邪馬台国を行く F  


始めて一海を渡る 千余里 対海国に至る

倭人伝の解読では、この対海国が現在の対馬であるという事は、まず疑いの無い事実である。

ではなぜ対馬では無く、対海国なのであろうか。
同じ様に、壹岐の事を一支国ではなく一大国として陳寿は、倭人伝に書き残している。

これでは対海国も一大国も、原文の字面からすれば、とても日本語の意味として読み取れないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 浅茅湾から望む 現在の対馬 )

そこで、日本語として読めないという事は、本来これは日本語では無いのではないか? という疑問が、ここに生ずるのである。

その疑問を解く一節が、この中にある。

又 南に一海を渡る 千余里 命けて瀚海(かんかい)と曰う 一大国に至る 以下略

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 対馬海峡周辺の 地理図 )

この”瀚海”という言葉が、キーワードになるのだ。

海の名前も「地名」の一つと考えるなら、これは初めから中国・朝鮮の大陸側の呼び名と思われる。

とするならば、この”瀚海”を挟んだ2島も、大陸の呼び名で名付けられていても、何ら不思議ではない。
現代においてもこの様な事例は、世界各地に存在している。

日本の周辺を見渡しても、2つの言語社会の境界(国境)に存在している地名は、相反する2つの呼び名を持っているのである。

例を挙げるならば、日本語で呼ぶ沖縄は、本来の中国語では琉球であるし、北方領土の千島はロシア語でクリルと呼んでいる。

樺太はサハリンだし、日本海を韓国では東海(トンヘ)呼んでいるのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 壹岐 復元された一大国の王都 ”原の辻遺跡” )

つまり、2つの異なる言語境界にある地名は、両方の言語で呼ばれていると言う事実が、認められるのである。

この事から、倭人伝にある対海国や一大国は、大陸側の呼び名であって、本来日本語で読めるものでは無いと筆者は思う。

したがって、対海国や一大国を日本語の読みに直して、対馬・壱岐(一支国)と原文を書き改める事は、返って道理に反する事になるのだ。

朝鮮〜北部九州に至る対馬海峡は、古代から交易ルートとして重要視されてきた性格上、親しみのある地名が互いに存在していたとしても、おかしくはない。

それを史料批判の元に、何の根拠も無く、ただ原文の書き誤りだ! として強引に改定するのは、如何なものであろうか。

続く・・

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ