2015/8/28  15:22

邪馬台国を行く B  


其の死するや 棺有れども槨無く 土を封じて塚を作る
始めて死するや 停喪すること十余日なり 以下略

これは、魏志倭人伝に記載されている倭国の死者の埋葬の様子である。
棺有れども槨無く とは、死人を棺には入れるが、中国の墓室の様に囲いのある部屋は作らない、と言う事。

土を封じて 云々は、その棺を直接土の中に埋めて土を盛り、塚を作るという事なのである。
そして、死人の出た家では十日余りの間、喪に服すと書かれている。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 魏志倭人伝 紹熙本原文 右編左寄りに葬送の記事が見える )

近年の古代遺跡の発掘による考古学の成果には、目覚ましいものがある。

特に注目される様になった、奈良県は桜井市の巻向遺跡の発掘では、ホケノ山に代表される出現期古墳の築造年代が、卑弥呼の年代である3世紀初頭から中頃までに遡るのではないかと、考えられるようになった。

このホケノ山古墳は、埋葬施設の中から庄内式3期の土器が発見され、その築造年代を3世紀中頃とする説が有力となっている。

また、ホケノ山古墳だけでなく、巻向大塚古墳や勝山古墳、矢塚古墳、東田大塚古墳等のこれら巻向遺跡の中に存在する古式古墳は、出土した土器の鑑定からすべて3世紀の築造とされているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( ホケノ山古墳の航空写真 国土地理院HPより出典 )

ホケノ山古墳の発掘調査によって、邪馬台国畿内説を唱える研究者や考古学者は、俄然色めきたったのである。
巻向遺跡は、邪馬台国の痕跡であると・・・。

しかし、これらの事は間違いのない事なのだろうか?

元産能大学教授の安本美典氏は、こう警告している。

「 邪馬台国畿内説を唱える学者や研究者が、巻向一帯の古式古墳の築造年代を、より古くに持って行こうとするのは、いかがなものか。
庄内式、あるいは布留式土器が出土したからと言って、それが必ずしも古墳の年代を決める事に対しては、もっと慎重になるべきである。 」

「 土器も鏡と同じく、価値のある大切にされていた土器は、親から子へと代々伝えられて行ったとしてもおかしくはない。
庄内式土器の年代については、考古学者の間で一致した見解が得られている訳ではないのだ。 」

クリックすると元のサイズで表示します

 ( ホケノ山古墳 左手に追葬の跡がある )

もう一つ、ホケノ山古墳の埋葬施設は、石囲い木槨と呼ばれる木材で作られた囲いの回りに、川原石を積み上げて石囲いとした二重構造になっている。
その中に、木棺が納められていたのである。

今一度、倭人伝の記述を思い出して頂きたい。

倭人伝には、棺有れども槨無く 土を封じて塚を作る とある。

もし、ホケノ山古墳を邪馬台国のものだ! とするならば、これをどう説明するのであろうか。

続く・・

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ