和実さん追悼公演となった「花咲く港」。
青野さんの演出による舞台で、悲喜こもごもの人間像が印象的なお話でした。
(青野さんご自身は、島の駐在さんとしてほんの一瞬のご登場でしたが・汗)
青野さんの「青」と真田さんの技術班カラーを意識した、青と白の花束を持参し、入場の際受付にお預けしたのですが、「せっかくだから直接渡されては」とおっしゃっていただき、上演終了後に青野さんにお渡しすることが出来ました。
握手していただいた手の温かさは、今も忘れられません。

二度目に拝見したのは、青野さんが長年レパートリーとなさっていた一人芝居、井伏鱒二の「へんろう宿」です。
このお芝居では、とにかく青野さんの役者としての技量と反射神経に圧倒されました。
一人芝居ですから、様々な役を演じられたのですが、その役の入れ替わりの早いこと!
立て板に水の台詞の間に、幾人もの人物が現れては去って行く。
歩いている途中に役が移ると、次の一歩の前に姿勢から動きから全てが変化する。
しかも登場人物の大半が女性で、幼児から老婆まで年齢層も幅広い。
その上、老婆の他に更に高齢の大老婆までいて、それを見事に演じ分けていらっしゃいました。
しかししかし、この演目の白眉は、後半に現れた中年の労働者です。
酒を飲みながら、幾世代もの女達の健気さを思い、薄倖を嘆じる、その心情の深さ。
ふと生じた縁からも人の世の切なさに感じ入り、他人のために悲しむことの出来る、人間の優しさ。
「青野武」という俳優の「核」となるものが何なのか――あの演技に触れて、少し分かったような気がいたしました。

ずっと青野さんの演技を追ってこられたヤマトファンの方がおっしゃっていたのですが、「シリーズが進むにつれ、声優さんご自身もヤマトのストーリーやキャラクター像に違和感をコメントされることがあっても、青野武さんは決してそのようなことはおっしゃらなかった」とのことです。
このことを伺って、青野さんのお人柄に改めて感じ入りました。
もちろん、違和感を表明された声優さんを非難するわけではありません。
ただ、青野さんが大事にされていたことが何なのか、ご自分の役や作品のファンに、どれほど温かい気持ちを注いでいらっしゃったか、その顕れを見たように思うのです。


以下のリンク先は、青野さんが生前お書きになったコラム「役者一筋」の第19回です。
「宇宙戦艦ヤマト復活篇」に参加なさった時の、故西崎義展氏との会話が記されています。

http://www1.hinocatv.ne.jp/wildcats/yakusha19kara.html

初読の際は落涙を抑えられませんでした。今読み返しても目頭が熱くなります。
青野さん、西崎さん、どうぞ、安らかにお眠り下さい………
3

2012/3/1

pixivブログさようなら  雑記・雑感

昨日、pixivブログがサービス停止期限を迎えました。
今朝はまだページが表示されていたのですが、先ほどアクセスしてみると「サービス停止のお知らせ」画面に切り替わっています。
いざその時が来てみると、幾分か感傷的な気分が湧いてきます。
そんなにたくさん記事を書いたわけでもないのですが、あそこが「pixiv」のブログでなければ、おそらく私はこうしてブログで雑感や創作物を公開しようとは思わなかったことでしょう。
Twitterを始めたのも、実はブログの延長線上でしたから、pixivブログの存在が無ければ、「マイマイ新子と千年の魔法」や「宇宙戦艦ヤマト復活篇」に関して様々な情報を得たり、たくさんの方々と交流したりすることも、なかったかもしれません。
あまり律儀なユーザーではなかったけれど、pixivブログによって開かれたネット上のコミュニケーションは、私の人生において大きな位置を占めることになりました。
ありがとうpixivブログ、そしてさようなら。
これからはここteacupブログでお付き合いくださいませ。
0

2009/10/28

pixiv始めました  雑記・雑感

アカウントを取ったままずっと放置していたpixivに、昨日からイラストをアップし始めた。
きっかけはヤマト。
復活篇の予告編を観て、滾ってきた気持ちを何かにぶつけたくなったんだと思う。

ヤマト復活篇。
正直、「今更ファンの気持ちに波を立てるようなことはしてほしくない」と思っていた。
近年の商品展開にあまりいい印象を持っていなかったこともあり、期待よりは不安の方が大きかった。
だが、去年の制作発表で「作画監督は湖川友謙さん」と知って、不安から期待へと気持ちが一気に動いた。
湖川さんのキャラクターで「ヤマト」を観る。
それは私がずっと望んでいたことだ。

PV段階ではあちこちで酷評されていた。
今でも「受け入れがたい」という声は多い。
だが、私は「ヤマトを現代に蘇らすのは湖川さんをおいて他にない」と思う。
ヤマトが誕生してから、35年。
その間に、日本という国も私自身も、様々な曲折を経ながら屈託を抱えてきた。
それでもなお前を向こうとする人間を表現するのなら、記号的な表情に妥協せずキャラクターを動かせる人に絵を描いてほしい。
湖川さんには、キャラクターに血肉を与え、奥深い感情を面に表すことの出来る力がある。
私が「さらば宇宙戦艦ヤマト」という作品に衝撃を受け、斉藤始というキャラクターを好きになったのは、湖川さんのその力に因るものだと思う。

湖川さんだって万能じゃない、それはその通りだろう。
松本キャラの約束事(顔からはみ出し前髪を突き抜ける女性キャラの睫毛とか)から外れた絵柄に、「あれはヤマトキャラじゃない」という意見を持つ人がいるのも宜なるかな、とは思う。
だが、それでもやはり、湖川キャラを通じて紡がれる「ヤマトの物語」へ、私の期待は日々高まっている。

試写会まであと一ヶ月、それから公開まで二週間。
いよいよ、ヤマトが発進する。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ