「さよならは言わないよ」 「俺もだ」





  こちらは HN:やや矢野屋 による
  アニメの感想と二次創作小説・イラスト掲載のブログです
  「宇宙戦艦ヤマト」がメイン 他に「マイマイ新子と千年の魔法」など

2012/4/22

「宇宙戦艦ヤマト」第一作の沖田十三について  宇宙戦艦ヤマト

こないだから考え続けている「第一作ヤマトの沖田艦長」の描かれ方。
今日、なんか閃いた勢いでTwitterに連続投下いたしました。
こちらにも記録として残しておきます。




今はっきり分かった!!最初っから提示されてたのに何て鈍いんだ私は!!!第一作ヤマトの沖田艦長は一話と最終話で決定的に変わってしまってるじゃないか!!!全然一貫してないよでもだからこそ素晴らしいんだよ!!!!!
posted at 09:06:47


と、風呂から飛び出したアルキメデスの如き勢いでツイート。
posted at 09:07:36


第一作一話「たとえ最後の一人になっても、ワシは絶望しない!」……この言葉の持つ絶対的な孤独。つまり沖田はこの時点で、「同胞がすべて死に絶えて沖田ただ独りになっても、或いは他の地球人がすべてガミラスへの帰順を誓った奴隷となっても、ガミラスとの戦いを止めない」って言ってるんだよね…
posted at 09:12:50


「不屈の闘志」といえば聞こえはいいけど、もしかしたらそれって他の地球人にとっては迷惑千万な妄執かもしれない。地球にとってもはや彼しか頼る者のない名将・名艦長の心中に、同胞すべての死すら想定に入れた激しい怨念が渦巻いているのですよ。
posted at 09:22:58


こう書くと「それってただの文学的レトリックだからー沖田艦長最初から立派な人だからー」との指摘を受けることでしょうが、あの台詞は字義的にそのまま受け取った方が第一作ヤマトを面白く観られるので、私はそう思っておきますよー。
posted at 09:26:46


物語の中で二度描写される「沖田艦長の地球への帰還」、「赤い地球を眼前に臨む沖田の後ろ姿」という構図もほぼ同じ画面において、しかし、沖田自身の心情はまったく違うものになっている。これ凄いよホント震えがくるよ!!
posted at 09:32:05


「同胞すべての命よりも、己の非服従を優先させる妄執の人」…私はそうした存在を否定するつもりはない。あくまでも「内心の自由」という範疇において、だが。ただ、それほどの孤独はどんなに辛いものかと思う。だから、第一作ヤマトはそうした沖田の心を救う為の旅であったと思いたい。
posted at 09:40:28



妄執の人・沖田を一番「痛々しい」と思ってたのは、たぶん沖田艦長の息子さん。だからね、最終話で沖田艦長が涙を流しながら遺影を撫でた時、息子さんは「よかったな、親父」って言いながら沖田さんを迎えたと思うのよ……
posted at 09:45:14


第一作ヤマト一話の沖田には、他の誰にも肩代わりできない使命と、それを果たさずにはおられない強い動機がある。そして沖田は、それを誰かに分かってもらえるとも、分かってもらいたいとも思っていない。怪我を押して司令部内を歩く沖田。周囲と隔絶したその描写の凄惨さを見よ!
posted at 10:02:50


注意深く見ていくと、第一作ヤマトでは沖田艦長はそれほど「立派な人物」として描かれていない。彼なりに目論見の甘いところとか、先を読み切れない神ならぬ身の哀れとか、教え導くことや親しく打ち解けることを不得手とする不器用さとか。
posted at 10:12:55


おそろしく不完全な「異物」として、沖田は古代進や当時の視聴者であった子供たちの前に立ち塞がる。もしかして、今だったら「排除の対象」としか見られないかもしれない。だが、第一作では古代と沖田の両方が変化していく様子を物語の軸として描ききってみせた。
posted at 10:20:24


そこにあるのは、「精神の成長を信じる心」なのではないかと、私は思う。スターシァが与えてくれたチャンスは、「単に種としての生命を存続する」ということではなく、「人類は成長という課題を成し遂げられる種であるのか」という問いかけになっていたのではないだろうか。
posted at 10:27:02


あーそうか、だからイスカンダルでの反乱首謀者は「裏の古代」である藪でなければならなかったんだ!!徳川さんの薫陶を受けていながら、「オヤジさん」の精神に背いてしまった「不肖の息子」として。徳川さんがスターシァに詫びたのは、そういう意味があったんだ……
posted at 11:11:02


第一作の裏古代は藪、「さらば」「ヤマト2」の裏古代は斉藤。
posted at 11:12:29


わざわざ神話を引いてこなくても、ヤマトの物語自体が神話の構造を有していますね。凄いぜヤマト。
posted at 11:16:16
3

2012/4/12

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」  宇宙戦艦ヤマト

私は心から実写版ヤマト好きです。
「アホ」と言われようと「目が腐ってる」と言われようと、大きな声で言えます。
あの映画をきちんと「家族の物語」として描いた脚本家に限りない尊敬の念を抱いています。

実写版ヤマトの凄いところは、ヤマトが内包する「家族の物語」から決して逃げ出さなかったことだと思うのですよ。
そこから逃げた方が絶対楽だし、今はその方が評価してもらえると思うし。
でも、傷を負うことを覚悟でやり遂げた脚本家の心意気は、本当に賞賛に値すると思います。

ここからちょっと余談。
実写版は生身の人間が演じていることもあって、ツッコむことにあまり意義を見いだせません。
アニメは「最初から絵空事」というのもあり、「ちょっと引いた位置から観る」のも愛情の形だと思えるのですが。
生身の人間のやっていることを「引いて観」ても、自分が辛いばっかりなんですよね。
この感覚って、チームを作る系のサッカーや野球のゲームに対する拒否感に似てる。
あくまで個人的なものですが。
なんか、「選手を取り替え可能なパーツとして見てる感覚」が苦手。
最近では実在するチームのファンが選手に対して「こいつ(゚听)イラネ」とか言っちゃうらしいですが、それと似た感じ。
ガッチャマンやマジンガーZにはツッコめるのに、ウルトラマンや仮面ライダーにツッコむのは辛い。
そんな感じ。わかってもらえますだか。
まあ、それはともかく。
私がアニメのファンだからかもしれないけど、元々はアニメキャラだった人物を真面目に精魂込めて演じてもらっていることに、まずは「有り難い」という気持ちが湧き上がってくるのですよ。
橋爪功さんとか、マジ泣きするレベルで感動する。

さて、ここから本題です。

アニメの第一作ヤマトは、沖田と古代を「子を失った父と、父を失った子が新しい絆を得る物語」とすることによって、人が個を超えた存在となる姿を描いてみせました。
雪を失った古代に沖田が掛ける言葉に、その真髄が表現されています。

物語の冒頭で古代が失ったのは兄の守だったけど、十歳も年上だと実質「小さいお父さん」みたいなものですよ。
まして、思春期に父母を失っているのだから、以後守さんはずっと父親的な存在だっただろうと思うし。
それと、ストレートに「父を失った」としなかったところが物語上の素晴らしい工夫になってましたね。
父⇔子の関係がまったく同じだったら展開がアッサリ読めてしまって興が冷めますが、少しベクトルをずらしたことで、感情の行き来が複雑かつ豊かになりました。

沖田が自分の経験(航海中の古代との交流)から得た「血の繋がりや恋愛感情による結びつきの外にも、人間同士の絆というものは求めることが出来る」という真理を語った後、死を迎える時にたった一人で見ていたのが「血を分けた息子の遺影」…。゚(゚´Д`゚)゚。
これは矛盾じゃない!人間の真実だ!
何ていうかね、沖田艦長もまたイスカンダルへの航海で人間的に成長を遂げたのよ!
あの歳で精神的に成長したのよ!
沖田艦長の一番凄いところはそこなのよ!
最初から立派な人じゃないのよ!
いや立派な人だったんだけどもっと凄い人になったのよ!
わかってもらえますだか旦那様!!
「血の繋がりを超えた家族愛」という境地に達することが出来たが故に、その恩寵として沖田艦長は最後に息子との思い出の中に還ってゆくことが出来たのですよ……
ダメだ、もう泣いてるわ私バカじゃないんか……

一方、実写版ヤマトです。
沖田と古代の年齢がアニメとは違うため、全く同じ構図をとることはせず、しかし二人の物語の軸にきちんと「家族愛」を持ってきています。
アニメの古代は沖田をという父を得ましたが、実写版の沖田は古代に対し「父の模範」となってみせました。
私は、実写版の最終決戦はアニメに於けるガミラス本星での戦いに相当するのだと考えます。
艦長に指示を仰ぎに行った古代は、アニメでは全責任を負った長から起死回生の策を授けられ、実写版では「死」という形ではあるが突き放される。
実写古代は自立を求められ、決断を下す。
古代に、真に「父となる資格」が備わっていたからこそ、そこで彼はその責務を負うことか出来た。
そして、その資質は沖田の後ろ姿を見つめることによって育まれた。
雪との別れの場面で、古代が語るのは「家族」のこと。
そして、雪という家族を得たからこそ、その家族の存在する未来を失いたくない。
家族のいるところを守れれば、それが自分の居場所となる。
特攻がどうとかさらばエンドがこうとか、そういうことじゃないんだと思いますよ。
「父とはそういうものなんだ」と、批判を恐れずに言い切ったのが、あの物語なんだと思います。
ちゃんとそういう話になってます。

元ネタ、元のストーリーがある以上、それをなぞらざるを得ない部分はあると思いますが、それでもきちんと筋の通った話として再構築してみせた佐藤嗣麻子さんの脚本は、本当に素晴らしい。
そして、その脚本を具現化したキャスト・スタッフの努力と熱意に、私は限りない賞賛を送りたいと思っています。
本当に、ありがとうございます。
3

2012/4/10

青野武さんの訃報に接し  宇宙戦艦ヤマト

いつかは来る日だと分かってはいても、悲しみと寂しさに胸が張り裂けそうです。
青野武さん、素晴らしい演技の数々を有難うございました。
ご冥福をお祈りいたします。



青野武さんの演技で一番衝撃を受けたのは、「ER」のゲストキャラだった。
アメリカ南部のトレーラーハウスで暮らす、無知無教養で暴力的なプアホワイト。
その卑劣さと獣性が彼の生きる社会と不可分である遣り切れなさ、「業」と表現するしかない人間の有り様を、あまりにも見事に表現なさっていた。

青野武さんの「声優としての真骨頂」は、誰もが嫌い蔑む「最低の存在」に、「この声以外は考えられない」ほどの血肉を与える演技であったと思う。
私はしばしば、一度きりしかテレビで放映されないような二流三流映画の悪役キャストとして青野さんの演技に触れ、その度に激しく心を揺さぶられてきた。
役者としての青野武さんの素晴らしさ、それは「映画史に残ることなど決してない、名も無き最低ゲス野郎達」に心血を注ぎ続けた『役者魂』ではないだろうか。

本当に、本当に素晴らしい俳優さんだった。
唯一無二の役者さんだった。
泣けて泣けて仕方が無い。



青野さんが生前お書きになった、「宇宙戦艦ヤマト復活篇」アフレコのエピソード。
http://www1.hinocatv.ne.jp/wildcats/yakusha19kara.html
初読の折りには、本当にファン冥利に尽きることだと感激した。
今はただ、涙が溢れてくるのを堪えることができない……
6

2012/2/28

「さらば宇宙戦艦ヤマト」考  宇宙戦艦ヤマト

2012年2月16日から17日にかけて、「さらば」と「ヤマト2」についてつらつら考えたことをTwitterに投稿しました。
話があっち飛びこっち飛びしてますが、ずっと言葉にしかねていたことをようやく書き表すことが出来たので、記録しておきます。
つまり何が言いたいのかというと「さらば」の斉藤ヽ(´ー`)ノマンセー。
映画の尺であの深みはただ事で無い。






「さらば宇宙戦艦ヤマト」と「宇宙戦艦ヤマト2」は、対立する思想を持つ作品ではない、と思う。「さらばはキャラが死ぬからダメ、ヤマト2は死なない分さらばより高尚」という見方に対して、ですが。

ヤマト2にも戦いの中での死は数多く出てくる。戦果を上げられぬ無念の死も多い。11番惑星での空間騎兵隊壊滅などはその典型。そして、仲間や一般人を守る為の戦死が描かれる、これはさらばとまったく変わらない。違うのは、主人公古代進と幾人かのメインキャラの生死。

(私は鉄腕アトムを観たことが無いので敢えてこう書くが)「さらば宇宙戦艦ヤマト」で観客は、それまで予想もしなかった結末を突きつけられた。イスカンダ ルへの旅をともにした仲間たちが、次から次へと命を落としていく。最後には最大の感情移入対象である主人公・古代進まで。

その衝撃を、当時の観客の一人であった私はこのように受け止めた。「彼らは、私たちを守る為に戦い、死んでいったのだ」と。だって、私は「地球人」だったから。物語の中だろうが外だろうが、「地球人」という概念が変わるわけではないから。

まあ、そこらへんは「ナイーブと書いてバカと読む、痛い思春期のガキ」ならではの受け止め方ですが。

ただ、「アニメのキャラクターに対して恩義や罪悪感に近い感情を抱いてしまったこと」、しかも「あくまで他者としてキャラクターと自己との関係性を認識す るに至ったこと」が、思春期のガキにとってどれほど大きな精神的事件だったのか、想像していただけるのではないでしょうか。

そしてヤマト2です。テレビシリーズという尺がある分、キャラクターの描き方は相対的に細やかになり、キャラの背景がはっきりして感情の吐露も増えました。別に妄想力駆使しなくても、今彼らが何を考えているか、その行動の動機がなんなのか、よく分かる作りになってきます。

ヤマト2はヤマト2で見応えありましたし、映画と違う展開には、先が読めない面白さを感じて惹きつけられました。白色彗星戦の影の主役が斉藤始だと気づいたのも、ヤマト2があったればこそです。私以外誰も言ってないけどホントだよーー!>影の主役

しかし、数多の犠牲を払った後に、古代進は地球に生還しました。負けて帰るのも勇気の要ること、そりゃそうです。彼を責めるつもりなぞありません。ただ、主人公の生還によって、物語の中の犠牲者と観客との間には、一つのクッションが置かれました。

ヤマト2で「彼らの犠牲の上に我々の明日がある」と深く心に刻むのは、観客ではなく古代や雪。観客が直接に喪失感で打ちのめされる訳では無い。だって、ヤ マト2で死んでいったのは斉藤やテレサ、新米といった新しいキャラがほとんど。いや徳川さんや加藤山本も死んじゃいましたけど、でもねえ…

ともあれ、「さらば宇宙戦艦ヤマト」が当時のナイーブなガキ(私)にとって特異な体験となり得たのは、作中のキャラがその死の瞬間まで実に活き活きと「生 きて」いたからなのですよ。そして、最も「生きた人間」として活写されていたのが斉藤始であったことに、初鑑賞から二十余年を経て気づいた次第。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」の斉藤、凄いですよ!簡単に言語化できない深いレベルでの描写がてんこ盛り!というかむしろ大半が台詞以外の描写でできているという贅沢さ!目線とか動作とか表情とかで語る語る。この贅沢さはマジ影の主役。

一例を挙げれば、私がアイコンに選んでいるシーンの直前とか。被弾の激痛を堪えている一瞬の描写があるからこそ、「慌てず急いで正確にな!」の言葉が持つ 意味が分かる。ここでその台詞を言う斉藤という人間の性格や、抱えている感情の豊かさも。つまり、人間として丸ごと観客の前に提示されている。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」という映画を観る観客は、そうした描写を一旦丸ごと受け入れる。その後、各々の感受性に則って物語を咀嚼していくのだが、こうし た「活きた人間描写」は斉藤というキャラに着目するか・しないかにかかわらず、観客の感情を動かす大きな要因となっていくのではないだろうか。

そんでまあ何が言いたかったのかというと、意外とヤマト2にもさらばの贅沢な描写は残照として影響及ぼしているんではないかと。映像に切り取られた僅かな 描写でもテレビシリーズと匹敵する深みを有している、そういう意味でさらばの斉藤はすごく実写映画的なキャラだと思います。

斉藤の描かれ方には作画監督の湖川友謙さんのお力が大きいのではないかと踏んでいたのですが、監督の舛田利雄さんが斉藤に大変思い入れを持っていらっしゃったという話をちらっと読みました。なんだかすごく納得です。

「さらばとヤマト2は対立しない」という話が途中でグダグダになってしまった(汗)あーつまり何だ、「犠牲を払って守った者」と「守られた者」の「構図そ のもの」は変わってないと言いたかったんだよ、守られた者の中身が変わっちゃっただけで。さらばの死者もヤマト2の死者も本質は同じだと思うんだ

斉藤もテレサも新米も「若者」なんだよね…そんでヤマト2で古代や雪が死ななかったのは「たまたま」。ちょっと運が悪けりゃ死んでた可能性もある。というかエネルギー伝導管の直撃受けた時点でフツー死んでる(汗)いやそれは本質とはまるで関係ありませんが(汗)

グダグダのままですが寝るッ!おやすみなさい(;・∀・)
0

2011/11/20

放置ってレベルじゃない(汗)  宇宙戦艦ヤマト

なんかさっきブログページが表示されなかったんですけど(大汗)

えーすみませんツイッターにかまけてこちらは完全放置状態でした(汗)
ピクシブブログからの移植も途中で止まったままだし、もうねorz

本題です。
「宇宙戦艦ヤマト2199」の1・2話劇場公開とテレビシリーズ制作が決定いたしました。
http://www.yamato2199.net/

正直なところ「もうそっとしておいて(汗)」と思わなくもないのですが、旧作ファンの拘りとか思い入れとかを14万8000光年の彼方に置き去りにするくらいの勢いで「別物」として作っていただければ、その方が有難いです(汗笑)
そういう意味では、「ヤマトをリアルタイムで見ていない」スタッフに頑張っていただきたいですね〜〜。
私自身は2009年の復活篇に満足していますし、あの映画とともにヤマトからフェイドアウトしていくのもアリかなと考えています。

一つだけ、そんな私の我儘聞いてくれるなら、真田さんの声優さんは青野武さんとは全然違う声質の方に独自の演技をしていただきたい!
「モノマネ」はマジ勘弁です。
「元ネタ」との比較をしちゃうような状態に陥って消耗するのは辛いですし、新旧どちらの声優さんに対しても冒涜になると思います。
実写版のギバちゃん?
彼は全身でリスペクトしていたからイイの!!
「声だけ」っていうのが一番ムズムズするんですよ……

ま、そもそも観られるかどうか分かんないんですけどね私。
ホント、テレビ観るのが耐えられない身体になってしまいました。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ